日本eスポーツ業界唯一の教育機関「eスポーツ高等学院」が「RAGE Shadowverse Pro League 21-22」の冠スポンサーとして決定!

eスポーツ選手の発掘と育成を強化し、eスポーツを子どもたちにとっての憧れの職業へ

 株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝⽇が運営する国内最⼤級のeスポーツエンターテインメント「RAGE(レイジ)」は、対戦型オンラインTCG『Shadowverse』のプロリーグ「RAGE Shadowverse Pro League 21-22」の冠スポンサーとして「eスポーツ高等学院」を迎えることが決定いたしました。

【斉藤 暁 氏コメント(eスポーツ高等学院 学院長)】
 「RAGE Shadowverse Pro League 21-22」をご覧の皆さまeスポーツ高等学院です。我々が生徒と目指す輝かしい eスポーツ業界の未来を、更に素晴らしいモノにするために、国内最大規模のこのプロリーグも応援したいと考えてサポートできればと考えました。
 本学院は、eスポーツを通じて、社会で活躍できる人間を育てる、2022年4月に開校するeスポーツ専門の高校です。プロゲーマー、ストリーマー、Vtuber、ゲーム実況、プログラマー、ゲームアナリスト、ゲームライターなど、その無限の可能性に寄り添い、夢の実現のために、とことんプロフェッショナルが指導いたします。また、指導者だけでなく、環境も、設備も、全て最高のスペックを用意しています。この学校は産学協同で運営され、eスポーツ業界を牽引するNTTe-Sports、プロ育成で高い評価を受けるTokyo Verdy e-Sportsの2社が全力サポートにより運営に参加します。なんといっても学ぶ学校は渋谷に新たに誕生したシブヤeスタジアム。圧倒的な存在感を誇る7メートルのメインビジョンや、40台のハイスペックゲーミングPC、エントランスホール、ケアトレーニングスペースなど、最先端の設備が用意されており、最高レベルのゲーム環境の中で最高の教育を体験できます。高校でeスポーツを本気で学びたいと考えている中学3年生の皆さん。 是非夢を諦めずに私たちと一緒に最高の環境でeスポーツ業界を目指しませんか?2022年度の新入学、まだ間に合います。オープンスクールでお待ちしています。

■「eスポーツ高等学院」とは
 eスポーツを通じて、社会で活躍できる人間を育てる学校。プロゲーマーも、ストリーマーも、Vtuberも、すでに立派な職業であり、立派な社会人。eスポーツ高等学院は、日本初のeスポーツ専門の高校として、プロゲーマー、ストリーマー、Vtuber、ゲーム実況、プログラマー、ゲームアナリスト、ゲームライターなど、その無限の可能性に寄り添い、夢の実現のために、とことんプロフェッショナルが指導する学校。

■概要
学校名:eスポーツ高等学院
所在地:〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町20-17NMF渋谷公園通りビル8F
TEL:0120-428-133
URL:https://esports-hs.com/
Twitter:https://twitter.com/esports_hs_
Instagram:https://www.instagram.com/esports_highschool/

■運営会社
会社名:株式会社ディー・エヌ・ケー
所在地:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-8
代表者:斉藤 暁
設立:昭和53年12月
URL:https://dnk-chuos.co.jp/
事業内容:通信制高校サポート校のeスポーツ高等学院を運営

■「RAGE Shadowverse Pro League」とは
 「RAGE Shadowverse Pro League」は、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日が運営する国内最大級のeスポーツリーグ「RAGE」と株式会社Cygamesが合同で開催するプロリーグです。21-22シーズンのリーグ戦は賞金総額2400万円をかけ、「AXIZ」、「au デトネーション」、「NTT-WEST リバレント」、「G×G」、「名古屋OJA ベビースター」、「福岡ソフトバンクホークス ゲーミング」、「横浜F・マリノス」、「レバンガ☆SAPPORO」の8チームが日本最高峰の戦いを繰り広げます。
RAGE Shadowverse Pro League 21-22:https://rage-esports.jp/league/sv/

 ■『Shadowverse』(株式会社Cygames)https://shadowverse.jp/
 『Shadowverse』は、「フォロワー」、「スペル」、「アミュレット」という3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手リーダーキャラクターの体力を0にしたら勝利となる、スマートフォンで遊べる対戦型オンラインTCG(Trading Card Game)です。2022年現在、日本語を含む9言語が世界にリリースされ、累計ダウンロード数は2,500万を突破しています。競技性の高さを生かし、賞金総額2億8,000万円の世界大会開催やプロリーグ設立など、eスポーツシーンにも参入しています。

■RAGEとは

 RAGE(レイジ)とは、次世代スポーツ競技「eスポーツ」に様々なエンターテイメント性を掛け合わせた、株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社と株式会社テレビ朝日の3社で協業し運営するeスポーツイベントおよび、eスポーツリーグの総称です。RAGEでは、Apex Legends、VALORANT、Shadowverse、グランブルーファンタジー ヴァーサスといった人気タイトルの「公式大会」の運営をはじめ、オフラインやオンラインでの一般参加型の「イベント」、プロチームの頂点を決める「プロリーグ」、3つのプロジェクトを実施しています。国内公式大会における同時接続者数の記録を更新し続け、eスポーツイベントにおける総動員数、総視聴数においても国内No1となっています。

公式サイト:https://rage-esports.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/eSports_RAGE
公式Facebook:https://www.facebook.com/eSportsRAGE/
公式Instagram: https://www.instagram.com/esports_rage/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RAGE >
  3. 日本eスポーツ業界唯一の教育機関「eスポーツ高等学院」が「RAGE Shadowverse Pro League 21-22」の冠スポンサーとして決定!