株式会社Arentに投資を実行

フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:松本 直人、以下「FVC」)は、 東日本銀行地域企業活性化投資事業有限責任組合(以下「東日本銀行地域企業活性化ファンド」)より、エンジニアによる高難度DXを推進する株式会社Arent(本社:東京都中央区、代表取締役:鴨林 広軌、以下「Arent」)に投資を実行しましたことをお知らせいたします。同ファンドからの投資は、本件合わせて9件となります。

 

◆投資先企業について
「高難度のDXに挑み、巨大産業のグローバルイノベーションに貢献する」
Arentは、3DCADの自動設計技術や高度な数学的知見と開発力を駆使したDXコンサルティング及び新規事業創出、自社プロダクトの開発・販売に取組むスタートアップです。日本の企業が持つ世界トップレベルの技術を見極め、業務改善にとどまらず、新規事業を創造する企画力と実行力で、グローバルイノベーションをもたらす新しいサービスやプロダクトを開発し、それらの社会実装を推進しています。千代田化工建設株式会社との大規模JV設立を通じたプラントの自動設計3DCADや自社プロダクトである「建設SaaS」の開発に取組んでいます。

 



商     号 株式会社Arent
代表取締役社長 鴨林 広軌
本  社 所 在  地 東京都中央区八丁堀2-10-7
設  立  日 2012年7月
U   R   L  https://arent.co.jp/




◆東日本銀行地域企業活性化ファンドについて
創業・第二創業期にある企業に対して、投資による資金供給を行うことで、中長期的に安心して事業の拡大に取組めるよう支援し、地域経済の発展と新たな雇用を創出することを目的として「東日本銀行」「フューチャーベンチャーキャピタル株式会社」が出資し、設立されたファンドです。

 ◆フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(FVC)について
京都に本社を置く独立系ベンチャーキャピタル。地域のベンチャー企業を支援するための「地方創生ファンド」と事業会社のオープンイノベーションを促進するための「CVCファンド」に取組んでいます。また、資金を投入するだけでなく、長期的な事業継続に向け、事業育成、人材育成、事業コンサルティングなどの支援を行っています。

商     号 フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
代表取締役社長 松本 直人
本  社 所 在  地 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659番地 烏丸中央ビル
証  券  コ ー ド 8462 JASDAQスタンダード
U  R  L https://www.fvc.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. 株式会社Arentに投資を実行