レノボ、アジア太平洋地域の団体と提携し、若者たちのITスキル育成を支援

レノボ・ジャパン合同会社(本社東京都千代田区、代表取締役社長アマ―・バブ、以下レノボ)は本日、8月12日の国際青少年デーを記念し、国際青少年デー2022の目標達成に向け、アジア太平洋地域で若者への支援を行う団体と連携して、将来に役立つITスキルやテクノロジーへのアクセスをマイノリティの若者に提供することを発表しました。

 


レノボは、TNS India Foundation(TNSIF)、オーストラリアとニュージーランドのCode Like A Girl、日本のNPO法人Waffle、インドネシア、マレーシア、フィリピン、香港特別行政区、シンガポールなどASEANの市場で活動しているSolve Education!を含む複数のパートナーと連携します。
※国際青少年デー2022:https://www.un.org/development/desa/youth/iyd2022.html

レノボは、慈善事業プログラムやパートナーシップを通じて、世界中で1,500万人の生活に影響を与える取り組みを行っています。また、新たな「Lenovo TransforME助成金プログラム」では、スキル向上を支援することで、2025年までに100万人の生活を改善する取り組みに注力しています。レノボは、アジア太平洋地域の団体との長年のパートナーシップを通じて、特に十分な教育を受けていない若者のSTEM教育へのアクセスの向上と関心の喚起へ取り組んでいます。

レノボは、Lenovoの商標です。

<レノボ・ジャパン ホームページ>
トップページ :https://www.lenovo.com/jp/ja
プレスリリース:https://www.lenovo.com/jp/ja/news

<レノボについて>
レノボ(HKSE:992/ADR:LNVGY)は、売上高700億米ドルの世界的なテクノロジー企業であり、Fortune Global 500の171位にランクされています。世界中で7万5000人の従業員を抱え、180市場で毎日数百万人の顧客にサービスを提供しています。レノボは、すべての人にスマートなテクノロジーを提供するというビジョン「Smarter Technology for All」を掲げ、世界有数のPCメーカーとしての成功を収めるだけでなく、ITインフラ、モバイル、ソリューション、サービスといった新たな成長分野へも進出しています。世界を変革するテクノロジーを提供することで世界中のあらゆる場所のすべての人のためのサステナブルで信頼できるデジタル化社会を創出します。詳しくは、https://www.lenovo.com/jp/ja でご覧いただけます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レノボ・ジャパン合同会社 >
  3. レノボ、アジア太平洋地域の団体と提携し、若者たちのITスキル育成を支援