ブラックフライデー・サイバーマンデーに全世界でShopifyを利用する事業者の流通総額が過去最高となる63億ドル(約7,140億円)を達成

-2019年より2倍以上に拡大-

世界最大級のコマースプラットフォーム、Shopify(ショッピファイ)の⽇本法⼈Shopify Japan 株式会社(本社:東京都渋谷区、日本カントリー・マネージャー:太原 真 以下:Shopify)は、11月26日(金)から11月29日(月)に開催された「ブラックフライデー・サイバーマンデー(以下、BFCM)」にて、全世界のShopifyマーチャント(事業者)の流通総額が63億ドル(約7,140億円)を達成したことを発表します。これは、前年のBFCMの流通総額である約51億ドルより23%増、また2019年のBFCMに比べ2倍以上の流通総額となり、過去最高額を記録しました。

BFCMは、一年で最も買い物が盛り上がる時期であり、Shopifyが世界で活躍するマーチャントのパワーと彼らの成功を称える時期でもあります。この盛り上がりはセールの開始時期にも見られおり、配送やサプライチェーンの遅延を回避するために、早い段階からセールを開始するマーチャントも多く見受けられました。2020年はサイバーマンデーの19日前より、2021年は28日前からとこれまでになく早くからセールが開始されました。

Shopifyのプレジデントであるハーリー・フィンケルシュティンは次のように述べています。
「Shopifyでは、BFCMをコマース界のスーパーボウル(アメリカンフットボール最大のイベント)と呼んでいますが、2021年のBFCMは過去最大規模となりました。今年の記録的な流通総額は、マーチャントが世界経済に与える影響の大きさを示しています。私たちは、起業家がリアルタイムで進化し、消費者が望むあらゆる販売チャネルで購入体験を提供する大切さを実感しています。これこそがコマースの未来であり、全世界170万以上のマーチャントがこの革命をリードしていることは素晴らしいと感じています」

Shopify Japanの日本カントリー・マネージャーである太原 真は次のように述べています。
「Shopifyが日本に拠点を開いて約4年が経過しましたが、年々BFCMは浸透しており、大きな盛り上がりを見せています。アパレル&アクセサリーの販売において、全世界で売上が最も高かった地域の一つとして日本がトップ3にランキングされていることは、日本の小売事業者の盛り上がりを示しており、非常に喜ばしく思います。
また、11月に発表したBFCMおける日本の購買傾向に関するShopifyの独自調査では、BFCMで買い物する予定と回答した人の83%は『コロナが買い物の仕方に影響を与える』と感じているものの、コロナを理由に『店頭での買い物を避けたい』と回答した人は4分の1以下(22%)に留まりました。これは、今回のPOS売上高が前年同期比で198%増となったことからも裏付けされています。この消費行動の変化が小売業界のいち早い回復につながる兆しだと考えています」

Shopifyは、2年連続でBFCM期間中の地球温暖化対策に取り組んでいます。Shopify はBFCM期間中、Shopifyのプラットフォーム上で注文された商品の配送に伴う炭素排出量を相殺するため、4つの高品質な炭素除去技術とソリューションを厳選し、約60,000トンのカーボンオフセットを購入しました。Shopifyの環境保護活動はこちらhttps://www.shopify.jp/blog/bfcm-carbon-removal-2021)からご覧ください。

2021年BFCM:全世界のデータ
  • アパレル&アクセサリー分野において、全世界で売上が最も高かったのはドイツ、イタリア、日本。
  • SNS(ソーシャルメディア)上での売上は、前年比で約3倍増加。(オンラインストアとSNSを連携することによって、消費者は決済をSNS上で完結することができます)
  • BFCM期間中、最高売上を記録したのはブラックフライデーの11月26日(金)の12:02PM(EST)で、1分間約310万ドル(約3億5千万円)を記録。
  • 全世界で約4,700万人の消費者がShopifyのマーチャントから購入。
  • 世界のカート平均価格は100.70ドル(約11,416円)。国別ではカナダ(115.14カナダドル; 約10,242 円)、オーストラリア(158.80豪ドル; 約12,874円)、米国(96.60米ドル; 約10,953円)が上位を占めた。
  • 最も流通総額の高かった都市は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンで、国別ではアメリカ、イギリス、カナダが上位を占めた。
  • 全体の取引のうち、71%はモバイル上(前年67%)で、29%はパソコン上(前年33%)で行われた。
  • 越境の注文は世界の総注文数の15%を占め、最も多かった国際間取引はアメリカ-カナダ間、カナダ-アメリカ間、イギリス-アメリカ間となっている。

2021年BFCM:日本のデータ
  • 最も流通総額の多かった時間帯:11月26日(金)8:00 PM(JST)
  • 日本で売上の多かった地域順:世田谷区、横浜市、大阪市、名古屋市、港区(降順)
  • 日本のカート平均価格:11,152円 ※前年の平均11,090円から増加
  • 日本での取引のうち、81%はモバイル上(前年80%)、19%はパソコン上(前年20%)で行われた。
  • 人気商品カテゴリー順:アパレル&アクセサリー、ホーム&ガーデン、健康・美容グッズ、電化製品、食料品・飲料
  • 海外からの注文は日本の総注文数の7%
  • 国際間取引における人気商品カテゴリー順:アパレル&アクセサリー、ホーム&ガーデン、おもちゃ&ゲーム
  • 日本のマーチャントのPOS売上は、2020年のBFCMと比べ198%成長。
*ShopifyのBFCM2021のデータは11月25日(木)11:00 AM(UTC)から11月30日(月)8:00 AM(UTC)までの間、世界175カ国に及ぶ、170万以上のマーチャントの売上に基づいています。

ここに記載されている全てのデータ(全世界の売上を含む)は概算であり、さまざまな仮定に基づいています。また、データは未監査であり、修正される可能性があります。数値は全て米ドルで表示されています。

日本円は1ドル=113.98円で換算(2021年12月1日時点)

<Shopifyについて>
Shopify(ショッピファイ)は、コマースに不可欠なインターネットインフラを提供するトップクラスのプロバイダーであり、あらゆる規模の小売ビジネスの立ち上げ、成長、マーケティング、運営を一括で管理できる信頼性の高いソリューションを提供しています。Shopifyは、信頼性を重視した設計のプラットフォームとサービスによって、すべての人のためにコマースをより良くし、あらゆる場所にいる消費者に優れたショッピング体験を提供しています。
カナダのオタワで設立されたShopifyは、個人事業主から中小企業、大手企業など、現在まで175カ国以上で170万以上の事業者(マーチャント)をサポートしており、国内ではKINTO(キントー)、ORION BEER(オリオンビール)、STUDIO R330(ステュディオ アール スリーサーティー)、sakana bacca(サカナバッカ)、Elmers Green(エルマーズグリーン)、Tabio(タビオ)、海外ではAllbirds(オールバーズ)、Staples(ステープルズ)など、多くのブランドに利用されています。
詳細については、www.shopify.jp をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Shopify Japan 株式会社 >
  3. ブラックフライデー・サイバーマンデーに全世界でShopifyを利用する事業者の流通総額が過去最高となる63億ドル(約7,140億円)を達成