営業活動のDX化を背景にSaaS型営業支援クラウドサービスLeadle(リードル)の需要が拡大 ~ 利用社数180社、リード獲得に利用可能なデータ数が1億件を突破 ~

株式会社キャリアインデックス(本社:東京都港区、 代表取締役社長:板倉 広高)が提供するSaaS型営業支援クラウドサービス「Leadle(リードル)」の需要が拡大し、利用社数が180社となりました。合わせて、HR業界のリード(見込み客)獲得に利用可能なデータ数(累積求人情報件数)が1億件を突破しました。※2021年4月7日現在

キャリアインデックスでは、事業ポートフォリオの変革の一環として、SaaS型ビジネスモデルへの投資の拡大を実施してまいりました。さらにLeadleおいては、昨今の営業効率を高める企業のDX化ニーズを受け、HR業界を中心に見込み顧客を獲得するための活動(リードジェネレーション)を強力にサポートしてまいりました。

こうした状況において、Leadleは、昨年末から販売体制を強化し、利用社数を急激に伸ばしています。また、利用可能なデータ数も拡大し続けており、今回、データ数が1億件を突破しました。これはLeadleを利用する顧客が参照できるデータベースの拡大を示しており、キャリアインデックスが創業以来培ってきたデータが、より大きな価値を提供することが出来るようになったとも言えます。

SaaS型営業支援クラウドサービス「Leadle(リードル)」
https://leadle.io/
 


キャリアインデックスでは、事業ポートフォリオの変革の一環として、人材領域に加え、不動産領域の拡大を図ってまいりましたが、さらにSaaS型ビジネスモデルへの投資を継続し、企業活動のDX化を支援すべくサービスを展開することにより、更なる成長を目指してまいります。どうぞ、ご期待ください。


【SaaS型営業支援クラウドサービスLeadle(リードル)について】

企業データに重点を置いたSaaS 型営業支援クラウドサービスLeadle(リードル)

「現場の営業パーソンがもっと自由に」をキーワードに、創造的に営業活動を行う世界を実現します。「求人広告の出稿確度が高い求人企業の検索・周辺営業先の開拓・出稿プランの作成のための基礎データ利用」といったシーンにおいて、「ターゲットへの確実なアプローチ・動きを無駄にしない営業活動・最適な出稿プランの提案」といったメリットを提供します。

特徴:
・国内最大級のデータ件数:常に最新の求人情報を取り込み、蓄積された見込み客情報を提供。
・独自の名寄せシステム:求人広告の出稿履歴やアプローチ先の企業情報をリスト化し、求人情報データと合わせて解析し提供。
・豊富な検索軸とわかりやすいUI:地図上に、出稿予算を濃淡で色分けされたPIN を表示。
アカウント毎に検索条件・お気に入り保存などカスタマイズ可能。

サービス開始:2018年5月
https://leadle.io/

【株式会社キャリアインデックスについて】
代表者 : 代表取締役社長 板倉 広高
所在地 :〒108-0071 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル6F
設立 : 2005年11月30日
資本金 : 395百万円
主な事業 : インターネットを活用した集客プラットフォームの運営
主なサービス:
 転職情報サイト CAREER INDEX
 アルバイト・派遣情報サイト Lacotto
 ファッション・アパレル業界の転職情報サイト Fashion HR
 SaaS型営業支援クラウドサービスLeadle
 採用企業向けサービス マーケティングソリューション
 賃貸情報サイト DOOR賃貸
 賃貸情報サイト キャッシュバック賃貸
市場 :東京証券取引所市場第一部
証券コード : 6538

【本件に関するお問い合わせ先】
部署: 株式会社キャリアインデックス社長室
E-mail: pr@careerindex.jp



 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キャリアインデックス >
  3. 営業活動のDX化を背景にSaaS型営業支援クラウドサービスLeadle(リードル)の需要が拡大 ~ 利用社数180社、リード獲得に利用可能なデータ数が1億件を突破 ~