野村不動産グループの運営するアフタースクール第2弾 2022年4月にメガロスキッズアフタースクール千種店開校

名古屋エリア初の「生活×教育×スポーツ」重視型アフタースクール

​スポーツクラブ「メガロス」を展開する野村不動産ライフ&スポーツ株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社⻑:小林 利彦)は、スポーツクラブメガロス千種店内(愛知県名古屋市)に「メガロスキッズアフタースクール千種店」を2022年4月に開校いたします。スクール生募集に先駆けて9月19日より説明会を開始いたしますのでお知らせいたします。なおメガロスキッズアフタースクール千種店は、2021年4月の東京都武蔵小金井店での開校に続く、2店目となり、名古屋エリアに「生活×教育×スポーツ」を重視するアフタースクールが開校するのは初となります。

イメージ図(メガロスアフタースクール武蔵小金井店内)イメージ図(メガロスアフタースクール武蔵小金井店内)

 
  • ただ預かるだけでない、「生活×教育×スポーツ」を融合したアフタースクール
共働き世帯が増えた今日において、子どもの「運動する子としない子の二極化」が進んでいます。スポーツをはじめとする子どもの習い事においては、平日の保護者による送迎時間の確保ができず、休日など限られた時間でしか子どもに運動機会を与えることができていない点も、子どもの運動機会を阻む要因の一つと考えられます。そういった課題を解消するため、アフタースクール中にスイミングや体操教室などの運動指導やお迎え付き添いサービスもご用意しました。また宿題サポートサービスや食事サービスもあり、保護者の負担を減らしながら子どもの運動機会を創出し、運動で得られる想像的で協働的な問題解決力(心のつよさ)を育んでまいります。

保護者の皆様が安心して子どもを預けていただけるように、運営システムや子どものお預かりのカリキュラム等のアドバイザーとして全国にアフタースクール事業を展開している株式会社ウィズダムアカデミーと業務提携をしております。
  • 東京学芸大学、東京学芸大こども未来研究所、名古屋学芸大学、野村不動産ライフ&スポーツの共同研究で生まれたカリキュラムをアフタースクールで展開
今日の教育を支える初等中等教育教員の養成や広く教育の研究を行う「東京学芸大学」と、東京学芸大学が持つ教育に関するノウハウを地域・社会に還元していくことを目指した「東京学芸大こども未来研究所」、生活の質を向上できる管理栄養士と健康運動士を輩出する名古屋学芸大学、さらに、「ミライク」などの子ども向けプログラムを展開する「野村不動産ライフ&スポーツ」は、教育問題に応えていくことを目的に、2019年より産学連携による共同研究を行うとともに、スポーツを通じた独自の教育プログラムの開発を行ってきました。

今回はその中でも東京学芸大学と共同開発した子どもたちの発見する能力と問題を解決する能力を育む「遊びの発明プログラム」と名古屋学芸大学と共同開発した栄養を学ぶ「栄養×スポーツ」、「食育プログラム」等の導入を予定しております。

一日の利用の流れ(例)
14:30~15:00   専用バスで近隣の小学校までお迎え★
15:00~15:30   宿題サポート
15:30~16:00   おやつタイム(名古屋学芸大学レシピ監修)
16:00~17:00   東京学芸大学の研究成果を活用したプログラム
        名古屋学芸大学との食育プログラム
※その他アートやプログラミング、そろばんなど選べます
17:00~18:00   スポーツクラブメガロス内のスイミング、体操、ダンスなど受講★
18:00~19:00   フリータイム、夕食タイム★
19:00~20:00   お迎えタイム、小学校、駅まで送迎可能★
20:00~20:30   最大20:30まで延長可能★
★:別途オプション料金
  • 家庭と地域をつなぐ教育のプラットフォームとしての役割
メガロス千種店がある名古屋市千種区の地域住民や企業とも連携をいたします。「メガロスキッズアフタースクール」では家庭と地域をつなぎ、住まう人々にとって安心できる教育のプラットフォームを目指してまいります。
 
  • 子どもが「生き抜く力」を習得できる
文部科学省は小学校において、「生きる力~学びの、その先へ~」をテーマに掲げ、学習指導要領として『変化の激しい社会に必要な「生きる力」を育む』という方針を示しています。この方針を受け当社が運営する「メガロスキッズアフタースクール」では、すでに運営実績のある「メガロスキッズスクール」のノウハウを基に、子どもが成長していく上で大切な「体、脳、心」を育んでいくとともに、子どもが「生き抜く力」を習得できるカリキュラムを提供してまいります。
 
  • 東京学芸大学 教授 鉃矢 悦朗氏より 「共同研究成果について」
「子どもは、好奇心と行動力に満ちています。小さな隙間があれば、大きさを自分の体で確認します。ぴかっと光った石は、ポケットに入れる、動く虫には、吸い寄せられる。そんな彼らは、なんでも遊びにする、どこでも遊ぶ、遊び発明の天才です。この遊びを発明できる能力や、走ることをゲームに進化させる発想、そんな当たり前にあった能力が消えかかっているのではないでしょうか。
使わない能力は、消えていきます。私たちも携帯電話を持ったころから、電話番号を記憶する能力が無くなりました。使わないから無くなる、自然の摂理として受け入れて良いのでしょうか。おもちゃ、ゲームに代表されるように、遊びが与えられるものとなったとき、遊びを生み出す能力は減退します。
私たちは、子どもの「アッ!いいこと考えた!」の能力をもっと引き出すために共同研究を通して、遊び発明のプログラムを練り上げました。教育の中の「教える」ではなく「育む」を中心にしたプログラムです。「育む」には待つ時間も多く、時間がかかります(個人差があります)。しかし、「アッ!いいこと考えた!」の能力を着実に育むことは、チャレンジする力、へこたれない力(レジリエンス力)を獲得することにつながります。
子どもたち自身のチャレンジ心で未来は、面白くなり、大きく広がります。「ひとりでも多くの子どもに、より面白い未来を届けたい。」


