マルハン従業員による募金活動で赤い羽根共同募金へ総額1,000万円寄付

~高齢者、障がい(児)者、児童・青少年分野における活動の一助に~

パチンコホールを中心に総合エンターテイメント事業を展開する株式会社マルハン(本社:京都・東京 代表取締役社長: 韓 裕)の従業員が実施するマルハン従業員募金から、10月23日に行われたマルハンユニオン定期大会にて、「赤い羽根共同募金」へ1,000万円を寄付したことをお知らせいたします。

 

                     左:社会福祉法人 中央共同募金会 常務理事 渋谷篤男様
                     右:マルハン従業員募金運営会 代表マルハンユニオン中央執行委員長 林 万喜


「マルハン従業員募金」は、“マルハン従業員が社会のためにできること”として、各事業所のバックヤードに設置している従業員用飲料自販機において、売上1本当たり10円を積み立て、従業員からの申請に基づき国内外のNPO・NGO・福祉団体などに寄付する活動のことです。本活動は、2010年より行っており、赤い羽根共同募金への寄付は今年で7回目となります。

この度の寄付金は社会福祉法人中央共同募金会からマルハンの店舗所在数に応じて各都道府県の共同募金会に配分され、「高齢者」「障がい(児)者」「児童・青少年」の各分野に役立てられます。 

当社は良き企業市民として社会への責務を果たすべく、自らが社会を構成する一員であることを意識しています。当社の店舗をご利用にならない方にも「マルハンがあって良かった」と思っていただけるよう、今後とも、企業、従業員ともに、地域社会との「共感・信頼」、社会の持つさまざまな問題に真摯に取り組み、「良き企業市民」として様々な社会貢献活動に努めてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マルハン >
  3. マルハン従業員による募金活動で赤い羽根共同募金へ総額1,000万円寄付