新規格 ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)認証開始のお知らせ

2018年4月 認証サービス開始

一般財団法人日本品質保証機構は、2018年4月より新規格 ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)に基づく認証を開始いたします。
一般財団法人日本品質保証機構(本部:東京都千代田区、理事長:小林 憲明)は、ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)に基づく認証を、2018年4月(※)より開始いたします。
※ IS発行が延期された場合はFDISで2018年4月より審査を開始いたします。

ISO/FDIS 45001が2017年11月30日に発行されました。現在、承認投票が行われており、2018年3月に新たなISO規格として正式に発行される見込みです。

ISO 45001は、労働安全衛生の初のISO規格です。現在広く普及しているOHSAS 18001に替わる規格として注目されています。ISO 45001認証取得は、職場の安全衛生水準を向上させ、従業員の安全を確保することができるだけでなく、労働災害や事業継続リスクの低減、ひいては利害関係者からの信頼獲得にもつながることが期待できます。
また、ISO 9001の2015年版などと同様、共通テキスト(Annex SL)が採用されています。そのため、他のISO規格との整合性・両立性があり、すでにISO認証を取得している組織は、労働安全衛生マネジメントシステムを容易に構築できます。

当機構で開催している「労働安全衛生マネジメントシステム入門セミナー(無料)」では、ISO 45001の規格概要についてもご紹介しています。

▼OHSAS 18001(労働安全衛生マネジメントシステム)入門セミナー
日時・会場 ●東京会場(当機構本部)
2017年12月12日(火)14:00~16:00(13:30~ 受付開始)
東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル17F
アクセス:http://www.jqa.jp/access/honbu.html
(大阪・福岡会場にサテライト配信あり)

●名古屋会場(ISO中部支部)
愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビルディング本館9F
アクセス:http://www.jqa.jp/access/isochubu.html
定員 ●東京会場:50名(大阪会場 40名、福岡会場 12名)
●名古屋会場:24名
費用 無料
内容(予定) ●労働安全衛生を取り巻く環境
●マネジメントシステムの基礎知識
●構築のポイント
●システム構築~審査~認証取得~登録維持の流れ
●当機構の認証サービスの特長の紹介
●ISO 45001策定の動き
詳細/お申し込み 下記のセミナーご紹介ページをご覧ください。
http://www.jqa.jp/service_list/management/forum/seminar.php?themeid=OH

 


【一般財団法人日本品質保証機構(JQA)】
1957年の設立から、一貫して日本のものづくりとサービス産業の発展を、検査や試験、検定や認証サービスで支えてきた日本の代表的な認証機関。1990年初頭からISO認証の普及啓発に努め、ISO 9001、ISO 14001の認証件数は国内最多を誇る。また、OHSAS 18001(労働安全衛生)、ISO 13485(医療機器・体外診断用医薬品)、JIS Q 9100(航空宇宙)などの認証も多数手掛ける。
http://www.jqa.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般財団法人日本品質保証機構 >
  3. 新規格 ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)認証開始のお知らせ