楽ではないから"本物の英語力"が身につくコーチング英会話「TORAIZ(トライズ)」がフェンシングの1年後の夢に向かって頑張る銀メダリストの三宅諒のオフィシャル・スポンサーに7月より就任

 楽ではないから"本物の英語力"が身につくコーチング英会話「TORAIZ(トライズ)」(以下TORAIZ)は、フェンシングの2012年ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダリストの三宅諒(29)=フェンシングステージ=のオフィシャル・スポンサーに今月7月より就任します。

 三宅選手は、2010年世界選手権フルーレ団体で銅メダルを獲得。2012年には、団体(太田雄貴、千田健太、淡路卓、三宅諒)で準優勝し、銀メダルを獲得しました。2013年には、全日本選手権、アジア選手権にて個人銀メダルを獲得。2014年アジア大会の団体戦において五連覇を狙う中国を接戦で下し金メダルを獲得しました。

 TORAIZは、「世界を目指して1年後のゴールを明確にし、日々努力を弛まず継続すること。」というビジョンの実現を目指すプログラムです。TORAIZは同じ価値観を持つ三宅選手に当社プログラムを提供し、さらなる飛躍を支援することを通じて、世界に挑戦を続ける三宅選手をオフィシャル・スポンサーとして応援します。

【三宅諒選手について】

ロンドン五輪男子フルーレ団体銀メダリスト。幼少の頃よりフェンシングを始める。小学校6年の時には全国大会で優勝。2007年、慶應義塾高等学校在学中に世界ジュニア・カデ選手権(U-17)で優勝し、日本人初の世界選手権覇者となる。2009年慶応大学に進学し、10年よりナショナルチームの一員として世界を転戦。同年世界選手権フルーレ団体で銅メダルを獲得。2012年には、団体(太田雄貴、千田健太、淡路卓、三宅諒)で準優勝し、銀メダルを獲得した。2013年には、全日本選手権、アジア選手権にて個人銀メダルを獲得。2014年アジア大会の団体戦において五連覇を狙う中国を接戦で下し金メダルを獲得した。

【TORAIZ(トライズ )について】
 1,000時間の学習により、日本人が最も苦手とする英語のスピーキング力を身に着けることができる“本物の英語力”を追求するコーチング英会話プログラム。受講生一人ひとりにカスタマイズされた目標設定、その実現のための自己学習プログラムの作成、日々の学習サポート、2週間に一度の面談での進捗チェックを、専任のイングリッシュ・コンサルタントが担当。
 さらに、自己学習をアウトプットする場として、豊かな経験を持つネイティブコーチとのオンライン・レッスンやグループ・レッスンを学びの場ではなくケーススタディとして実施。インプットとアウトプットのサイクルを作ることで、日本にいながらにして、実践的なビジネス英語を身に着けることができるサービスです。
 学習モチベーションの維持のためにリアルな人とのコミュニケーションを重視していることもトライズの特徴で、開校以来、受講生満足度98.0%(※1)、1年間学習継続率91.7%(※2)という実績を持ちます。

※1:当社お客様満足度調査(2019年10月実施)
※2:累計受講生(受講開始1ヶ月以内での退会者除く)の内、受講開始から完了までに退会していない受講生の割合(2019年6月当社調べ)

【トライオン株式会社について】
2006年12月設立。「学ぶことを通じて人と組織の可能性を開く」を経営理念として創業より一貫して「教育」を軸にした事業を提供。インターネットを通じて時間や場所に捕われずに、多くの人が様々な学習コンテンツに出会える場所を提供することを目的に、日本最大級の通信講座「脳内カレッジ」を運営。 2015年からは、ビジネスレベルで通用する英語を1年でマスターするコーチング英会話スクール「TORAIZ(トライズ)」を開始。

会社名    :トライオン株式会社
代表取締役社長:三木 雄信
所在地    :〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル 5階
URL      : https://tryon.co.jp/
設立年月日  :2006年12月20日
資本金    :1億6,250万円
事業内容   :英会話教室運営事業、デジタル教育事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トライオン株式会社 >
  3. 楽ではないから"本物の英語力"が身につくコーチング英会話「TORAIZ(トライズ)」がフェンシングの1年後の夢に向かって頑張る銀メダリストの三宅諒のオフィシャル・スポンサーに7月より就任