仕事への満足が最も高いのは「九州・沖縄エリア」に住むITエンジニア 現場で評価されるには「技術力」より「コミュニケーション力」!? PE-BANKによるエンジニアの仕事に関する実態調査2019

 ITエンジニアの新しい働き方を提案する株式会社PE-BANK(東京都港区/代表取締役・櫻井 多佳子/以下、PE-BANK)は、この度、エンジニアとして働く全国の20代~60代を中心に、自身の仕事と働き方に関するインターネット調査を実施いたしました。以下、その調査結果をご紹介いたします。

<TOPICS>
1. 自分の仕事に最も満足しているのは「エージェントを活用するフリーランス」
2. 1位は「九州・沖縄」に住むITエンジニア!エリア別仕事の満足度ランキング
3. 現場で評価されるのは「技術力」より「コミュニケーション能力」の高いエンジニア!?
4. ITエンジニアが頻繁に利用するメディアは未だ「テレビ」が主流
5. 独立に踏み切れないのは、そもそも「方法がわからない」から!?

 

<考察>
 仕事への満足度を就業形態別に見ると、「エージェントを利用しているフリーランス」が最も仕事に対する満足度が高いことが明らかになった。エージェントを利用することで、会社員やエージェントを介さずに仕事を得ているフリーランスよりも、仕事の選択やプライベートとの調整がしやすく、満足度に繋がっていることが考えられる。また居住エリア別に見てみると、「九州・沖縄」が1位となり、約70%の満足度となった。
現場で評価されているエンジニアの特徴を聞くと「コミュニケーション能力が高い」「リーダーシップがある」が挙げられた。ITエンジニアとしての技術力ももちろん重要だが、対人スキルなど人間力の高さが、現場での活躍に大きく影響することが読み取れる。

 週1回以上利用しているメディアを聞くと、約9割がテレビを利用していると回答した。エンジニアはコンピューターに向き合う時間が長く、世の中の流れとしてもインターネットで情報収集する機会が増えているが、やはり身近なメディアは未だにテレビであることが明らかになった。
フリーランスという働き方が普及し始めている現代において、安定性や収入への不安も足かせとなっているが、独立と転職の両方を考えるエンジニアには「そもそも方法がわからない」と回答する人も多く見られた。フリーランスになることに対するイメージが漠然で一歩踏み出せない人が多いため、具合的な方向性を示し、支援するエージェントの存在の必要性が浮き彫りとなっている。

<調査概要>
調査方法 : インターネットによるアンケート調査
調査対象 : エンジニアとして活躍する全国の20代~60代
有効回答数: 864人
※設問毎の有効回答数については、各設問ページのN数を参照ください。
調査実施日: 2019年3月
調査主体 : 株式会社PE-BANK調べ

自分の仕事に最も満足しているのは「エージェントを活用するフリーランス」
現在の仕事に対する総合満足度を聞いたところ、もっとも高かったのはエージェントを利用しているフリーランスで、51%となった。エージェントを介することで、プライベートとの両立や仕事内容など重要視する項目を踏まえて仕事を選びやすいことから満足度が上がったと考えられる。

2位以降は独立を検討している会社員が49%、エージェントを利用していないフリーランスが46%と続いている。これから独立しようと考えている会社員の満足度は約50%と高く、転職を考えている会社員の約2倍となっている。

Q.現在の仕事に対する満足度を%で教えて下さい(N=864)


1位は「九州・沖縄」エリアのITエンジニア!エリア別仕事の満足度TOP5
Q.現在の仕事に対する満足度を%で教えて下さい(N=864)

現在の仕事に対する総合満足度を居住エリア別に見てみると、最も高かったのが「九州・沖縄」エリアで66%という結果に。約70%と高い満足度を現在の仕事に対して示した。
3位以降はやや差が開き、 41%で北海道、東北、中部の3エリアがランクインした。
最も満足度が低かったのが中国地方で、3割にも満たない数値となっている。

現場で評価されるのは「技術力」より「コミュニケーション能力」の高いエンジニア!?
「現場で評価されているエンジニアの特徴」を聞いたところ、最も多く挙げられたのは「コミュニケーションが高い(34.3%)」だった。2位には「リーダーシップがある(31.3%)」と続き、対人スキルの高さが評価に繋がっていることが明らかとなった。また、4位、5位には「決断力」や「マネジメント力」がランクインしており、プロジェクトを進行するのに必要な力も評価項目として重視されていることが垣間見えた。

知識や経験、スキルの豊富さももちろん重要だが、それ以上にエンジニア本人の人間力を問うような力が評価のカギをなっていることが考えられる。

Q. ITエンジニアとして現場で評価されている人の特徴を教えて下さい(N=864)(複数回答)


ITエンジニアが頻繁に利用するメディアは未だ「テレビ」が主流
週1回以上利用するメディアを聞いたところ、約9割がテレビをリアルタイムで利用していると回答した。テレビ離れが叫ばれている中で、ITエンジニアにとってまだまだテレビは重要なメディアであることが伺える。そして2位には72.6%でニュースサイトがランクインした。利用の手軽さから約7割が週1回以上触れているという結果になっている。

また、マスメディアの他に、LINE(59.5%)やTwitter(38.6%)、Facebook(33.9%)なども上位に入ってきており、SNSも積極的に活用していることが明らかとなった。

Q.週1回以上利用するメディアを教えてください(N=864)(複数回答)


■独立に踏み切れないのは、そもそも「方法がわからない」から!?
Q.独立していない理由は何ですか(複数回答)

        (n=51)

        (n=175)

独立のみを検討していると回答した会社員に、なぜ独立をしていないのかを聞いたところ、収入の安定性やスキル不足への不安を答える人が上位を占めた。また、将来への不安も理由として挙げられている。
一方で独立と転職両方を考えている会社員に関しては、「独立の方法がわからない」という理由が1位に。次のステージに進むにあたり、そもそも自分が何をすべきか見えていないという知識不足から踏み切れていないことが考えられる。

株式会社PE-BANK 会社概要

会社名  :株式会社PE-BANK
代表者  :代表取締役社長 櫻井 多佳子
本社所在地:東京都港区高輪2丁目15番8号 グレイスビル泉岳寺前
設立年月日:1989年5月1日(協同組合として)
資本金  :3億1,295万円
URL   :https://pe-bank.co.jp(コーポレートサイト) 
      https://pe-bank.jp (サービスサイト)
事業内容 :ITフリーランスのブランド化プラットフォーム事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社PEーBANK >
  3. 仕事への満足が最も高いのは「九州・沖縄エリア」に住むITエンジニア 現場で評価されるには「技術力」より「コミュニケーション力」!? PE-BANKによるエンジニアの仕事に関する実態調査2019