マセラティ MC20 第27回グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでパフォーマンスを初披露

 ロンドン発 - 第27回グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、MC20がスーパーカー・ヒルクライムに参加し、そのパフォーマンスを披露しました。

7月8日から11日までの4日間、ウェスト・サセックス州のグッドウッドで開催されるイベントのひとつのハイライトとして、マセラティMC20が1.16マイルのコースでその性能を公開しました。

MC20は、最高速度325km/hを誇るブランド初のミッドシップ2シータースーパースポーツカーであり、カーボンファイバー製モノコックを採用し、総重量はわずか1,500kgです。F1由来のテクノロジーであるプレチャンバー機構を備えたパワフルなエンジンとの組み合わせにより、優れたパワーウェイトレシオを実現し、0-100km/h加速2.8秒という驚異的な数値を達成しました。スーパーカーのパドックでは、MC20とともにマセラティ製のネットゥーノエンジンが展示されています。

また同イベントにおいては、最高出力580bhpのV8エンジンを搭載し、0-100km/h加速4.3秒を誇るスポーツサルーン「ギブリ トロフェオ」が、「First Glance」クラスの車両に与えられたタイムトライアルに参加しました。

フェスティバル期間中、MC20とギブリ トロフェオは、1日2回開催されるヒルクライムでの注目のモデルとなります。そしてMC20とギブリ トロフェオは、それぞれのスーパーカーパドックとファースト・グランス・パドックにも展示されています。

Maserati S.p.A.
マセラティは、並外れた個性で全車種において一目で認識される唯一無二の車を生産しています。マセラティは、そのスタイル、テクノロジー、そして、もって生まれた高級感により、高度な要求をする目の肥えた人々を魅了し、常に世界の自動車業界のベンチマークとなってきました。成功を収めた車の伝統は、デザイン、パフォーマンス、快適さ、優雅さ、安全性のそれぞれの観点からイタリアのスポーツカーを再定義し、現在70か国以上の市場で販売されています。現在のラインアップは、旗艦車のクアトロポルテ、スポーツセダンのギブリ、そしてマセラティ初のSUVレヴァンテであり、すべてのモデルに最高品質素材の使用し、卓越した技術を兼ね備えていることが特徴です。ギブリとレヴァンテには、トライデントブランド初の電気自動車であるハイブリッドバージョンも用意されています。V6とV8のガソリンエンジン、4気筒のハイブリッドエンジンを搭載し、後輪駆動と4輪駆動を備える充実したラインアップとなっています。パワフルな580ps V8エンジンを搭載した、ギブリ、クアトロポルテ、レヴァンテで構成されるトロフェオコレクションは、性能面においてトライデントブランドのDNAをさらに体現しています。最高級のスーパースポーツカーMC20は、革新的なネットゥーノV6エンジンを搭載し、標準生産車のパワーユニットとして初めてF1由来のテクノロジーを採用しています。現在、マセラティ製品は3つの工場で生産されています。ギブリとクアトロポルテはグルグリアスコ(トリノ)にあるアヴォカート ジョバンニ アニエリ工場(AGAP)で、レヴァンテはトリノのミラフィオーリ工場にて。MC20は、モデナの歴史的なヴィアーレ チロメノッティ工場で生産されています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マセラティ ジャパン株式会社 >
  3. マセラティ MC20 第27回グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでパフォーマンスを初披露