岐阜県白川村はマルチQR決済サービス「QFpayJapan」の導入を開始。11月19日に協定締結記念催事を行います。

 

白川村(岐阜県大野郡白川村 村長:成原 茂)と「白川村商工会(同 会長:長瀬 吉実)、株式会社シンクスマイル(代表:新子 明希)は、近年増加する訪日外国人観光客の消費拡大に向けたキャッシュレスを推進するため、マルチQR決済サービスQFpayjapanが提供する「QFpay」決済システムを活用して、白川村内の飲食店や、宿泊施設、土産品店、見学施設など約150の観光施設に向けて導入を推奨する。「QFpay」は提携する国内外の複数のpayを取り扱うプラットフォームペイメントで、世界遺産白川郷合掌造り集落に訪れる外国人観光客の消費拡大が期待できる。また、白川村は「QFpay」を利用した国別消費動向データの提供を受け消費拡大に向けた観光マーケティングを進める。そのほか、決済額の0.25%が村の地域振興財源として寄付される。

つきましては、下記の通り包括協定の締結式を開催いたしますので取材賜りますようお願い申し上げます。

キャッシュレス推進に向けた包括協定締結式
日時:令和元年11月19日(火)開始13時30分
場所:白川村役場二階 中会議室
問合せ:株式会社シンクスマイル  宮下 直樹  TEL06-6281-4600
白川村観光振興課 尾崎 達也 TEL(05769)6-1311
白川村商工会 長瀬 吉実 TEL(05769)6-1708
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シンクスマイル >
  3. 岐阜県白川村はマルチQR決済サービス「QFpayJapan」の導入を開始。11月19日に協定締結記念催事を行います。