オトバンク、新型コロナウィルス感染症に関する対策を延長 ラッシュ時間帯の通勤回避及び在宅勤務推奨を継続

オーディオブックの制作・配信を行う株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)は、「新型コロナウイルス」の感染拡大に備え、当社従業員の安全確保および正確な環境状況の把握を目的に、1月27日から2月10日迄を目途に通勤ラッシュ時の電車通勤を回避する等の対策を講じてまいりました。この度、現状の新型コロナウイルス感染症の状況を鑑みて、当面の間対策を継続することといたしました。


「新型コロナウイルス」が感染拡大に備え、当社従業員の安全確保および正確な環境状況の把握を目的に、1月27日から2月10日まで講じておりました下記対策を、当面延長いたします。

<1>通勤ラッシュ時(午前7時~午前10時)において全従業員が電車通勤を回避
<2>不要な出社を控え、基本的に在宅勤務を実施


当社では、社員のパフォーマンス向上を目的に2016年10月より「満員電車禁止令(※)」を導入しています。通常時より通勤ラッシュ時の電車通勤を避け、各自の判断でリモートワーク(社外勤務)を可能とする取り組みを実施してまいりました。

1月27日から実施している新型コロナウイルス感染拡大に備えた対策において混乱等は生じていないのに加え、引き続き当社従業員の安全確保および正確な環境状況の把握が必要な状況と判断し、対策期間の延長を実施することといたしました。

オトバンクは、今後も「聞き入る文化の創造」に向けて、社会情勢に応じた迅速な対応及び判断を心掛け、持続可能なサービス提供を目指してまいります。

【補足情報】
※「全従業員に「コアタイム廃止」「リモートワーク制度」を導入 ~「満員電車通勤禁止」で心身の負荷を減らし、パフォーマンスの最大化へ~」https://www.otobank.co.jp/news/1385463/

■株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也)
音声コンテンツを中心とした事業を展開し、「聞き入る文化の創造」「目が不自由な人へのバリアフリー」「出版文化の振興」の達成を目指している、日本最大の配信数を誇る音声エンタメ企業です。500社以上の出版社様と提携し、主な事業として、日本最大のオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」でのオーディオブック販売をはじめ、オンラインブックガイド「新刊JP」( http://sinkan.jp/ )を中心とした書籍のプロモーション事業も行っています。http://www.otobank.co.jp/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オトバンク >
  3. オトバンク、新型コロナウィルス感染症に関する対策を延長 ラッシュ時間帯の通勤回避及び在宅勤務推奨を継続