三井不動産のシェアオフィス「ワークスタイリング」と東京ドームホテルが拠点提携へ2021年度末には150拠点超のネットワークへとさらに拡大

登録会員数は昨年度比約2倍の20万人超えに(2021年5月末時点)

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 菰田正信 以下、三井不動産)が展開している法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」と、株式会社東京ドームホテル(本社:東京都文京区、代表取締役社長 総支配人 棟方史幸 以下、東京ドームホテル)は2021年5月31日(月)より提携し、東京ドームホテルは法人向け多拠点型サテライトオフィス「ワークスタイリングSHARE」の提携拠点として、2021年6月1日(火)よりサービス提供を開始します。

今般の提携により、ワークスタイリングの拠点ネットワークは131拠点に拡大します。2021年5月末現在、登録会員数は昨年度比約2倍の20万人を超え、2021年度末までには150拠点を超えるネットワークを構築する予定です。

三井不動産は、2021年1月25日(月)に株式会社東京ドームを連結子会社化しました。株式会社東京ドームが持つ顧客基盤や、スポーツ・エンターテインメントに関するノウハウを、三井不動産が有する「街づくりの経験やノウハウ」「商業施設やホテル等のオペレーション力」「オフィス、商業施設、ホテル・リゾート、住宅事業等で有する幅広い顧客基盤」と連携させることで、街づくりの強化等のシナジーを生み出していきたいと考えています。今般の取り組みをはじめ、今後様々な連携策を検討してまいります。
 

右:東京ドームホテル外観

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を契機にテレワークを推進する企業が急増したことで、通信環境やセキュリティ等が整備されWEB会議などに対応できる個室ワークスペースのニーズが大幅に増大しました。ワークスタイリングは高まるニーズを捉え、2020年9月に「ザ セレスティンホテルズ」「三井ガーデンホテルズ」との提携を開始し、対象ホテルの客室をプライベートな個室ワークスペースとして提供してまいりました。また、2020年12月には郊外エリアを中心とした個室特化型サテライトオフィス「ワークスタイリングSOLO」のサービス提供を開始しました。
東京ドームホテルも既存の「ワークスタイリングSHARE」「ワークスタイリングSOLO」と同様に、シームレスに10分単位でご利用いただくことが可能となります。

■東京ドームホテルについて
東京ドームホテルは、都心最大級のエンタテインメントエリア「東京ドームシティ」にそびえる高層ホテルです。シティが包含すべき3つの要素、「見る」「遊ぶ」「休む」の「休む」をホテルが提供します。そのような土地柄、東京ドームホテルが目指すのは、単にリラクゼーションを提供するだけのホテルではなく、「楽しさ」や「遊び心」を盛り込んだ、エンタテインメント性あふれるホテルの姿です。
なお、株式会社東京ドームホテルは株式会社東京ドームの完全子会社です。

■SDGs:持続可能な開発目標(SDGs)について
2015年の国連サミットで採択された2030年に向けての国際目標 「SDGs:持続可能な開発目標」。17の目標と169のターゲットが定められており、様々な主体が連携しての取組が求められています。本プロジェクトでは、特に以下の2つの目標への貢献を意識して実施します

目標3 すべての人に健康と福祉を
目標8 働きがいも経済成長も

<参考資料>
■三井不動産の法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」について
10分単位で利用可能な法人向け多拠点型サテライトオフィス「ワークスタイリングSHARE」、郊外エリアを中心とした法人向け個室特化型サテライトオフィス「ワークスタイリングSOLO」、多様化する企業のニーズや様々なビジネスシーンに合わせた法人向けフレキシブルサービスオフィス「ワークスタイリングFLEX」を全国92拠点で展開しています。三井不動産グループが提供する国内全38か所の「ザ セレスティンホテルズ」「三井ガーデンホテルズ」「sequence」提携拠点および今般「東京ドームホテル」が加わり、2021年5月末時点で131拠点を展開しています。多様なワークスタイルを提供する法人向けサービスとして、新たな働き方や生産性の高い働き方をサポートしています。
 

※ ワークスタイリング公式ホームページ: https://mf.workstyling.jp/
 

  1. プレスリリース >
  2. 三井不動産株式会社 >
  3. 三井不動産のシェアオフィス「ワークスタイリング」と東京ドームホテルが拠点提携へ2021年度末には150拠点超のネットワークへとさらに拡大