日本初!フレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」が高品質スーパーマーケット紀ノ国屋インターナショナル(青山店)で4月20日(水)から期間限定販売を開始!

日本中の愛する家族の食卓に、新鮮で美味しいごはんを。

フレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」などを展開する、株式会社PETOKOTO(代表取締役社長:大久保泰介、東京都新宿区)は、急成長するフレッシュペットフードの認知拡大に向け、株式会社紀ノ國屋(代表取締役社長:富田勝己、東京都港区)のインターナショナル(青山店)にて、2022年4月20日(水)から期間限定で販売を開始します。

 


当社は、これまで国産食材をメインに使用し、スチーム加熱・急速冷凍製法により保存料無添加、新鮮で美味しいフレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」を展開してまいりました。2020年2月の販売開始から2年で1,000万食を突破し、日経トレンディのスタートアップ 大賞では優秀賞を受賞

2022年のヒット予測にフレッシュペットフードが18位にランクインするなど、ペットの家族化が進むことで食事に関しても「エサ」から「ごはん」へと価値観が変わり、安心安全で新鮮で美味しいごはんの需要が拡大しています。

オンラインを中心に認知拡大を進めてまいりましたが、今回の取り組みを通し、当社のミッションである「ペットを家族として愛せる世界へ」を実現するために、日本中の愛犬に豊かな食体験を届けるために、新鮮な食材を使用したフレッシュペットフードの選択肢を広げていけたらと考えております。
 

  • JR東日本と協業の背景

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)とJR東日本スタートアップ株式会社が主催する、ベンチャー企業や優れた事業アイディアを有する人たちとの協業によるビジネス創造活動 「JR東日本スタートアッププログラム2021」に地球共創(SDGs)のテーマ枠で採択されました。


JR東日本グループは、グループ経営ビジョン「変革2027」における「くらしづくり」の実現に向けて、「Beyond Stations構想」を推進しています。駅のあり方が「交通の拠点」から「暮らしのプラットフォーム」へと転換される中、家族のあり方の一つになっているペットとの共存をPETOKOTOが持つサービスアセットと掛け合わせることで新しい価値創造にチャレンジしてまいります。


第一弾として、恵比寿駅でのPOPUPを実施。そして、今回、JR東日本のグループ会社である紀ノ国屋での期間限定販売に至りました。

恵比寿駅POP UPのイメージ恵比寿駅POP UPのイメージ

 

  • 紀ノ国屋との取り組みについて
今回、当社ミッションである「ペットを家族として愛せる世界」を実現するために、JR東日本のグループ会社であるスーパーマーケット紀ノ国屋インターナショナル(青山店)にて期間限定で販売を開始します。普段はオンラインのみの購入になりますが、単品からお買い求めいただけます。
 


・期間:2022年4月20日(水)〜 5月29日(日)
・販売店舗:紀ノ国屋インターナショナル(青山店)
・販売商品:ビーフ/チキン/ポーク/フィッシュ(1パックあたり150g)
・料金:1パックあたり税抜600円(税込660円)
    4パック購入で税抜2,000円(税込2,200円)

 
  • フレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」について

私たちが届けたいのは、「ごはん」だけでなく、食事を通した「愛犬とパートナーの幸せな時間」です。PETOKOTO FOODS は、新鮮なごはんを通して、5年後、10年後の健康と幸せをお届けしていきます。
 


ドライフードなどの市販フードと手作りごはんを与え続けた場合では平均寿命に約3年の差があったという研究もあります。世界一のペット市場であるアメリカではフレッシュドッグフード市場が急成長しており、現在6,000億円の規模が年次20%成長で2025年には1.4兆円の規模になると予想されています。ペットの家族化が進む日本でも成長が見込まれています。

