2021年 新体験・体感&発見の場を提供 「5G」革命!                6月11日『進撃の巨人』特設コーナー@エディオンなんば本店・道頓堀店・AKIBA店へ「進撃」!

​2021年6月11日、株式会社アイ・シー・エージェンシー(渋谷区代々木 代表取締役 秋山裕之、以下、ICA。)は、『進撃の巨人』特設コーナーを、株式会社エディオン(大阪市北区 代表取締役会長兼社長執行役員:久保 允誉、以下、エディオン。)と開催致します。2021年、『進撃の巨人』は TVアニメ『進撃の巨人』The Final Seasonが放送されました。
本特設コーナーは、家電量販店エディオンが実施するプロジェクト、「Animedion」の一環。人気アニメ作品の期間限定POP UP STOREや「Animedion Shop」のみで展開される オリジナル限定グッズ等を販売。2021年、第1弾『進撃の巨人』は、オリジナル商品を約1,000アイテム展示。
下記、商品画像例 参照※

※「Animedion」は、大阪市内中心部に於いて好アクセスのエディオン2店舗「なんば本店」「道頓堀店」そしてアニメのメッカ「AKIBA店」からスタート。今後、アニメ作品の映像と音響を楽しめる家電量販店ならではの体感コーナーも設置予定。

アフターコロナでのインバウンド需要含め、「アニメ作品」の認知拡大を目指し、国内外の潜在ユーザーに、新たなアニメの作品や魅力を発見する切っ掛けとなる場づくりを目指します。

■『進撃の巨人』特設コーナー情報
《期間》2021年6月11日(金)~
《店舗》大阪)なんば本店 大阪市中央区難波3丁目2番18号 8階特設コーナー
       道頓堀店 大阪市中央区道頓堀1-4-27 道頓堀ベニスビル1 2階店内特設コーナー
    東京)AKIBA  千代田区外神田1‐2‐9特設コーナー

※※「5G」革命とは: 通信インフラ第五世代で生じつつある、「インターネット」での革命ではなく 「商習慣」の革命。これまでモノで受けてきたサービスの大半がネットに移行完了し、リアルの場でさらに求められる大半は「体験」と「体感」となります。コンテンツの特設コーナーは、「体験」「発見」の象徴的な「場」となり、SNSによる拡散を促すメディアと化していきます。

「5G」革命により、テレビ、パッケージという映像コンテンツに於いて(「3G」革命により音楽の「記録メディア」に生じた変化同様)「記録メディア」のコンテンツは「視聴」として無償に近く消費されていきます。一方で、ライブやシネマコンプレックス、そしてPOP UP STORE等の場は「体験」として益々、ビジネス上の価値が高まっていきます。

ICAは、ライツ・マネジメント事業に於いて、リアルのコンサート、シネコン、POP UP STOREを、
ある意味、プッシュ型でユーザーとの接点をつくり出す「メディア」と捉えます。即ち、リアルの場は、ある種、SNSで情報が拡散されるインタラクティブなメディア として 拡大し、発展していきます。

記 商品画像例:

   ©諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ICA >
  3. 2021年 新体験・体感&発見の場を提供 「5G」革命!                6月11日『進撃の巨人』特設コーナー@エディオンなんば本店・道頓堀店・AKIBA店へ「進撃」!