ファーウェイのBladeAAU Pro、Sunrise UPCの5G事業拡大をサポート

   [2021年9月1日、スイス・チューリッヒ] Sunrise UPCは、同社のスイスのネットワークにファーウェイの次世代ブレードサイトソリューションのBladeAAU Proを導入し、多くの革新的シナリオで5G事業を展開するための新たな可能性を拓きました。

 シンプルなBladeAAU Proユニット1基で、Sunrise UPCの2G、3G、4G、5Gに対応
   スイスの基地局の多くは単一の支柱に設置されています。5Gの展開が続く中、Sunrise UPCでは既存の2G、3G、および4Gサイトとの同時展開が必要なことから、アンテナスペース、耐風性、およびタワーの耐荷重に大きな課題があります。アンテナスペースが元のサイトの縦寸法と異なる場合には、サイトの調整に建築許可が必要で、これには数か月、長ければ数年を要する場合があります。多くのサイトでは、アンテナは1基のみで、スペースが限られます。これは、新しい5Gの構築には大幅な調整を要することを意味します。

Sunrise UPCはファーウェイのBladeAAU Proにより、5G Massive MIMOの展開を大きく加速できます。
   ファーウェイのBladeAAU Proは、アクティブとパッシブの両アンテナを統合します。そのため、さまざまな帯域と無線アクセス技術を同一アンテナに展開して、ネットワーク展開を大幅に簡素化できます。この高度な統合により、1アンテナで複数のネットワークモードをカバーできるため、風への抵抗は低減し、5Gモジュールを既存のポールのより高い位置に設置できます。フルバンドのサポートと広範な帯域幅により、通信事業者が展開時間を短縮し、さまざまなシナリオに適応するための十分な柔軟性を備えています。この強力な機能の融合により、BladeAAU Proは流通以来、世界中の通信市場で人気を博しています。
   Sunrise UPCの新規事業展開、およびイノベーション担当ディレクターのアレクサンダー・リーマン氏は同社の展開について次のように述べています。「Sunrise UPCの目標は、高品質な5Gネットワ​​ーク構築の第一線を維持し、顧客にプレミアムな体験を提供することで、事業を成功に導くことです。」Sunrise UPCでは、スマート建築、スマート農業、スマート医療、スマート・ベニューなど、さまざまな新規分野で5Gの事業展開を推進できるよう、ファーウェイとさらなる革新を進める予定であるとリーマン氏は言及しています。
   ファーウェイ・スイスのCEOである王海涛(ワン・ハイタオ)は次のように述べました。「世界の5Gの展開は、未知の領域に挑んでいます。世界中の通信事業者が5G事業で直面する課題に対処し、5Gの革新と応用のシナリオをさらに模索して、事業の成功を達成できるよう、ファーウェイでは革新的な製品とソリューションの提供に努めてまいります。」

  1. プレスリリース >
  2. ファーウェイ・ジャパン(コーポレート) >
  3. ファーウェイのBladeAAU Pro、Sunrise UPCの5G事業拡大をサポート