海外トップアクセラレーター6社が全国8拠点都市から選定された日本のスタートアップ109社を集中支援!

北海道から九州まで地域横断的に、6つの専門コースを展開するのはジェトロ初の取り組み。

日本貿易振興機構(ジェトロ)は、本年10月下旬から来年3月にかけて、内閣府「スタートアップ・エコシステム形成推進事業」拠点都市8カ所のスタートアップを対象とした「スタートアップシティ・アクセラレーションプログラム」を実施します。
本プログラムは、世界トップレベルのアクセラレーター6社とジェトロが提携し、日本のスタートアップのグローバル展開を後押しするとともに、日本の地方エコシステムをより一層活性化させることを目的としています。参加費は無料。プログラム参加スタートアップは、ビジネスモデル構築のためのメンタリングや、海外投資家・ビジネスパートナーとのネットワーキング・マッチングなどの機会を得ることができます。今年2月のトライアル実施から本格実施へ移行し、参加対象地域・企業数・プログラムコースを拡充しました。

全6コースの参加企業が確定
「スタートアップ・エコシステム形成推進事業」拠点都市8カ所のスタートアップを対象に公募した結果、140社以上の応募の中から、本アクセラレーションプログラム全6コースに参加するスタートアップ109社が確定しました。
参加企業一覧:https://www.jetro.go.jp/ext_images/_News/releases/2021/af727f3ff68fbc5e/ichiran.pdf

アクセラレーションプログラム概要
参加企業は、アクセラレーターの実施するアクセラレーションプログラムに参加し、事業構想策定、プロモーション活動に係る支援等を受け、海外投資家等に対するDEMO DAYを通じ、海外市場展開、ネット―ワークの構築等を目指します。

■形式:オンライン(予定)※一部リアルの可能性あり
■プログラム目的​
・Global Scale:販路開拓、事業提携、資金調達
・Global Preparation:グローバル展開の基礎知識の習得、海外市場展開意欲向上
■プログラム内容(コース毎異なります)
・講義セッション
・マインドセット、コミュニケーション、戦略立案、人材獲得、資金調達・ファイナンス、マーケティング等に関する座学セッション・ワークショップ
・1on1メンタリング
・ネットワーキング
・投資家・海外企業に向けたDemo Day 等
■参加対象企業(各コース選考あり)
参考:https://www8.cao.go.jp/cstp/openinnovation/ecosystem/index.html
・スタートアップ・エコシステム東京コンソーシアム (東京都、川崎市、横浜市、和光市、つくば市、茨城県等)
・Central Japan Startup Ecosystem Consortium (愛知県、名古屋市、浜松市等)
・大阪・京都・ひょうご神戸コンソーシアム(大阪市、京都市、神戸市等)
・福岡スタートアップ・コンソーシアム(福岡市等)
・札幌・北海道スタートアップ・エコシステム推進協議会 (札幌市等)
・仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会 (仙台市等)
・広島地域イノベーション戦略推進会議 (広島県等)
・北九州市SDGsスタートアップエコシステムコンソーシアム (北九州市等)

コース・アクセラレーター概要:https://www.jetro.go.jp/ext_images/_News/releases/2021/af727f3ff68fbc5e/overview.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジェトロ・スタートアップ支援課 >
  3. 海外トップアクセラレーター6社が全国8拠点都市から選定された日本のスタートアップ109社を集中支援!