株式会社マネーフォワードとのトップパートナー契約のお知らせ

・公式ユニフォーム(パンツ)にマネーフォワードロゴを掲出
・10月21日名古屋戦にてマネーフォワードDAYを開催
このたび、横浜F・マリノスは、株式会社マネーフォワード(所在地:東京都港区、代表取締役社長 CEO:辻庸介)とトップパートナー契約を締結しましたので、お知らせいたします。

本契約の締結に伴い、 10月21日(水)開催の明治安田生命J1リーグ第33節名古屋グランパス戦(19:30キックオフ@日産スタジアム) より、トップチームが着用する公式ユニフォーム(パンツ)にマネーフォワードのコーポレートロゴを掲出し、同試合を同社のご協力のもと、「マネーフォワードDAY」として開催します。
 

 



株式会社マネーフォワード 辻庸介  代表取締役社長CEOのコメント (写真右)
日本を代表する横浜F・マリノスとのトップパートナー契約を、大変嬉しく思います。コロナ禍において、オリンピックをはじめとする世界中のスポーツイベントが中止や延期になり、改めて、スポーツの持つ一体感、情熱、熱狂が生み出すエネルギーの大きさを感じました。同時に、スポーツによって世の中を明るくできるのではないかと、非常に大きな可能性を感じています。マネーフォワードは、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」をミッションに掲げるとともに、「User Focus」や「Fairness」をバリューとしています。横浜F・マリノスのサッカーは、フェアな姿勢で前進しファンを魅了し続ける「アタッキング・フットボール」であり、まさに当社が目指すミッションや貫きたい姿勢と共通しています。今後、横浜F・マリノスと想いを一つにし、チームの成功に貢献していきたいと思っています。

 
■横浜マリノス株式会社 黒澤良二代表取締役社長のコメント (写真左)
この度、フィンテック界のリーディングカンパニーであるマネーフォワード様を、横浜F・マリノスのトップパートナーとしてお迎えし、選手たちが着用するユニフォームパンツにマネーフォワード様のロゴをご掲出頂くことになりました。私どもスポーツ・エンターテイメントに携わる企業にとっても厳しい環境が続く中、シティ・フットボール・グループのサポートもあり、このような心強いご支援に対し、クラブを代表して深く感謝を申し上げます。横浜F・マリノスは、魅力あるアタッキング・フットボールで常勝軍団になることを目指し、Brave & Challengingをスローガンに前進を続けています。一方、マネーフォワード様は「お金を前へ。人生をもっと前へ。」というミッションを掲げられています。フィールドは異なれ、「前へ」という同じ志を持つ両者のパートナーシップを通じて、クラブやマネーフォワード様に関わる皆様に前向きな活力を感じていただける取り組みをお届けして参りたいと思います。


■株式会社マネーフォワードについて
名称  :株式会社マネーフォワード
所在地 :東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi 田町ステーションタワーS 21F
代表者 :代表取締役社長CEO 辻 庸介
設立  :2012年5月
事業内容:PFMサービスおよびクラウドサービスの開発・提供
URL  :https://corp.moneyforward.com/

【主要サービス】
 お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』 https://moneyforward.com/
 バックオフィスSaaS『マネーフォワード クラウド』 https://biz.moneyforward.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜F・マリノス >
  3. 株式会社マネーフォワードとのトップパートナー契約のお知らせ