藤井聡太、渡辺 明、豊島将之、羽生善治…トップ棋士21名の知られざる真の姿を徹底取材!『将棋記者が迫る 棋士の勝負哲学』1月26日(水)発売!

株式会社幻冬舎(代表取締役社長:見城徹/東京都渋谷区)は、『将棋記者が迫る 棋士の勝負哲学』(著:朝日新聞記者 村瀬信也)を2022年1月26日(水)より、全国発売致します。


■トップ棋士21名の知られざる真の姿を書いたノンフィクション!
朝日新聞将棋記者である村瀬信也が幻冬舎plusで連載した『朝日新聞記者の将棋の日々』に大幅加筆し、書き下ろしを加えて書籍化。総勢21名の棋士を徹底取材。将棋記者だからこそ感じた彼らの闘志や信念を書き記しました。

■藤井聡太登場から5年、激動の将棋界を徹底取材
藤井聡太竜王の登場により将棋界は大いに注目され、国民的なムーブメントを巻き起こしました。その熱狂の舞台裏で、数多くの死闘を繰り広げ、命を削りながらも戦い続ける棋士たち。彼ら一人ひとりが胸に秘める苦闘や矜持、そして勝負哲学に迫りました。

=====
「今の自分とは比べものにならないぐらい強くなっていたい」
――藤井聡太
「AI研究を繰り返す戦い方ができるのは45歳ぐらいまで」
――渡辺 明
「AIに何億手も読ませたとしても、自分の将棋に採り入れられるのかどうか」
――羽生善治
「相当悔しくて、涙が出ました」
――佐藤康光
「勝っていた頃に比べて、今の自分が負けるとは思いません」
――森内俊之
「またタイトル戦で活躍できるように頑張りたい」
――豊島将之
「自分は将棋しかできなかった」
――永瀬拓矢
=====

■目次
第1章 天才棋士の異次元の強さ
藤井聡太
第2章 最強棋士だけに見える前人未到の世界
渡辺 明/羽生善治
第3章 時代を築いたトップ棋士の新たな戦い
佐藤康光/森内俊之/谷川浩司
第4章 勝負師たちの苦悩と矜持
木村一基/藤井 猛/先崎 学/深浦康市/久保利明/山崎隆之
第5章 若き将棋指しの不屈の闘志
豊島将之/永瀬拓矢/佐藤天彦/広瀬章人/斎藤慎太郎/佐々木勇気/里見香奈
第6章 語り継がれるレジェンドの勝負哲学
米長邦雄/加藤一二三

■著者紹介
村瀬信也(むらせ・しんや)
1980年生まれ。朝日新聞記者。早稲田大学将棋部出身。2011年より将棋専属担当記者となる。YouTubeチャンネル「囲碁将棋TV―朝日新聞社―」での活動も行い、将棋ファンに絶大な知名度がある。共著に『藤井聡太のいる時代』(朝日新聞出版)がある。Twitter: @murase_yodan
=====
カメラに映らない光景や対局室のマイクが拾わない言葉から、彼らが胸に秘める闘志や信念に接したことは一度や二度ではない。「自分が文章にしないと、後に残らない」。将棋界を10年以上取材してきた新聞記者の1人として、自分にそう言い聞かせながら日々記事を書いている。――はじめにより
=====
 
  • 書籍概要
【書籍名】将棋記者が迫る 棋士の勝負哲学
【著者】朝日新聞記者 村瀬信也
【判型】四六判並製/264ページ(本文248ページ+口絵フルカラー写真16ページ)
【定価】1,500円+税
【発売日】2022年1月26日(水)
【ISBN】 978-4-344-79064-3 C0095
【URL】https://www.gentosha-edu.co.jp/book/b598455.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社幻冬舎 >
  3. 藤井聡太、渡辺 明、豊島将之、羽生善治…トップ棋士21名の知られざる真の姿を徹底取材!『将棋記者が迫る 棋士の勝負哲学』1月26日(水)発売!