【ポケモンの虫かご第二弾】今度はあのマスターボールが虫かごになって登場。キミはどの昆虫に使う?

ポケモントレーナー気分を満喫出来るアイテムが発売

精密部品メーカーである株式会社キャステム(広島県福山市、代表取締役:戸田拓夫)は、野生のポケモンを必ずつかまえることができるボール、「マスターボール」を虫かごにした「マスターボール 虫かご」を6月4日(金)より自社ECサイト「IRON FACTORY」(http://www.ironfactory-castem.com/)にて発売致します。尚、同サイトにて先行予約販売を6月1日(火)の10:00より開始致します。


ゲーム上では入手するのがとても困難な貴重なボール、それが「マスターボール」です。

そんなマスターボールが虫かごになって登場!

ポケモンの世界には様々なむしタイプのポケモンが登場しますが、まさに、ポケモントレーナーの気分を満喫できるアイテムとなります。 
色や形を再現しつつ、真ん中のボタンを押すと開閉する機構になっています。持ち運び易いように肩紐を、虫が逃げ難いように上から開けることのできる窓を、安定して置けるように底面を平らにして、虫かごとしての機能も充実。


・どうしても捕まえたいレアな昆虫が目の前に現れたら
・ライバルとの差をつけたいキミに

 「さぁ、マスターボール 虫かごを持って冒険へ出発だ!」


【商品概要】

・商品名 :マスターボール 虫かご
・予約販売:2021年6月1日(火)10:00~
・発売日 :2021年6月4日(金)
・販売価格:1,650円(税込)
・サイズ :直径約17cm
・重量  :約190g
・材質  :ポリプロピレン(本体)、ポリカーボネート(蓋)
・発売元 :株式会社タカラトミー
・製造販売:株式会社キャステム
・生産国 :日本

【ショップ概要】
株式会社キャステムECサイト「IRON FACTORY」
http://www.ironfactory-castem.com/
※その他、一部のショッピングセンター、百貨店等で販売

【株式会社キャステムについて】
ロストワックス精密鋳造・メタルインジェクション(MIM)の技術を用いて、電車・工作機械・医療機器等あらゆる産業の精密部品の製造販売を主軸としています。その技術を活かし、2017年より個人のお客様を対象とした商品の企画・製造・販売を開始。著名人の手型の金属製オブジェやモンスターボール虫かご、原作を完全再現した鋼製のロビンマスク等、これまでに無いグッズを次々と生み出し、今大変注目を受けております。令和元年には日本最速の新元号グッズの発売に挑戦。新元号発表から2分27秒後に令和ぐい呑みを発売し、様々なメディアに取り上げられました。その他、紙ヒコーキ、コマ大戦、CTスキャンスタジオ(京都)、パニパニファーム(宮古島)など、常に金属・常識にとらわれないモノづくりへの挑戦を行っています。

【本商品に関するお問い合わせ先】
株式会社キャステム 担当:池田真一
TEL:084-955-2221
E-mail:s_ikeda@castem.co.jp

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キャステム >
  3. 【ポケモンの虫かご第二弾】今度はあのマスターボールが虫かごになって登場。キミはどの昆虫に使う?