【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】コカ・コーラeクライマックスシリーズ セ・リーグ

横浜DeNAベイスターズがコカ・コーラeクライマックスシリーズを制し、SMBCe日本シリーズへ進出!

コカ・コーラeクライマックスシリーズ セ・リーグファーストステージ【T vs G】のアーカイブはこちら!


コカ・コーラeクライマックスシリーズ セ・リーグファイナルステージ【DB vs G】のアーカイブはこちら!


「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから

https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1


コカ・コーラeクライマックスシリーズ セ・リーグ ファーストステージ

▼第1戦

【阪神 4-11 巨人(阪神甲子園球場)】

【出場プレイヤー】
1~3回 T:森  G:舘野
4~6回 T:脇  G:吉田
7~9回 T:徳田 G:坂東

【バッテリー】
[T] 髙橋、守屋(3回途中)、望月(4回)、岩崎(5回途中)、才木(6回)、齋藤(7回途中)、スアレス(9回)、岩貞(9回途中)-梅野
[G] 菅野、鍵谷(7回)、大江(8回途中)、デラロサ(9回途中)-小林、炭谷
【本塁打】
[T] 髙山(3回2ラン、プレイヤー:森)、大山(3回ソロ、プレイヤー:森)
[G]丸(3回2ラン、プレイヤー:舘野)、岡本(3回ソロ、プレイヤー:舘野)、丸(4回ソロ、プレイヤー:吉田)


 新型コロナウイルスの影響もあり、2ヶ月ほどの期間が空きながらついに実現したコカ・コーラ eクライマックスシリーズ。セ・リーグ2位・阪神と同3位・巨人の対決は、常に試合のペースを握った巨人が先勝した。  
 eクライマックスリーズでは3イニングずつでプレイヤーが変わるルールとなっており、巨人の先鋒として登場したのは舘野。初回、自身の代名詞でもある“強振”を解いて“ミート打ち”も駆使しながらチャンスメイクすると、2死2、3塁から5番・陽で右中間を破るタイムリー2ベースを放ち、幸先よく2点を先制する。
 さらに、3回には先頭・坂本で2ベースを放つと、2番に据えた丸で阪神先発・髙橋のカットボールを捉え、シリーズ第1号となる2ランホームラン。完全に勢いづくと、続く岡本でも二者連続となる一発を放つなどして、この回、リードを一気に6点に広げた。  
 反撃したい阪神は3回裏、森が意地を見せる。1死から代打・髙山で2ランを放つと、続く1番・大山でも一発を放ち、“二者連続弾返し”。3点差に迫って、試合をチームメイトに託した。  
 しかし、その後も巨人がペースを譲らなかった。二番手で登場した吉田が丸でこの日2本目となる一発を放てば、3番手の坂東も7回に2点を追加。終わってみれば16安打11得点と上々すぎる結果で、巨人が初戦をものにした。
 

​ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment
3回表:巨人は岡本が2連続となるソロHRを放ちリードを広げる



【阪神 5-7 巨人(阪神甲子園球場)】
▼第2戦

 

 


【出場プレイヤー】
1~3回 T:森  G:高川
4~6回 T:岸川 G:舘野
7~9回 T:脇  G:吉田

【バッテリー】
[T] 小野、岩貞(4回)、馬場(5回)、守屋(6回)、岩崎(7回)、能見(7回途中)、高野(8回)、スアレス(9回) - 梅野
[G] 戸郷、畠(4回途中)、大竹(5回)、鍵谷(7回)、高梨(8回)、ビエイラ(9回) - 小林、炭谷
【本塁打】
[T] 梅野(8回2ラン、プレイヤー:脇)
[G]坂本(5回2ラン、プレイヤー:舘野)、岡本(9回ソロ、プレイヤー:吉田)


