ノーコードWebAR作成サービス「palanAR」のアプリ版をリリースしました。

アプリARとWebARを同時に作成することが可能となります。

WebAR・WebVRのシステム開発を行う株式会社palan (本社:東京都渋谷区、代表取締役:齋藤 瑛史)は、誰でも簡単にノーコードでWebARが作成できるサービス「palanAR(パラナル)」で作成したWebAR を、アプリ上にも配信可能な機能を提供開始しました。
■アプリ版palanARでできること
palanARで作成したARを、アプリを用いてより高精度で体験することができ、履歴として残すことができます。
また、気に入ったARをSNSでシェアすることが可能です。

イメージ動画

 


■インストールはこちら
App Store
https://apps.apple.com/jp/app/palanar/id1582570160

Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.palan.palanAR


■サービス開発背景
palanARでは2019年のリリース以来、6,000以上のARを作成頂いてきました。
その中で、WebAR上で実現できないリッチなAR体験を実現したい、という声を多くいただき、palanARアプリのリリースに至りました。
palanARのアプリ版では、空間上に商品を複数設置可能な6DoFの実現や、マーカーの認識精度の向上など、アプリならではの利点を活かしたARを体験可能です。
特別な操作は不要で、palanAR上でWebARとアプリARを同時に作成可能です。


■palanAR サービス概要
「palanAR(パラナル)」は誰でも簡単にWebARを作成できるオンラインツールです。AR名刺や商品プロモーションなど様々なシーンで使われるWebAR作成を無料(フリープラン)で試すことができ、商用利用可能なプランもご用意しています。操作が簡単なので、Web制作やAR作成の知識がなくても簡単に作ることが可能です。

サービスURL: https://palanar.com

■株式会社palanについて
株式会社palanでは国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けております。

WebARのシステム開発開始以降、地方自治体、エンターテインメント業界等、幅広い業界よりサービス制作・開発を依頼いただいております。デジタルフォトフレームや、3Dの魚たちが現実世界を泳ぐWebAR水族館、社員の自己紹介やPR動画が流せるWebAR名刺などの話題サービスをどこよりも早く手がけて参りました。

今後も、お客様の声をもとにしながらWebAR技術の研究開発を進めて参ります。

【自社プロダクトのご紹介】
アプリ不要で楽しめるWebARカメラサービス「TOBIRA」
https://tobira.me

WebARによるデジタルのスタンプラリーを簡単に作成「TOBIRALLY」
https://tobirally.com

3Dデータを管理・編集・利用することができる3Dデータ支援ツール「palan 3D」

https://palan3d.com
VR×ARによる新時代のEコマース体験「WebXRコマース」
https://xr-commerce.jp

■会社概要
会社名:株式会社palan
URL:https://palan.co.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表取締役:齋藤 瑛史
設立:2016年11月1日
主な事業内容:ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング

【お問い合わせ】
株式会社palan
広報担当者:  淺間
メール: contact@palan.co.jp
電話番号: 03-6555-4841
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社palan >
  3. ノーコードWebAR作成サービス「palanAR」のアプリ版をリリースしました。