メディアプラットフォームnoteの創作の幅をTikTokで広げるTikTok動画をnoteの記事に埋め込める機能をnote内に実装 7月30日にnoteクリエイター向けTikTok勉強会も開催!

2019年7月9日からショートムービーアプリの「TikTok(ティックトック)」 とメディアプラットフォームnoteは、TikTokで作成した動画を noteの記事内に埋め込める機能をnote内に実装しました。noteの記事内にTikTok動画を埋め込めるようになったことにより、noteで創作できる表現の幅が広がっていきます。noteでのTikTok動画埋め込み機能実装を記念して、TikTokから講師が参加するnoteクリエイター向けの勉強会を7月30日に開催します。

TikTok動画の埋め込みについて
今回の機能追加をしたことで、TikTokにアップロードした動画をnoteで効果的に紹介することができます。TikTokをはじめたことをnoteの記事にしたり、自分が投稿したTikTok動画内では伝えきれなかった内容の解説をしたり、TikTok動画のつくり方をまとめたり、さまざまな活用を想定しています。

TikTok動画の埋め込み方法
noteの「テキスト」投稿画面で、以下2つのいずれかの操作で埋め込めます。

1. 埋め込みたいURLをテキストエディタ内にペーストし、Enterボタンをクリックするだけで埋め込みができます。
2. 載せたい段落にカーソルを合わせます。「+」マークが表示されるので、クリックして「< >」を選択。埋め込みたいURLをペーストします。

※ 本機能は、PC・スマートフォンブラウザのみ投稿・閲覧が可能で、アプリは閲覧のみ可能です。現在埋め込み対応しているサービス一覧はこちら。
https://note.pieceofcake.help/hc/ja
「noteヘルプセンター→noteの楽しみ方(書く)→ノートを投稿する」からご確認ください。
 

※note記事内に埋め込んだTikTok動画の表示イメージ

「TikTok勉強会 for note」 with TikTok
noteでのTikTok動画埋め込み機能実装を記念して、noteクリエイターに向けたTikTok勉強会を行ないます。TikTokの使い方をともに学び、新たな表現方法を探るイベントです。「よく見られているTikTok動画の傾向」「TikTok動画の撮影ワークショップ」を行う予定です。

▼イベント詳細ページ
https://note.mu/events/n/n79e58081fdb9

【開催概要】7月30日(火) 19:30-21:30 @ 株式会社ピースオブケイク(外苑前徒歩5分)
【参加対象者】noteクリエイターでTikTokに挑戦してみたい方 40名(応募者多数の場合は抽選)

■note(ノート)https://note.mu/

メディアプラットフォーム note は、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することが
でき、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるウェブサービスです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。プロもアマも混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、現在までに約350万件の作品が誕生して月間アクティブユーザー数は1000万人に達しています。

■株式会社ピースオブケイク
ピースオブケイクは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。多彩なクリエイターや出版社と連携しているコンテンツ配信サイト・cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日
代表取締役CEO:加藤貞顕
コーポレートサイト:https://www.pieceofcake.co.jp/

■TikTok
『TikTok』は世界中にショートフォームのモバイル向けビデオに最適なプラットフォームを提供しています。『TikTok』のミッションは、スマートフォンを通じて世界中の創造力や知識、日常生活における大切な瞬間をとらえ、表現できるようにすることにあります。 『TikTok』は誰もがクリエイターになることを可能にし、自分が撮ったビデオを通じてクリエイティブな表現と情熱をシェアできるよう手助けします。 TikTokは北京、ベルリン、ジャカルタ、ロンドン、ロサンゼルス、モスクワ、ムンバイ、サンパウロ、ソウル、上海、シンガポール、東京に拠点を置いています。2018年初めに『TikTokは世界で最も多くダウンロードされたアプリの1つになりました。 『TikTok』のアプリは全世界でiOSとAndroidのいずれの端末でも利用できます。TikTokについての詳細はtiktok.comをご覧ください。

TikTokのダウンロードはこちら:
https://go.onelink.me/BAuo/144dea8c

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Bytedance株式会社 >
  3. メディアプラットフォームnoteの創作の幅をTikTokで広げるTikTok動画をnoteの記事に埋め込める機能をnote内に実装 7月30日にnoteクリエイター向けTikTok勉強会も開催!