 巨人が先勝して迎えた第2戦は、1戦目の勢いを保った巨人が再び勝利を収め、2連勝でファイナルステージ進出を決めた。 先制したのはもう負けられない阪神だった。2回裏、2試合連続で先鋒として出場の森が、1死1、2塁のチャンスを作ると、8番・上本でレフトの頭を超えるタイムリー2ベースを放ち、2点を先制。3回表に1点を失うも、序盤の3回をリードして終えた。
 試合をひっくり返したのは初戦でも2本塁打を放つ活躍を見せた2人目の舘野。4回裏に1死2、3塁の大ピンチを無失点で凌ぐと、迎えた5回表、2死2塁から1番・坂本で左中間への逆転2ラン。直後の裏に一旦は追いつかれるも、6回表に1死満塁チャンスを作ると、7番・吉川尚のショートゴロの間に1点を奪って勝ち越し。打った瞬間はダブルプレーかに思われた打球だったが、運も味方につけた形でリードを奪った。
 その後、巨人は3番手として登場の吉田がいきなり2点を奪い点差を広げると、一時は1点差にまで迫られながらも阪神の追撃を凌ぎ切り、逆転勝利。危なげない2連勝で、王者・DeNAの待つファイナルステージへと駒を進めた。
 


ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment
巨人が2連勝でファイナルステージ進出を決めた

▼1stステージ総括
 巨人側は初戦で登場した3選手がいずれも初回に得点を記録するなど、試合の“入り方”で阪神を上回った。2戦目は先制こそ許したものの、キャプテン・舘野が得意の一発で逆転する理想的な展開で、試合の流れを譲らなかった。レギュラーシーズンとは違う9イニング制で行われるコカ・コーラ eクライマックスシリーズは各プレイヤーの出場が長くても1試合3イニングのみとなる。2戦で出場4選手全員が得点を記録できた巨人は非常に充実した2試合となった。

2戦目の先鋒として出場した巨人・高川選手
「初戦でチームメイトが勝ってくれたので、流れに乗るだけだったんですが、打つほうでは流れに乗れませんでした。ただ、守る方でなんとか凌げればというところでギリギリ踏みとどまれたのがよかったと思います」

初戦で終盤の3イニングをきっちり締めた巨人・坂東選手
「初戦が大事だと思っていて、是が非でも勝ちたいと思っていたところで勝つことができてよかったです」

2戦とも阪神・脇選手とのマッチアップながら試合の流れを譲らなかった巨人・吉田選手
「レギュラーシーズンでの成績を見ても強い選手なのはわかっていたので、思い切っていこうといったら、結果につながりました」

2試合で3本塁打の活躍を見せた巨人・舘野選手
「みんないい感じで試合を作ることができていたので、このままDeNA戦も乗っていければと思います」



コカ・コーラeクライマックスシリーズ セ・リーグ ファイナルステージ
【DeNA 1-7 巨人(横浜スタジアム)】
▼第1戦


【出場プレイヤー】
1~3回 DB:山本 G:舘野
4~6回 DB:河合 G:吉田
7~9回 DB:辻  G:坂東

【バッテリー】
[DB] 濱口、伊勢(5回途中)、坂本(6回途中)、大貫(7回)、エスコバー(8回)、笠井(9回) - 嶺井
[G] 菅野、鍵谷(7回)、デラロサ(9回) - 小林、炭谷
【本塁打】
[DB] 
[G]ウィーラー(1回2ラン、プレイヤー:舘野)、岡本(3回ソロ、プレイヤー:舘野)、亀井(4回ソロ、プレイヤー:吉田)、丸(7回2ラン、プレイヤー:坂東)


 コカ・コーラeクライマックスシリーズ、セ・リーグのファイナルステージ第1戦。2年ぶりのリーグ優勝を果たしたDeNAが待ち受けたが、ファーストステージを2連勝で突破した巨人が、勢いのままに先勝した。

