配車計画から車両の動態管理まで一気通貫 Hacobuの動態管理サービスMOVO Fleetとライナロジクスの完全AI自動配車システムLYNA 自動配車クラウドが連携

株式会社Hacobu(ハコブ、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO 佐々木太郎、以下「Hacobu」)と株式会社ライナロジクス(本社:千葉県市川市、代表取締役 朴成浩、以下「ライナロジクス」)は、2021年1月25日(月)より、動態管理サービス MOVO Fleet(ムーボ・フリート)と、LYNA(ライナ) 自動配車クラウドのサービス連携を開始いたします。

Hacobuの動態管理サービス MOVO Fleetは、物流業界に特化したテレマティクスサービスで、輸送車両がいつ、どこを走行しているかGPSで把握することができます。ライナロジクスのLYNA 自動配車クラウドは、配車計画に特化した完全自動配車システムです。数多くのロジスティクの現場で鍛えられた独自のAI技術で、最適な車両台数と配送ルートを瞬時に算出します。
今回の連携により、LYNA 自動配車クラウドで作成した配車計画のデータを出力し、そのままMOVO Fleetに取り込むことで、配車計画作成から輸送車両の緻密な動態管理までを一気通貫して行なうことができるようになります。
配車から運行管理まで担当する方は、両サービスの併用が容易になり、業務負担が軽減されます。また、配車担当と運行管理を別の方が担当する場合は、コミュニケーションコストが削減できます。
すでにMOVO Fleetを利用している場合は、LYNA 自動配車クラウドを併用することで、配送計画作成時間の短縮と動態管理システムへの反映の時間短縮が実現できます。すでにLYNA 自動配車クラウドを利用している場合は、MOVO Fleetを併用することで、配車計画の動態管理側への取り込みを瞬時に行い、配送状況の管理まで行うことができます。
本連携に続いて、今後はHacobuのトラック予約受付サービス MOVO BerthとライナロジクスのLYNA 自動配車クラウドの連携も開発を進めるなど、両社の強みを活かしたサービス連携を通じて、お客様の業務の効率化を支援してまいります。
 
  • 動態管理サービスMOVO Fleetとは
Logistics Cloud MOVO(ムーボ)のアプリケーションの1つで、物流業界に特化したテレマティクスサービス。GPS端末を使った車両位置把握で、運行管理者の業務負担軽減や、配送業務を効率化することが可能。
端末は複数の給電方法が選べるGPSトラッカー「ムーボ・スティック」と、GPS機能付き通信型ドライブレコーダー「ムーボ・アイ」の2種があるほか、日野自動車のコネクティッドトラックは端末なしで利用可能。
動態管理サービスMOVO Fleet 紹介ページ
https://movo.co.jp/movement_manage
 
  • LYNA 自動配車クラウドとは
ライナロジクスが提供する、完全AI自動配車システム。企業ごとに異なる複雑な制約・条件を網羅し、配車計画に不可欠な距離や時間、人件費といった配車コストを最重要視して計算。何万〜何十万通りの計画を瞬時に比較検討しながら、トータルコストに最も優れた配車計画を高速で提案します。
LYNA 自動配車クラウド 紹介ページ
https://lynalogics.com/service/dispatch/
  • Hacobuについて
「運ぶを最適化する」をミッションとして、企業間物流の最適化を目指し、Logistics Cloud MOVOを提供
商号  : 株式会社Hacobu
設立  : 2015年6月30日
所在地 : 〒108-0073 東京都港区三田3丁目12番17号 プレクスビルディング3階
代表  : 代表取締役社長CEO 佐々木 太郎
https://movo.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Hacobu >
  3. 配車計画から車両の動態管理まで一気通貫 Hacobuの動態管理サービスMOVO Fleetとライナロジクスの完全AI自動配車システムLYNA 自動配車クラウドが連携