【ドリームインキュベータ】自然言語AIベンチャー・スリーアイズの資金調達ラウンドについてのアドバイザリー・サービスを実施

株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)は、自然言語AIを搭載するアドネットワーク『CANDY』を運営する株式会社スリーアイズ(本社:山形県米沢市、代表取締役:牧之内 隆大)が、株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役:中川 信行)、株式会社VOYAGE VENTURES(本社:東京都渋谷区、代表取締役:永岡 英則)を引受先とした第三者割当増資を実施する資金調達ラウンドを実施するにあたり、ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスを行いました。


■資金調達の背景
グローバルなトレンドとして個人情報保護への関心の高まりがあり、欧州のGDPR規制などを踏まえてCookie情報を参照しづらくなってきており、従来のアドテクノロジーの発想を転換すべき大きな波が押し寄せています。
こうした状況を踏まえ、スリーアイズは、独自の自然言語AIを開発し、Cookie情報を使用しない次世代型デジタルマーケティング・ツール『CANDY』の商用化に成功しました。
昨今のデジタル・マーケティングにおけるクリエイティブ人材の不足を鑑み、広告クリエイティブの半自動化も実現しています。
膨大な情報から自然言語AIによりキーワード等をテーマ分類・商用価値を算出する同社の技術は、他分野からも引き合いが増えており、アドテクノロジー以外の領域への応用も視野に入れております。
スリーアイズは、今回の資金調達を通じ、営業強化と出資企業各社との協業体制の構築をはかり、『CANDY』の取り扱い広告・コンテンツ配信量の拡大を進めます。

■ご参考
<株式会社スリーアイズ 概要> 
  • URL: http://candy-network.com/company
  • 所在地: 山形県米沢市(東京マーケティングセンター:東京都千代田区)
  • 設 立: 2016年4月
  • 上場区分: 未上場
  • 事業内容: 自然言語AIを活用したプロダクト・サービスの開発・販売

<各社プレスリリース>
■DIのプライベートキャピタル事業について
DIのプライベートキャピタル・グループは、起業家・先端テクノロジー企業を中心とするイノベーションの実現に向けた資金調達やM&Aのアドバイザリー業務に注力しております。国内市場にとどまらず、グローバル市場で挑戦する国内外の起業家や大企業のネットワークを活用し、起業家/ベンチャー(スタートアップ)企業や大企業のイノベーション・新規事業の実現を支援いたします。
http://www.dreamincubator.co.jp/company/members/private-capital/

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドリームインキュベータ >
  3. 【ドリームインキュベータ】自然言語AIベンチャー・スリーアイズの資金調達ラウンドについてのアドバイザリー・サービスを実施