 初回、ファーストステージでも持ち前の打棒をこれまでかというほどに発揮した巨人・舘野が、ウィーラーで2ランホームランを放ち先制すると、3回にも岡本のソロホームランなどで4-0とリードを広げる。これで波に乗った巨人は、2番手の吉田、3番手の坂東もプレイヤー交代直後にホームランで加点する鮮やかな一発攻勢を披露。効果的に得点を重ねていった。
 対するDeNAもセ・リーグ王者としての意地を見せたいところだったが、各プレイヤーが3イニングずつというポストシーズンならではのルールに試合勘を掴み切れない打撃が目立つ。6回にキャプテンの河合がソトでタイムリーを放ったものの、得点はこの1点のみ。
 安定したパフォーマンスで終始優位に試合を進めた巨人がこの日“3連勝”となる白星を挙げ、下剋上での「SMBC e日本シリーズ」進出に王手をかけた。
 


1回表:巨人はウィーラー先制点となる2ランHRを放つ
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment


【DeNA 5-5 巨人(横浜スタジアム)】
▼第2戦


【出場プレイヤー】
1~3回 DB:山本 G:高川
4~6回 DB:辻  G:舘野
7~9回 DB:大茂 G:吉田

【バッテリー】
[DB] 今永、上茶谷(5回)、平田(7回)、エスコバー(8回途中)、三嶋(9回途中) - 伊藤光、髙城
[G] ディプラン、畠(4回途中)、田口(6回)、中川(7回)、鍵谷(8回)、デラロサ(9回) - 小林、大城、炭谷
【本塁打】
[DB] オースティン(3回ソロ、プレイヤー:山本)、伊藤光(4回2ラン、プレイヤー:辻)、伊藤裕(4回ソロ、プレイヤー:辻)
[G]坂本(4回ソロ、プレイヤー:舘野)、丸(6回2ラン、プレイヤー:舘野)、岡本(9回ソロ、プレイヤー:吉田)


 コカ・コーラeクライマックスシリーズ、セ・リーグの第2戦は、上位対決に相応しい熱戦となった。終盤までもつれた試合は引き分けに終わり、これで巨人の1勝1分に。SMBCe日本シリーズ進出チームの行方は最終第3戦へと持ち越された。

 初戦を落とし後がないDeNAだったが、1番手の山本が3イニングをパーフェクトに抑えると、オースティンの豪快な確定ホームランなどで2点を先制。1番手として完璧な仕事ぶりで流れを作る。
 対する巨人は2番手の舘野が4試合連続となるホームランを放ち反撃ムードを高めるが、DeNA2番手の辻も負けじと2本のホームランを叩き込む気合のパフォーマンスを披露。リードを保ったまま3番手へとバトンを繋いだ。
 逃げ切りを狙ってリリーフを投入したDeNAだったが、最終回に巨人・吉田が岡本で同点のソロホームランを放ち、試合は土壇場で振り出しに。その後はお互いに譲らず、痛み分けのドロー決着。追いついた巨人は第3戦を引き分け以上で終えると突破が決まり、敗れるとDeNAが突破という状況になった。

 


最終回、土壇場で吉田が同点に追いつく
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment


【DeNA 2-0 巨人(横浜スタジアム)】
▼第3戦


【出場プレイヤー】
1~3回 DB:河合 G:高川
4~6回 DB:辻  G:吉田(※)
7~9回 DB:大茂 G:坂東
※試合直前の舘野選手の体調不良により、相手チーム同意のもと吉田選手に変更。

【バッテリー】
[DB] 今永、山﨑康(4回)、国吉(5回)、平田(6回途中)、三嶋(7回) - 嶺井、戸柱
[G] サンチェス、高梨(4回途中)、戸郷(6回)、鍵谷(7回)、菅野(7回途中) - 大城
【本塁打】
[DB] 
[G]