鉃矢 悦朗氏プロフィール:東京学芸大学教授(教育学部)。NPO東京学芸大こども未来研究所 副理事長。一級建築士。専門は立体・空間デザイン、デザイン教育。鉄矢悦朗建築事務所から2002年東京学芸大学へ転じ、現在に至る。NPOのモットーである「あそびは最高の学び」に出会い、教育・研究活動をさらに面白く深めている。
 
  • 名古屋学芸大学 安友 裕子氏よりコメント
この度、本学管理栄養学部の学生とともに、食育カリキュラムの担当やアフタースクールで提供されるおやつについて、セレクトのお手伝いをさせていただきます。食育では「運動×栄養」のテーマに掲げ、「食べること」と「動くこと」の大切さを体験し、楽しみながら学習していただけるプログラム予定しております。
おやつは3回の食事では摂りきれないエネルギー・栄養素を補うことが目的で、1日200kcalが目安です。過剰になりがちな脂質や塩分、不足しがちなカルシウムなどに配慮し、食べ物・飲み物・スープなどを組み合わせていきたいと思います。手作りでお届けすることはできないですが、献立に組合せが記載されますので、ご家庭でも参考にしていただければ幸いです。食物アレルギーについても配慮していきますので、ご相談ください。


安友  裕子氏プロフィール:名古屋学芸大学 管理栄養学部 講師、管理栄養士/健康運動指導士
 
  • アフタースクール「メガロスキッズアフタースクール」概要
開校日              :2022年4月(予定)
住所                 :愛知県名古屋市千種区千種2-23-11
開校時間           :月曜日~金曜日
利用時間           :14:00~20:30 ※夏休みなどの長期休暇期間は8:00~19:30
対象                 :小学1年生~6年生
URL                 : https://www.megalos.co.jp/chikusa/school/afterschool/
 
  • 「メガロスキッズアフタースクール」今後のスケジュールについて
説明会実施:9月19日(日)~10月3日(日)
スクール入会登録受付実施:10月2日(土)~
申し込みURL:https://secure.megalos.co.jp/m?f=28065
 
  • 東京学芸大学について

高い知識と教養を備えた想像力・実践力に富む有為の教育者(教員と教育支援者)を養成することを目的に、幼稚園から博士課程までの教育組織を有し、東京都を中心とした広域型の拠点的役割を果たしています。全国の初等・中等教育の学校現場に、将来のスクールリーダーたるべき教員を輩出する「教員養成課程(4課程)」とともに、学校の外部にありながら学校現場と協働して、現代的教育課題の解決にあたる教育支援者を養成する「教育支援課程」を全国に先駆けて設置しその養成にも力を入れております。創基は明治6年までさかのぼり、昭和24年にそれまでの東京府立の東京府師範学校や東京府女子師範学校から派生した4つの師範学校(東京第一師範学校・同女子部、東京第二師範学校・同女子部、東京第三師範学校、東京青年師範学校)を統合してできた日本で最長の歴史と伝統をもつ教員養成大学です。
大学URL:https://www.u-gakugei.ac.jp/

 

  • 東京学芸大こども未来研究所について

東京学芸大学の「知」である子どもに関わる「ヒト」「モノ・コト」「コミュニケーション」を社会に発信するNPO法人。教育に関するノウハウを地域に還元していくことを目指し、様々なニーズに合わせてカスタマイズし、提供しています。国立大学法人が持つ全国でも数少ない教育系NPOとして、東京学芸大学と連携をとりながら様々なプログラムの研究開発・運用普及に取り組んでいます。

 

  • 名古屋学芸大学 管理栄養学部について

建学の精神『人間教育と実学』をもとに、健康増進、疾病予防、生命の延長および生活の質の向上に寄与できる管理栄養士の養成を行い、開学(2002年4月)以来、2,000名を超える管理栄養士を輩出。地方自治体、企業などと連携し、人の栄養・健康面での社会貢献を目指しています。
大学URL:https://www.nuas.ac.jp/

 

  • ウィズダムアカデミーについて

「学べるアフタースクール」をテーマに、2010 年にスタートした民間学童保育・幼児保育事業です。幼児から小学生までのお子様を対象に、安心・安全な校舎でのお預かり、高水準かつ豊富な習い事、おやつ・お食事のご提供、学校やご自宅だけでなく学外の習い事への送迎付添いなど、きめ細やかなサービスを提供しています。
関東圏を中心に直営校舎22校、受託提携校舎17校を展開。(2021年9月現在)
URL:https://wisdom-academy.com/

 

  • 野村不動産ライフ&スポーツについて

「顧客満足を感動と喜びに変える」という企業理念のもと、様々な地域にて直営47施設の運営を行うとともに、健康の新たな価値を提供し続ける企業として、スポーツクラブ事業の枠を超えた生活全般にわたる新たなサービスの提供を行い、
日々の生活と人生の充実に寄与する企業となることを目指しております。
URL:https://www.megalos.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 野村不動産ライフ&スポーツ株式会社 >
  3. 野村不動産グループの運営するアフタースクール第2弾 2022年4月にメガロスキッズアフタースクール千種店開校