スーツケースとカメラ1つで世界50カ国を放浪する大型新人写真家の夢無子、待望の初作品集を刊行! コロナ前とコロナ禍の2つの世界を対照的に描いた、400ページ超の写真集は現在予約受付中!

『DREAMLESS 夢無子写真集』2022年4月18日発売

株式会社玄光社(本社:東京都千代田区)は、次世代の写真界を担う大型新人・夢無子の初作品集『DREAMLESS 夢無子写真集』を、2022年4月18日に発売します。

 

  • 写真集の前半はコロナ前の美しい世界、後半はコロナ禍を生き抜くための旅路

『DREAMLESS 夢無子写真集』2022年4月18日発売『DREAMLESS 夢無子写真集』2022年4月18日発売


著者の夢無子(むむこ)は、キヤノンマーケティングジャパン主催の写真家オーディション「SHINES」において、2名の選考委員から選出された期待の新人作家で、本書が初の写真集となります。

夢無子は、自由でいるため、国も家も捨て、スーツケース1つで生きています。写真集の前半は2015年から2019年にかけて、世界50カ国以上をめぐる放浪の旅で出会った人々や風景。夢無子はこの旅を通して多様な文化を吸収し、国境や文化を超えていくボーダレスな作家となりました。


しかし2020年、新型コロナウイルスで世界は一変します。人々はふれ合うことも、国境を越えることもできなくなりました。やむなく夢無子は、緊急事態宣言の合間を縫って、北海道から九州まで日本中を放浪する旅に出ます。写真集前半の夢のような世界とはうってかわって、後半はコロナ禍の重苦しい空気が垂れ込めます。

旅の終着点は、太古から続く大自然に包まれた屋久島。そこで夢無子は屋久杉と出逢い、その生命力に圧倒されます。樹齢千年を超える屋久杉と対峙することで、コロナの時代をどう生き抜くのか、写真家はその答えをついに見出します。
 
  • 通常の倍以上となる400ページ超のボリュームで、生きることの根源を問いかける
本書のページ数は、通常の写真集の倍以上のボリュームとなる416ページ。コロナの前と後でそれぞれ写真集1冊分に匹敵する物量の写真を掲載することで、われわれがコロナで失ったものに対する惜別の情と、コロナを乗り越えて生きようとする前向きの意志、その両方をこの1冊に凝縮しました。

パンデミックや戦争で世界の政治・経済が大混乱に陥っている現在、すべての人に生きることの根源を問いかける写真集の登場です。

 

 

 

  • 本書の特長
・横225×縦140mmの横長サイズは、デジタルシネマのアスペクト比と同じ16:10
・PUR製本によって、400ページを超えても軽量で持ちやすく開きやすいデザインを実現
・装幀と序文は造本家の町口覚氏
・巻末の解説はアーティストのアオイヤマダ氏と伊藤雅史氏
・序文・解説は日本語・英語・中国語(簡体字)のトリリンガル版

 

 

  • 著者について
夢無子(むむこ)
1988年中国生まれ、現日本国籍。大学卒業後、映像制作会社に入社。2015年に退職しアーティストを志す。アルゼンチンをふり出しに、南米・北米・欧州・アジアなど50ヵ国以上を放浪しながら写真撮影を続ける。2019年キヤノンマーケティングジャパンの写真家オーディション「SHINES」で入選(江川賀奈予選・川本康選)。その最終選考会でプレゼンテーションした世界各地の写真、および2020年から2021年にかけてコロナ禍の日本で撮影した写真で、初の作品集「DREAMLESS 夢無子写真集」を出版。

公式サイト    https://www.mumuko.com
Instagram    https://www.instagram.com/mumuko_artist/
SHINES        https://canon.jp/shines/

受賞歴
2016年 ロンドンEWAACアート展写真部門グランプリ受賞
2019年 第21回「写真1_WALL」 審査員奨励賞受賞(姫野希美選)
2019年 キヤノンマーケティングジャパン 第2回「SHINES」受賞(江川賀奈予選・川本康選)
2021年 「ZOOMS JAPAN 2021」 エディター賞受賞(審査員6名の満票)

写真展
2016年 「Surviving」 全30点中国国立民族美術館に永久所蔵/中国
2017年 「待ち伏せ・Under Siege」 New York Time Square/アメリカ
2020年 「Role・Me/角我色」 IWEI Art Museum/中国
2021年 「無、無、無、  そして。」 ソニーイメージングギャラリー銀座
2021年 「皺む × WRINKLE UP」 キヤノンギャラリー銀座・同大阪

上述のように本格的にアーティスト活動を始めて日が浅いにもかかわらず、多くの賞を受賞し、精力的に写真展を開催するなど、次世代の写真界を担う逸材と言えます。

キヤノンギャラリー写真展のキュレーションを担当した、何必館・京都現代美術館キュレーターの梶川由紀氏は、「夢無子は、苦しみや残酷を見事にエンタメに昇華する。そして、時代の波に乗りながら表現の可能性を探し続けるアーティストである」と評しています。

また本写真集のデザイン・造本を担当する町口覚氏は、世界最高峰の写真フェア「パリフォト」に毎年出展して自身の手がけた写真集の展示販売を行うなど、現代写真の国際的潮流をよく知る造本家ですが、町口氏の目から見ても、彼女の写真は世界の人々に訴えかける力を持っているといいます。


【本書概要】
タイトル:DREAMLESS 夢無子写真集
著者:夢無子
発売日:2022年4月18日
定価:本体3,000円+消費税
判型:A5変型判・横位置(225×140mm)
ページ数:416ページ
ISBN:9784768316115
アマゾン:https://amzn.to/3q3wHzl
出版社:株式会社玄光社

【会社概要】
商号:株式会社玄光社
所在地:〒102-8716 東京都千代田区飯田橋4-1-5
設立 : 1931年
事業内容 : 出版
URL:https://www.genkosha.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社玄光社 >
  3. スーツケースとカメラ1つで世界50カ国を放浪する大型新人写真家の夢無子、待望の初作品集を刊行! コロナ前とコロナ禍の2つの世界を対照的に描いた、400ページ超の写真集は現在予約受付中!