「東京エディション銀座」2021年開業に向けて着工

ハイブランドショップが集積する「銀座二丁目交差点」近接、銀座初となる最高級ラグジュアリーライフスタイルホテルブランド

森トラスト株式会社(本社:東京都港区 社長:伊達 美和子)は、銀座二丁目で計画を進めている「東京エディション銀座」(2019年6月28日着工)について、本日2019年7月11日に、当社社長の伊達美和子、東京エディションの統括総支配人クリスティアーノ・リナルディ氏、建築家の隈研吾氏が出席して地鎮祭を執り行いましたので、お知らせいたします。

 

外観(イメージ)外観(イメージ)

マリオット・インターナショナルにおける最高級グレードのホテルブランド「EDITION」は、マリオット・インターナショナルと世界的なホテリエであるイアン・シュレーガー氏とのコラボレーションによって生まれた、上質なラグジュアリースタイルとライフスタイル型のホテルを融合させた、世界が注目する最先端のホテルブランドです。

この度着工した「東京エディション銀座」は、「東京エディション虎ノ門」(2020年開業予定、「東京ワールドゲート」内)に続き、2021年の開業を予定しています。虎ノ門と銀座に誕生する2つの「EDITION」のデザイナーには、日本を代表する建築家である隈研吾氏を起用しています。

「東京エディション銀座」は、周辺の世界的ハイブランドの顧客層と親和性が高く、2020年東京五輪後に誕生する新たな滞在拠点として、トレンドセッターや富裕層をはじめとした世界の旅行者を呼び込み、銀座エリアの持続的な発展に貢献することを目指しています。

森トラストグループは、今後もそれぞれの土地にふさわしいホテル開発を通じて、日本各地の魅力を磨き、エリアの方々とともに世界に向けて日本を発信していくことで、更なる日本の観光先進国化、地方創生に貢献してまいります。


■東京エディション銀座 計画概要
所在地:東京都中央区銀座2-3-13他(地番)
敷地面積:663.91㎡
延床面積:約7,323㎡
階数:地上14階、地下1階
主要用途:ホテル
客室数:約80室(Suite Room含む)
付帯施設:レストラン、ロビーバー、ルーフトップバー、フィットネス
開業予定:2021年 春~夏
設計:隈研吾建築都市設計事務所・安藤ハザマ設計共同企業体
施工:株式会社安藤・間 東京支店

※今後の行政との協議により、変更する可能性があります。

ルーフトップバー(イメージ)ルーフトップバー(イメージ)



■地鎮祭出席者コメント
森トラスト株式会社 代表取締役社長  伊達 美和子
世界各地のホテルを巡った中で、多くのトレンドセッターを魅了するエディションの世界観をぜひ日本に紹介したいと考え、構想を練ってまいりました。日本を代表する商業地・銀座の中でも、特に世界的ハイブランドが集積するエリアにご縁をいただき、無事に「東京エディション銀座」の着工を迎えられたことを大変嬉しく思います。
銀座の持つ歴史や粋な文化と、未来のトレンドを先取りして世界で支持されている当ホテルが交わることで、2020年東京五輪後もさらに魅力溢れ、輝きに満ちた銀座の新たな価値形成の一助になることを期待しています。

東京エディション虎ノ門・東京エディション銀座 統括総支配人  クリスティアーノ・リナルディ氏
2021年、日本の商業の中心地・銀座での新たなエディションホテル誕生に向けて、統括総支配人として尽力できることを大変嬉しく感じます。
銀座における重要なプロジェクトをまとめる森トラストと、世界で高い評価を受ける建築家の隈研吾氏と協力し、東京・銀座にふさわしい形にカスタマイズされた、唯一無二で独創性あふれるエディションならではの滞在体験をお届けできることを心待ちにしております。

東京大学教授  隈 研吾氏
銀座は東京の先端でありながら江戸時代の町割りが残る貴重な場所です。世界のカッティングエッジと日本の伝統文化が織りなす街です。様々な都市の機能が重なり合い、「織」られる街でもあります。この「織り」というキーワードにインスピレーションを得た建築を、ヒューマンスケールでウォーカブルな銀座という街にデザインしました。
銀座をつむぎ、世界とつながる。「東京エディション銀座」が銀座の新しいランドマークとして誕生するのを楽しみにしています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森トラスト株式会社 >
  3. 「東京エディション銀座」2021年開業に向けて着工