犬や猫と家族同然に暮らす中で従来のドッグフードに疑問を持ち、「私たちが食べても安心できるごはん」を作るために『PETOKOTO FOODS』は誕生しました。

1. 国産食材をスチーム・急速冷凍製法、保存料無添加でお届け

私たちが食べる品質と同じ国産食材にこだわり、従来のドライフードとは異なるスチーム・急速冷凍製法で食材本来の味や香り、栄養素を閉じ込めました。

冷凍でお届けすることで保存料や酸化防止剤など無添加を実現し栄養吸収・消化に優れた、食べっぷりが変わるごはんです。与える前日に冷蔵庫へ移して自然解凍し、湯煎や電子レンジで温めて与えることで食材本来の旨味を味わうことができます。食材や製造過程をオープンにすることで安心安全もお届けします。
 

 

2. 最新の栄養学を取り入れた完璧な栄養バランスの総合栄養食

レシピはニュージーランド・マッセー大学獣医学部准教授で、世界で約90名しかいない米国獣医栄養学専門医の資格を持つニック・ケイブ獣医師と共同開発しています。

世界で使用されている犬猫の栄養ガイドライン(Global Nutrition Guidelines )を策定した世界小動物獣医師会(WSAVA)小動物栄養学の創立委員会メンバーでもあります。米国飼料検査官協会(AAFCO)の提唱する成分配合を満たしており、子犬からシニア犬まで全年齢全犬種で食べられる総合栄養食です。

3.独自アルゴリズムから最適なフードプランで体重を管理


わずか1分、愛犬の体重・体型・運動量、アレルギーなど10個の質問に回答するだけで最適な摂取カロリー量や給仕量を提案。パックごとに愛犬のお名前を貼って、ごはんが切れる前にご自宅にお届けします。購入後は獣医師やペット栄養管理士にLINEで相談でき、体重など体の変化をもとに常に最適なフードプランを提案し、一生涯の健康をサポートいたします。
 
  • PETOKOTOについて

私たちPETOKOTOは、犬や猫が苦手だった代表の大久保が1匹の犬との出逢いをきっかけに動物が大好きになり、殺処分問題をはじめとしたペットがモノとして捉えらえる社会やペット産業の負の課題を解決するため2015年に設立。

全ての従業員がペットの飼育経験者であり、獣医師やペット栄養管理士もいるバックグラウンド豊かな会社です。

■ 採用:PETOKOTOの未来をつくる仲間を募集しています
2022年度の採用は一旦完了していますが、エンジニアを始め、引き続き私たちと未来の暮らしを作っていただける優秀な仲間を探しています。ご興味がある方は、お気軽に以下のリンクをご確認ください。

https://www.wantedly.com/companies/syrup

■ 取材:未来のペットの暮らしを紹介いただけるメディアさまをお待ちしています
日本では、ペットの防災や健康、正しい食の知識がアップデートされておらず、誤解や知られていない情報が数多くある状況です。「国内外のペット/ペットテック市場」「ペットの防災」「犬の健康と食育」ほか、「データを活用したサービス開発」「ドッグフードトレンド」「サブスク/D2C」「サステナブル」「保護犬猫」など、さまざまな切り口での情報提供が可能です。以下よりお気軽にご連絡ください。

■ 株式会社PETOKOTO 会社概要
所在地:東京都新宿区四谷本塩町2-8 WEEK四谷
代表者:代表取締役社長 大久保泰介
設立日:2015年3月23日
資本金:307,100,647円
従業員数:24名
​ホームーページ:https://corp.petokoto.com
事業内容:
・フレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」https://foods.petokoto.com/
・ペットライフメディア「PETOKOTO MEDIA」https://petokoto.com/
・保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI」https://omusubi-pet.com/

■ 受賞実績
東洋経済 すごいベンチャー100(ドッグフードサービス史上初)
2020年度グッドデザイン賞(ドッグフードサービス史上初)
総務省主催「異能ジェネレーションアワード」特別賞(ドッグフードサービス史上初)
日経トレンディ スタートアップ大賞 優秀賞(ペットサービス史上初)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. PETOKOTO(ペトコト) >
  3. 日本初!フレッシュペットフード「PETOKOTO FOODS」が高品質スーパーマーケット紀ノ国屋インターナショナル(青山店)で4月20日(水)から期間限定販売を開始!