現役自民党議員が推薦!三橋貴明著「自民党の消滅」を5月14日(木)に電子書籍で先行配信!

㈱ベストセラーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役:⼩川真輔) は5⽉14⽇(木)に経世論研究所所長・三橋貴明の著書「自民党の消滅」の電子書籍を先行配信致します。

新型コロナ危機への対応や検事長定年延長問題を巡り、安倍政権への批判が高まっています。どの施策も透明性とスピードに欠け、もはや機能不全とも言える今日の状況はどのようにして出来上がったのか? 本書では自民党誕生からの変遷を追い、現在に至る過程を解説。その背景にある国民意識も踏まえながら党の全貌を伝えます。表紙の推薦文は自民党所属の現役衆議院議員である安藤裕氏が執筆。再燃する森友学園問題などに大きく揺れる、自民党の未来を問う一冊です。

【目次】
第1章 亡国の政党 ・一つ目の衝撃 ・二つ目の衝撃 ・55年体制 ・迫りくるグローバリズム ・最悪の政府三冠王 ・安倍総理の器
第2章 個人の権利 ・ロビンソン・クルーソーの権利 ・FREEDOMとLIBERTY ・権利と自由 ・万人の万人に対する闘争 ・国家と戦争 ・人権と抵抗権、革命権、自然権
第3章 民主制の成立 ・生存の共同体 ・安全保障の共同体 ・統治における三つの利益 ・民主制という政治形態 ・民主制の弱点
第4章 民主制と国家 ・民主制とナショナリズム ・ブレグジット ・連合王国とスコットランド ・独裁制と民主制 ・国家の喪失
第5章 自民党の消滅 ・文明のマトリクス ・日本の建国 ・記憶喪失の民 ・権威と権力 ・天皇と民主制 ・五十五年体制の崩壊 ・財政とナショナリズム ・自民党の消滅
 

【DATA】5⽉14⽇(木)電子書籍の先行配信開始(予約は13日より)、紙書籍は6月26日(金)発売予定・本体価格1600円(税抜)・四六判・328ページ・ISBN:978-4584139684【Amazon】https://www.amazon.co.jp/dp/4584139684

【著者プロフィール】三橋貴明(みつはし・たかあき)
1969年熊本県生まれ。経世論研究所所長。東京都立大学経済学部卒業。2007年、インターネットの公開データの詳細な分析によって、当時好調だった韓国経済の脆弱さを指摘し、大反響を呼ぶ。これが『本当はヤバイ! 韓国経済』(彩図社)として書籍化され、ベストセラーとなる。その後も話題作を発表し続けると同時に、雑誌への寄稿、各種メディアへの出演、全国各地での講演会などで注目を集めている。

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. KKベストセラーズ >
  3. 現役自民党議員が推薦!三橋貴明著「自民党の消滅」を5月14日(木)に電子書籍で先行配信!