プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

旭化成株式会社
会社概要

商船三井との実証プロジェクトを完了し、舶用モーターの異常予兆を検知するサービス「V-MO™」を販売開始

陸上プラントで培った振動診断技術の舶用展開に成功

旭化成株式会社

旭化成エンジニアリング株式会社(本社:神奈川県川崎市、社長:岡田 一郎、以下「当社」)は、株式会社商船三井(本社:東京都港区、社長:橋本 剛、以下「商船三井」)と、舶用モーター向け状態監視サービス「V-MO™(Vessel Vibration Visualization Monitor)」を共同で開発しました。
当社は販売窓口となる富士貿易株式会社を通じて、国内外の様々な船社、船舶管理会社へV-MOを5月24日(水)より販売し、更なる安心安全運航に貢献します。

V-MOは船舶に搭載されているモーターに振動センサーを設置し、その計測データを解析する事によってモーターの異常検知及び異常原因を診断、継続した状態監視を可能とするサービスです。データ解析においては、旭化成株式会社デジタル共創本部の知見も生かされています。計測データはクラウドに送信されるため、船上のみならず陸上でもモーターの状態を監視する事ができます。

当共同プロジェクトは2017年に始まり(*1)、2020年から商用化を目指した試運用(*2)を2022年度に完了し、この度の実用化に至ります。商船三井においては、複数の運航船へV-MOの搭載ならびにFOCUS(*3)との連携も見据えています。

実証を行ったコンテナ船実証を行ったコンテナ船

(*1)2017年11月1日プレスリリース

「舶用回転機器異常の予兆検知」の実証プロジェクトの実施を決定」


(*2)2020年3月18日プレスリリース

「旭化成エンジニアリングと商船三井が舶用補機のモニタリングサービス試行を開始」


(*3)2018年10月15日 商船三井プレスリリース「始動!『FOCUS』プロジェクト」

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.asahi-kasei.co.jp/aec/index.html
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

旭化成株式会社

27フォロワー

RSS
URL
https://www.asahi-kasei.com
業種
製造業
本社所在地
東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー
電話番号
03-6699-3000
代表者名
工藤 幸四郎
上場
東証1部
資本金
1033億8900万円
設立
1922年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード