世界屈指のバレエダンサー、現在の愛車2台とともに月刊誌「ENGINE」に登場!

大のクルマ好きとしても知られるバレエダンサー、熊川哲也。これまでの華麗なる愛車遍歴、そして自分の人生のなかで最も衝撃を受けたクルマについて月刊誌「ENGINE」で語った。

東洋人として初めて英国ロイヤル・バレエ団に入団した17歳のときに、先輩が乗っている英国製スポーツカーに憧れ、24歳でフェラーリを手に入れる。日本に戻ってからも3カ月から半年でクルマを買い替えたという。クルマ好き垂涎の名車たちを乗り継いできた熊川哲也がたどり着いた境地とは? そして人生で最も印象に残るクルマとは何か?


〔タイトル〕ENGINE2021年1月号
〔発売日〕11月26日(木)
〔体裁〕180ページ、A4変型、無線とじ
〔定価〕1200円(本体1091円)
〔URL〕https://www.afpbb.com/category/engine
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 世界屈指のバレエダンサー、現在の愛車2台とともに月刊誌「ENGINE」に登場!