日本で回収された使用済みカプセルコーヒーから生まれ変わったプロダクトを初披露「ネスプレッソ サステイナビリティプロジェクト」プレス発表会 2022年に向けて玉木宏さんが小さなサステイナビリティを宣言!

循環型ビジネスモデルの新たな一歩が実現!

カプセルコーヒー、専用コーヒーメーカー、トータルサービスによる“至福のコーヒー体験”を提供するこだわりのコーヒーブランド「NESPRESSO(ネスプレッソ)」(ネスレネスプレッソ株式会社 本社:東京都品川区、代表取締役社長 ピエール・デュバイル)は、独自のリサイクルプログラム『ネスプレッソ リサイクルプログラム』を2020年8月から始動。この度、日本で回収した使用済みカプセルコーヒーのコーヒーかすとアルミニウムをリサイクルして完成した培養土と再生アルミニウムコースターの初披露を記念して、11月30日(火)に「ネスプレッソ サステイナビリティプロジェクト」プレス発表会をザ・リッツ・カールトン東京にて開催しました。

本発表会の第一部には、かねてから日本のアンバサダーを務める俳優・玉木 宏さんをゲストにお迎えしトークセッションを行いました。普段からリサイクルナイロン使用の衣類を選んだり、身近なものでも再生利用している品を選択していると語った玉木さん。ネスプレッソの森の恵みへの感謝を込めて生まれた冬期限定コーヒーを片手に、森林保護やリサイクルについて話を展開しました。自然に対する想いについて聞かれた玉木さんは、「自然が大好きなので、今見ている景色はずっと残っていてほしいと思います。また、自分の好きな場所は子どもが大きくなった時に見せたい、という思いがあるので、父親になったことでよりサステイナビリティへの想いが強くなりました。」と語って頂きました。さらに、使用済カプセルをリサイクルバッグに入れることから始まる一連のリサイクルプログラムを体験。完成した培養土やコースターを見て「コースターは作りがしっかりとしていて驚きました。消費者の方の温かさを感じましたし、コーヒーブレイクの際に使用したいと思います。」と感想を述べました。最後に、小さな1歩1歩が大きな力になるというネスプレッソの想いを受け、2022年に向けて『足るを知る』という言葉を掲げ、「現状に満足し、必要以上の贅沢をしすぎないようにしたいと思います。また、今後もリサイクルやサステイナビリティを考えながら生活していきたいです。」とご自身でできる「小さなサステイナブル宣言」をいただきました。

発表会冒頭に登壇した、ピエール・デュバイル代表取締役社長は、グローバルで展開しているサステイナビリティプロジェクトである、『AAAサステイナブル・クオリティ(持続可能性)TMプログラム』についてプレゼンテーションを行いました。

ブランドコミュニケーションマネージャー 中岡 美智子からは、日本における『リサイクルプログラム』についてプレゼンテーションを実施。サービスを開始してから1年で約230t以上のカプセルコーヒーが回収されリサイクルされていることの発表や、今回日本で回収されたコーヒーカプセルから生まれた、初のリサイクルプロダクトとなった培養土と再生アルミニウムコースターをお披露目しました。
(※コースターは非売品です。)

また、日本でのネスプレッソ リサイクルプログラム1周年を記念したキャンペーン 「#おいしさをつなごう キャンペーン」は本日11月30日(火)から12月20日(月)まで実施します。

<開催概要>
日時: 2021年11月30日(火)
   第1部:12:00~13:00 
     第2部:15:00~16:00

場所:ザ・リッツ・カールトン東京(港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン GRAND BALLROOM)

登壇者:
第1部・第2部共通
ネスレネスプレッソ株式会社 代表取締役社長 ピエール・デュバイル
ネスレネスプレッソ株式会社 ブランドコミュニケーションマネージャー 中岡 美智子
 第1部のみ
俳優 玉木 宏さん
 第2部のみ
NARISAWA 成澤 由浩シェフ、ネスレネスプレッソ株式会社 ネスプレッソ コーヒーアンバサダー 上野 里佳


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ネスレネスプレッソ株式会社 >
  3. 日本で回収された使用済みカプセルコーヒーから生まれ変わったプロダクトを初披露「ネスプレッソ サステイナビリティプロジェクト」プレス発表会 2022年に向けて玉木宏さんが小さなサステイナビリティを宣言!