行ったつもりでツアー映像第2弾!「丹波山村サミットの森」植樹ツアーを映像でお楽しみ下さい

サミットが整備を支援する山梨県北都留郡丹波山村の「サミットの森」では、2019年より植樹活動を開始し、お客様をミツバツツジやカエデ等の植樹体験にご招待するツアーを実施しています。昨年は、ツアー初年度にも関わらず、4回のツアーの当選倍率が平均11倍となり、約80名のお客様にご参加いただきました。今年も実施を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止となってしまったため、少しでも植樹ツアーの様子を感じていただこうと、「行ったつもりで『丹波山村サミットの森』植樹ツアー」映像を制作しました。サミットホームページ、サミットアプリで紹介するこの『行ったつもり』ツアーの映像紹介は、同じく丹波山村にある「サミットファーム収穫ツアー」映像に続き第2弾となります。来年、感染の広がりが収束すれば、植樹・収穫共に、ツアーを再開したいと考えておりますので、今年は映像でお楽しみください。
1.映像について
弊社ホームページ、サミットアプリで紹介しています。
(ホームページでは、「サミットの森・サミットファーム」のページで紹介しています。
https://www.summitstore.co.jp/csr/summitwoods-farm/ )

※ 今年はお客様向けのバスツアーが実施できなかったため、マイカーで参加できる社員ボランティアを募り植樹を行いました。その映像と、昨年のお客様ツアーの様子を組み合わせた映像で、ツアーのイメージをご覧いただけます。

(映像イメージ)


2.「サミットの森」とは
2006年より環境面の社会貢献活動として、多摩川の水源地域である山梨県北都留郡丹波山村で「サミットの森」森林整備活動を開始しました。過疎化などで手入れが滞る同村の森林整備を支援することが、サミットストアの出店エリアである東京の水源を守ることにもつながると考え、取り組んでいるものです。
第1期(2006年~2010年)・第2期(2011年~2015年)では、村有林の間伐や枝打ちなどを行い、社員研修や社内ボランティア活動で延べ1,650人の社員が作業に参加しました。今回の第3期の森では、2019年~2023年にかけて、新たなエリアである小峰山に、ミツバツツジやカエデ等の地元で多くみられる樹種約400本を植樹します。
なお、この植樹の活動資金は、サミットストア全店で毎年6月に実施する「地球がよろこぶボーナスポイントセール」の寄付金(*)を充当しています。

*セール対象商品1品購入につき、3ポイント(3円相当)を寄付するもの

【参考】2019年のお客様ツアーの実績
(1)実施回数: 2019年5月2回・10月2回の全4回 

(2)募集人数: 1回につきサミットポイントカード会員10組20名

(3)ツアー内容: 植樹、地元食材を使った食事、お楽しみ企画、温泉入浴を楽しむ日帰りツアー

(4)当選倍率平均11倍の人気企画です。
  1. プレスリリース >
  2. サミット株式会社 >
  3. 行ったつもりでツアー映像第2弾!「丹波山村サミットの森」植樹ツアーを映像でお楽しみ下さい