WOVN.ioとプロネクサスグループ・日本財務翻訳が 業務提携 IR情報の多言語化を推進

〜海外投資家や世界に向けて、SDGsの取組みなど企業情報を発信〜

​Webサイト多言語化ソリューション「WOVN.io(ウォーブン・ドットアイオー)」を提供するWovn Technologies株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 鷹治)は、株式会社プロネクサス(コード番号7893 東証第一部 、以下「プロネクサス」)と日本財務翻訳株式会社(プロネクサス100%子会社、以下「日本財務翻訳」)と業務提携し、日本企業におけるIR情報の多言語化を推進してまいります。

 

■業務提携の概要
今回Webサイトの多言語化を容易にする当社と、プロネクサス、日本財務翻訳の3社が提携することで、海外投資家へ向けた適切な情報開示や、世界に向けて各社の企業メッセージやSDGsへの取組み・コーポレートガバナンスなどの企業情報を世界へ発信すべく、Webサイト上で公開しているIR情報などの多言語化を推進します。

プロネクサスは上場企業を中心とした一般事業会社、投資信託・金融商品関連会社、大学・研究機関など約4,000社の決算報告、株主総会、IRを支援するトータルソリューションの提供を行っています。

日本財務翻訳は、プロネクサスの100%子会社として、上場企業の法定開示書類の翻訳を中心に事業を展開しています。


■業務提携の背景
東京証券取引所の発表によると、2020年3月末時点で外国人の株式保有比率は金額ベースで約29.6%と海外投資家が約3割の日本株を保有しており、さらに日本株売買のシェアとなると、海外投資家の割合が約6~7割になるとも言われています。

一方で、東証一部上場企業において決算情報の英文開示をコーポレートサイトでも実施している企業は約40%に留まり、更に日本語と同時に英文開示を行なっている企業は約18%と、海外投資家が日本株投資を行う際のハードルとなっています。海外投資家を意識したIR文書の英文化は、持続的な企業価値向上を目指す上場企業のIR担当者にとって避けては通れない課題となっています。

しかし、日英の情報発信に関しては、翻訳と多言語Webサイトの運用面でハードルが高いとされていました。今回3社が提携することによりこの問題を解決し、日英での情報発信をスムーズかつ正確に実現できるソリューションの開発をすすめてまいります。

※参考
・2020年7月3日 株式会社東京証券取引所他発表「2019年度株式分布状況調査の調査結果について」(https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/examination/nlsgeu000004tjzy-att/j-bunpu2019.pdf

・2020年1月24日 株式会社東京証券取引所発表「英文開示実施状況一覧の公表について」(https://www.jpx.co.jp/corporate/news/news-releases/0060/20200124-01.html


■今後の展望
現在上場企業のWebサイトにおいて、海外投資家の注目する情報の点在や、各項目名がグローバル標準になっていない、必要情報が網羅されていないなどの問題点も多く見られるため、IR情報の多言語化をワンストップで提供するソリューションとして、サイト整備や新規構築などのサポートも強化して参ります。

WOVN.ioは「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできる」というミッションのもと、日本企業の海外進出や、世界へ情報発信を行うことによる企業価値向上を実現すべく、IRなどの企業情報の多言語化を推進してまいります。


■プロネクサスについて(https://www.pronexus.co.jp/
プロネクサスは、上場会社や金融商品運用会社が投資家に向けてディスクロージャー・IR資料を作成する際の実務支援を行う専門会社として、資本市場の情報開示を支えています。1930年に株券・証券の印刷を目的として創業し、社会の変化に合わせた情報加工サービスを中心に事業を展開しています。

■日本財務翻訳について(http://www.zaihon.co.jp/
日本財務翻訳は、プロネクサスの100%子会社で上場企業の英文開示書類、IR関連文書の翻訳を中心に事業を展開しています。「全ての上場企業が当たり前に英文開示をおこなえる世の中に」という経営理念の実現を目指し、実践的な課題解決に取り組んでいます。


■Wovn Technologiesについて(https://wovn.io/ja/
Wovn Technologiesは、「世界中の人が、全てのデータに、母国語でアクセスできるようにする」をミッションに、Webサイト・アプリを最大41言語(75の言語地域)に多言語化し、海外戦略・在留外国人対応を成功に導く多言語化ソリューション「WOVN.io」および「WOVN.app」の開発・運営をしています。「WOVN.io」は、大手企業をはじめ15,000サイト以上へ導入されています。既存のWebサイト・アプリに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる、不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮を実現します。

企業情報
会社名  : Wovn Technologies株式会社
所在地  : 東京都港区三田4-1-27 FBR 三田ビル8階
代表   : 代表取締役社長 林 鷹治
設立   : 2014年3月
資本金  : 17億5,081万円(資本準備金含む)※2019年12月末時点
事業内容 : Web多言語化ソリューション「WOVN.io」、
アプリ多言語化ソリューション「WOVN.app」の運営
URL   : https://wovn.io/ja/ 

本件に対するお問い合わせ
Wovn Technologies株式会社 広報 大森
prtm@wovn.io
03-4405-9509
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Wovn Technologies 株式会社 >
  3. WOVN.ioとプロネクサスグループ・日本財務翻訳が 業務提携 IR情報の多言語化を推進