中学生以下のトップ選手たちによるサッカーオールスター戦「メニコンカップ2018」 を開催いたします。-特別ゲストに、松木安太郎氏を起用-

株式会社メニコン(本社:名古屋市中区、代表執行役社長:田中英成)は、2018年9月9日(日)、パロマ瑞穂ラグビー場(名古屋市瑞穂区山下通5-1)にて開催される「メニコンカップ2018 日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)」に特別協賛いたします。

メニコンカップは、U-15 (中学生年代)のオールスター戦として、2018FIFAワールドカップロシアでも活躍した日本代表選手や、数々のJリーガーを輩出した大会です。第24回を迎える今回は、特別ゲストに元日本代表でサッカー解説者の松木安太郎氏を起用。
Twitter、ニコニコ生放送、YouTube Liveでの完全生中継も実施します。

メニコンでは、「より良い視力の提供を通じて、広く社会に貢献する。」を企業スローガンとしています。サッカーは「アイコンタクト」という言葉があるように、「眼で戦うスポーツ」と言われるくらい、眼(視覚)が重要な役割を果たしています。
そこで、スポーツを通して生まれる素晴らしい感動を多くの方と共有するとともに、サッカー選手を目指す少年たちの夢を応援したいという考えのもと、1995年の第1回大会より「メニコンカップ」への特別協賛を行っています。また本大会を通じて、子どもたちに夢に向かって挑戦することの大切さを届けていきたいと考えています。

■   中学生年代のサッカーで、日本一の集客数を誇る試合
メニコンカップは、中学生年代のサッカーの試合の中で、日本一の集客数を誇ります。昨年のメニコンカップ2017では8,397名にご来場いただきました。またWEB視聴者として、のべ総視聴者数は、247,074人(大会終了時点での視聴者数)にのぼりました。

■   過去出場選手には、槙野智章選手・山口蛍選手・宇佐美貴史選手など2018FIFAワールドカップロシアにも出場した日本代表選手も多数
メニコンカップの過去出場選手には、槙野智章選手(浦和レッドダイヤモンズ)・山口蛍選手(セレッソ大阪)・宇佐美貴史選手(デュッセルドルフ)をはじめとして、2018FIFAワールドカップロシアにも出場した多くの日本代表選手がいます。過去出場選手のうち、Jリーグでは138名、海外クラブで13名もの選手が活躍しております。(2018年4月, JCY調べ)。
メニコンカップ2018も、本大会をステップに成長を遂げる選手が輩出されることが、期待されます。

■   特別ゲストに、サッカー解説者「松木安太郎」氏を起用
大会を盛り上げて頂く特別ゲストとして、サッカー解説者であり、バラエティ番組やコメンテーターなどマルチに活躍されている松木安太郎氏を起用。大会当日は、メニコンカップのイベントへ出演のほか、WEB中継でも解説者としてご参加いただきます。

■   Twitter、ニコニコ生放送、YouTube Liveでの同時完全生中継
メニコンカップでは、前回大会に引き続き、Twitter、ニコニコ生放送、YouTube Liveでの完全生中継を実施。解説を行っていただく松木安太郎氏の、わかりやすく面白い解説でWEB中継を盛り上げます。今年も多くの方がWEBを通じ、メニコンカップを観戦することが可能です。

■   名古屋グランパスジュニアサッカースクールを同時開催
メニコンカップ2018の試合前には、将来サッカー選手を目指す幼児(年長)・小学生を対象にしたジュニアサッカースクールを開催いたします。名古屋グランパススクールコーチを迎え、プロの目線から次世代のサッカー選手の育成を行います。

■   盛りだくさんの当日イベントを用意
松木安太郎氏も参加し、ピッチからスタンドに来場記念品を投げ入れる「記念品トス」、ハーフタイムには東邦学園オフィシャルバンド「TOHO MARCHING BAND」によるマーチング演奏他、キックオフ前にもイベントが多数開催されます。詳しくは、大会HPをご覧ください。
URL:http://www.menicon.co.jp/company/culture/cup/

①  メニコンカップ2018 大会概要

■大会名称 メニコンカップ2018 日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)
■会場 パロマ瑞穂ラグビー場(名古屋市瑞穂区山下通5-1)
■主催 公益財団法人 日本サッカー協会、一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟、中日新聞社
■主管 公益財団法人 愛知県サッカー協会、名古屋サッカー協会
■後援 公益社団法人日本プロサッカーリーグ、愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、全国新聞社事業協議会
■特別協賛 株式会社メニコン
■協賛 プーマ®/株式会社モルテン/サントリービバレッジソリューション株式会社
■協力 ANA/名古屋グランパス
■開催日時 2018年9 月9 日(日)/キックオフ13:00 予定
■対戦 EAST vs WEST
■試合形式 前後半40 分ハーフ/延長なし、同点の場合PK
■入場料 大人500 円/小中学生300 円 (前売り・当日料金同じ)
※チケットは7月14日(土)より発売(問い合わせ先:チケットぴあ 0570-02-9999)
■参加選手 「第33回日本クラブユースサッカー選手権大会(U-15)」および「JCY インターシティカップ(U-15)EAST」、「JCYインターシティカップ(U-15)WEST」の出場チームの中から優秀選手を選考、所属クラブ所在地により選手を東西に分け、メニコンカップ出場チームを編成する。
●東西の地域分け(予定)
<EAST>北海道、東北、関東、北信越各地域
<WEST>東海、関西、中国、四国、九州各地域
●選手出場資格
公益財団法人日本サッカー協会に第3種登録し、なお且つ一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟
に加盟するチームに所属する選手で、次の条件を満たすもの
・他のクラブチーム及び中学校サッカー部などに二重登録されていないこと
・2003年4月2日から2006年4月1日までの出生者を対象とする。
●選手選出日
8月24日(金)第33回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会決勝戦終了後
■その他 「メニコンカップ2018 名古屋グランパスジュニアサッカースクール」を試合前に開催

②  名古屋グランパスジュニアサッカースクール 概要
◆日 時 2018年9月9日(日) 10:30~11:45 予定
◆会 場 パロマ瑞穂ラグビー場(名古屋市瑞穂区山下通5-1)
◆講 師 名古屋グランパススクールコーチ
◆参加対象 幼児(年長)、小学生
◆内 容 サッカーの楽しさや基本技術の理解を目的とし、カテゴリー別に指導を行う
カテゴリー:①幼児 ②低学年男子 ③高学年男子 ④低学年女子 ⑤高学年女子 ⑥初心者
◆参加人数 120 名
※応募者多数の場合は抽選により、参加証を送付いたします。
※フラッグベアラーを同時に募集します。
※当日は午前10 時よりパロマ瑞穂ラグビー場正面1階にて受付。(同伴者も正面スタンド入場可能)
※参加者は各自運動できる服装・スポーツシューズ・サッカーボール・水筒などを用意。

<申込・問い合せ先>
◆応募方法
メニコンカップ公式HPの応募フォームから申し込み。
住所、氏名(ふりがな)、年齢、学年、性別、電話番号、サッカー歴(初心者はなしと記入)を記入。
◆応募期間 7月6日(金)~8月16日(木)
◆特典 講師陣と参加者の合同写真撮影を実施する。
◆ジュニアサッカースクールに関するお問い合わせ
中日新聞社スポーツ事業部 TEL:052-211-4420 (担当:田中・鏡味)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メニコン >
  3. 中学生以下のトップ選手たちによるサッカーオールスター戦「メニコンカップ2018」 を開催いたします。-特別ゲストに、松木安太郎氏を起用-