 コカ・コーラeクライマックスシリーズ、セ・リーグのファイナルステージ第3戦は序盤のリードを守り切ったDeNAが勝利。1勝1敗1分ながら、上位チームアドバンテージによってSMBCe日本シリーズ進出を決めた。 巨人はここまで好調の舘野が試合直前の体調不良のため急遽欠場となり、吉田が代わって出場。主砲不在となった今季のセ・リーグ最終ゲームは、これまでの試合から一転して投手戦に。
 DeNAはキャプテンの河合が1番手で登場すると、4番・佐野で2打席連続のタイムリーヒットを放ち、3回まで終わって2-0とゲームメイクに成功する。バトンを受けた2番手のDeNA・辻は追加点こそ奪えなかったものの、6回表に迎えた2死満塁の大ピンチで“満塁男”のウィーラーを打ち取り、僅差のスコアを維持したまま試合は3番手のプレイヤーに託されることになった。
 3番手として登場したDeNA・大茂は早々に守護神の三嶋を投入すると、気迫のピッチングで相手を寄せ付けず。巨人・坂東も“勝ち運”の特殊能力を持つ菅野をスクランブルで投入するなど全力を尽くしたが、一歩及ばず。2-0でDeNAが完封リレーによる白星を挙げ、2年ぶり2度目のe日本シリーズ進出を達成した。
 


DeNAが完封で巨人を下し、SMBCe日本シリーズ進出を決めた
ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment

▼ファイナルステージ総括
 初戦は1stステージを突破した勢いのままに攻めた巨人が白星を挙げたが、徐々にセ・リーグ王者のDeNAがペースを取り戻し得意のロースコア勝負へと持ち込むことに成功。2戦目こそ土壇場で追いつかれ引き分けに終わったが、3戦目では巧みな継投術で鮮やかな完封勝ちでリーグ王者の威信を見せつけた。
 勝利したDeNAは試合間隔の長さに苦戦するスタートとなったが、回を重ねるごとにチームメイトで鼓舞しあうチームのスタイルが復活し、リーグ制覇の要因となった個々の特徴を活かした試合運びに成功した。
 敗れた巨人は12球団唯一の3年連続eCS出場という経験値を活かしてベストに近いパフォーマンスを披露したが、1stステージから続く連戦にコンディションを維持することが出来ず、文字通り力尽きる結果となった。

▼試合後コメント
第1・3戦でともに1番手として出場したDeNA・山本選手

「投球は良くなかったが、目標にしていた1本のホームランが出てチームに勢いをつけられて良かった。(9イニングを戦うルールは)後ろに仲間が控えていて心強かった。ここまで来たら一番を取りたいので、あと一週間きっちりと調整したい。」

チーム唯一のルーキーながらシーズン5勝と勝ち頭の辻選手
「緊張していないつもりだったが、今思い返すと最初の試合では視野が凄く狭くなっていた。反省を生かして3試合目は良い投球が出来たと思う。(巨人・舘野との対戦は)抑えられると思って投げた球を打たれて、本当に強い相手だと実感した。日本シリーズではホームラン10本打ちます!」

クローザーとして2試合を締めた大茂選手
「2試合ともチームがリードの状況で回してくれたので、自分の役目を果たすことだけ考えていた。2戦目は力が入って失敗してしまったが、最後はチームの力に慣れて良かった。僕と河合選手は2年前のe日本シリーズを経験しているので、リベンジを果たせるようパワーアップして一週間後の試合に臨みたい。」

キャプテンとしてプレイ内外でチームを牽引した河合選手
「1試合目は相手の勢いに飲まれてしまったが、試合中に紹介される応援コメントを見て「いつも通り元気を出していこう」と声を掛け合うことができた。逆境を跳ね返せたのは、応援してくださっている皆さんのおかげだと思う。僕と大茂は2年前の(e日本シリーズ)敗戦で時が止まっているような感覚があるので、リベンジして時を再び動かしたい。来週もご声援よろしくお願いします。」

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. 【「eBASEBALLプロリーグ」2020シーズン】コカ・コーラeクライマックスシリーズ セ・リーグ