Maserati meets Massimo Bottura マッシモ ボットゥーラによるレヴァンテ トロフェオ フオリセリエ:創造性の爆発

モデナ発 - マセラティは、マセラティのブランドアンバサダーであり、モデナ生まれ・モデナ育ちでイタリア料理界のスターでもあるマッシモ ボットゥーラがカスタマイズしたレヴァンテ トロフェオを発表しました。エミリア地方を出自とする両者によって生み出されたのは、まったく期待を超えるものとなりました。そこには、限りないクリエイティビティ、表現の自由、鮮やかな人生が映し出されているのです。


マセラティ初のSUVとして登場したレヴァンテは、パワフルな想像力を爆発せしめるバーサティリティを持つモデルで、その中でもハイエンドモデルであるトロフェオは、580psのV8エンジンがもたらすパフォーマンス、運転の愉しさ、スピードの全てを叶えています。フオリセリエによるブルー・ストラダーレの外装にはマルチカラーのスプラッシュが施され、インテリアインサート、センターコンソール、ダッシュボードにもその意匠は採用されており、あらゆる観点から創造性を爆発させたマセラティとなっています。

マッシモ ボットゥーラがこのクルマで表現したのは、レヴァンテのオフロードでのドライブから生まれる、アクションペインティングのようなものです。モーターバレーで育った彼は、かつて兄たちとともにヴィンテージカーでエミリアの田園地帯を走り回っていました。このような冒険的な日々の終わりには、車のボディは泥のしぶきで覆われ、シェフが親しみを込めて呼ぶところの「レースの傷跡」となっていました。人生もまた同じようなもので、個々人がそれぞれの冒険の主人公となり、経験によって変化し、出会いによって形作られ、勝利と敗北を繰り返して強さを手に入れ、文化という鮮やかな色によって彩りを得るのです。そして最終的には、私たちは自分自身のままでありながら、何か違うものになっているのです。この教訓を心に刻むために、マッシモ ボットゥーラはオフロードレースの後、何日も車の泥を洗わないことを習慣にしていたのです。

この特別なレヴァンテ トロフェオは、カスタマイズド・プログラム「マセラティ フオリセリエ」によって生まれました。ここではクルマが、テイラーメイドの衣服となり、自分自身を表現する術として、また現代のラグジュアリーの象徴として道路を駆け抜けます。マセラティ フオリセリエでは全くの白紙が用意され、そこにマセラティが絵を描くためのツールを提供するのです。そこに何を描くかということはお客様のクリエイティビティ、インスピレーションに委ねられるのです。

マセラティは、お客様が何千通りもの組み合わせの中から自分に合ったものを見つけられるように、3つのベーシックなコレクション -コルセ、ウニカ、フュチューラを用意しています。コルセ、ウニカ、フュチューラの3つのコレクションは、スポーツ性とエレガンス、革新性を融合させたマセラティのパワーと価値を表現しています。今回のプログラムでは、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテの各シリーズに様々なコンテンツを用意しました。新たなエクステリアペイントやカラーリング、ホイールやブレーキキャリパーのカラー、さらにはステッチの配色やインテリアレイアウトを変えたキャビンコンビネーションもオーダー可能になりました。また、新型スーパーカー「MC20」では、豊富なカラーバリエーションとペイントワークでエクステリアをカスタマイズすることができます。また、フオリセリエ・コレクションは、今後もそのバリエーションを拡充する見込みで、さらに完全なるオーダーメイドの要望に応える「Sartoria」ラインも追加されます。

マッシモ ボットゥーラによるレヴァンテ トロフェオ フオリセリエ・エディションは、7月1日よりモデナで開催されるモーターバレーフェスト2021で発表されます。マセラティ フオリセリエプログラムとマッシモ ボットゥーラが共有する創造性のコンセプトを体現したこのモデルは、さまざまな経験を許容する創造性、美しさに対する繊細な感受性、そして人生の旅路における他者との出会いを通じて本当の自分を発見しようとする意志を表現したものに他なりません。

Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マセラティ ジャパン株式会社 >
  3. Maserati meets Massimo Bottura マッシモ ボットゥーラによるレヴァンテ トロフェオ フオリセリエ:創造性の爆発