外反母趾の足にも優しいfitfitから初めてのスノーブーツ『ウィンタースキップ』が登場! 2017年11月10日(金)より順次発売

雨の日も雪の日も足元軽やかに、天気に負けずオシャレを楽しめる一足

機能とデザインを兼ね備えた靴「fitfit(フィットフィット)」を販売する株式会社fitfit(本社:東京都世田谷区 社長:林恵子)は、fitfit史上初めてとなる雨・雪兼用ブーツ『ウィンタースキップ』を、2017年11月10日(金)よりカタログ通販・オンラインショップで、11月18日(土)よりfitfit各店舗を通じて発売開始いたします。

 

 

ブラックブラック

オークオーク

fitfitは、“足にトラブルを抱える人にもオシャレを楽しんでほしい”という思いから、外反母趾にも優しいコンフォートシューズブランドとして、2011年3月にカタログ販売を開始いたしました。現在では、東京、福岡、大阪、札幌などの主要都市を中心に全国53店舗を展開し、累計162万足以上を販売しています。

今回発売する『ウィンタースキップ』は、お客様の「雨の日や雪の日でも歩きやすく、大人にも似合うスタイリッシュなブーツが欲しい」という声から誕生しました。本商品は、靴の内側に防水フィルムを貼った二重構造で防水加工を施し、履き口にはギュッと絞れるドローコードを取り付けているため、雪や雨が靴の中へ侵入することを防ぎます。さらに、厳しい冬の寒さにも耐えられるよう履き口部分にはボアをあしらいつつ、筒周りにはゆとりをもたせているため靴の中へパンツを入れたスタイルや履き口を折り返した仕様も楽しめます。

また、軽量で返りの良さはもちろんのこと、濡れた路面や雪の上を歩くことを想定して開発された靴底には2種類の硬さのゴムをソールに採用しています。多方向に向かって凹凸のある中心部のゴムソールを、気温が低下しても柔らかく水はけの良い設計のゴムソールで囲むことで、足元の悪い雪道でもグリップ力を高めて縦横方向に滑りにくい仕様※になっています。
※すべてのシーンでグリップ力を保証するものではありません。濡れた路面や油をひいた床面、滑りやすい場所での歩行には十分にご注意ください。

fitfitから初めて誕生したスノーブーツ『ウィンタースキップ』で、これからますます寒くなり足元が悪くなる冬の日も、思いっきりオシャレをお楽しみください。

【『ウィンタースキップ』商品概要】

発売時期:2017年11月10日(金)~順次発売
販売店舗:全国のfiftit店舗※、カタログ通販、オンラインショップ
     ※一部取り扱いのない店舗がございます。
価格:¥14,900 (税抜)
サイズ展開:S/M/L
カラ―展開:ブラック、オーク
素材:合成繊維・合成皮革

 

商品特徴:アッパーに防水加工を施した二重構造を採用し、雪や雨が入らないようにドローコードで調整可能。防寒対策として履き口部分にはボアをあしらいながら、パンツを入れ込めるよう筒周りにゆとりを確保。アウトソールは軽量化と返りのよさを実現しながら、ソールの中心部分に凹凸を作り、周囲をやわらかめにすることでグリップ力を高め、足元の悪い道でも滑りにくい仕様※を実現。
※すべてのシーンでグリップ力を保証するものではありません。濡れた路面や油をひいた床面、滑りやすい場所での歩行には十分にご注意ください。

 



【fitfit(フィットフィット)概要】
■fitfitとは? 

株式会社fitfit代表の林恵子自身が外反母趾に悩む一方、街にある外反母趾用の靴は、幅広でデザイン性に欠けるものばかりという現実に愕然としたことから立ち上げたブランドです。人間工学を熟知した靴の匠と組み、かつ感性あふれるデザイナーと一緒に作りあげたことから、機能とデザインを両立しております。

■fitfitの特徴 
1.センターラインを親指寄りに振ったオリジナルの足なり設計で親指を解放する木型。
2.足指の自然なラインに沿ってフィットするよう、ソールの爪先部分の親指側を高く、小指側を低く設計。
3.ソールとヒールが一体となった「”3 in1“スニーカーソール」は、アウトソール、体重を支えるハードなミッドソール、ヒール部分に内蔵された衝撃吸収クッションの3層構造。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DoCLASSE >
  3. 外反母趾の足にも優しいfitfitから初めてのスノーブーツ『ウィンタースキップ』が登場! 2017年11月10日(金)より順次発売