【ジェイ・エス・ビーの高齢化社会における空き家の利活用】ハウスドゥグループとの業務提携により、ご自宅の売却・利活用を強化

~活力ある地域の維持・実現を目指して3月1日よりサービス開始~

 UniLife(ユニライフ)のブランドで全国の学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行う株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:近藤 雅彦 以下、当社)は、不動産事業を全国で展開するハウスドゥグループの株式会社ピーエムドゥと業務提携を行い、高齢者の住まいを対象に、ご自宅の売却・利活用の支援を3月1日より開始します。これを以て、急速に進む高齢化社会で増加する空き家問題の解決を推進し、活力ある地域の維持・実現を目指してまいります。

 当社は、高齢者住宅事業の事業コンセプト「地域課題を解決するプラットフォーム」に共感いただいた損害保険ジャパン株式会社と2月22日に共創に関する連携協定の覚書を締結、同社のネットワークも活用しながら、プラットフォームを構成するエコシステムの強化に着手しました。今回の提携は、その第一弾となります。

【背景】
 当社グループは関西を中心に全国14棟の高齢者住宅(以下、「当社高齢者住宅」)を運営しています。当社はこれまで、当社高齢者住宅への入居時に空き家となるご自宅の扱いについて、入居予定者より多くの相談を受けており、売却等の支援をしてまいりました。この度、不動産売買のノウハウと全国 670 店舗を超える不動産販売網を持つハウスドゥグループと業務提携をすることで、当社が従来から取り組んできた空き家問題の解決力を大幅に強化することが可能となりました。

【ご自宅の売却・利活用について】
 当社高齢者住宅に入居いただく際、ご自宅が空き家となりお困りの場合、売却・利活用などお気軽にご相談いただけます。ご自宅の売却・利活用により老後資金の確保を支援し、当社高齢者住宅や他施設等をお探しの際は、当社にてご紹介します。
 また、検討の結果、やはりご自宅での生活継続を望まれる高齢者の方々には、当社グループが従来ご提供している介護リフォームや福祉用具のレンタル事業をご利用いただけます。
 近年、様々な事情により施設等への入居を選択する高齢者が増えています。ご自宅を空き家にすることなく、若年世帯を呼び込むことで、ジェイ・エス・ビーは、地域活力の維持に努めてまいります。

【会社概要】
株式会社ジェイ・エス・ビー
本社所在地:〒600-8415京都府京都市下京区因幡堂町655番地
創業   : 1976年12月
上場   : 東証1部(証券コード3480)
代表   : 代表取締役社長 近藤 雅彦
URL   : https://www.jsb.co.jp/
全国の学生マンション検索サイト: https://unilife.co.jp/
グランメゾン&グランヴィルシリーズ紹介サイト https://grand-maison.jp/

株式会社ピーエムドゥ(株式会社ハウスドゥ連結子会社)
本社所在地:604-8152京都府京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670番地
代表   : 代表取締役社長 冨永 正英
事業   : プロパティマネジメント事業
HP    :https://www.housedo.co.jp/

ジェイ・エス・ビーグループは1976年の創業以来、全国で学生マンションの運営管理を手掛け、現在では北海道から沖縄まで学生向け賃貸仲介店舗「UniLife(ユニライフ)」79店舗を展開、2020年4月時点で73,150室を管理しています。
高齢者住宅事業へは2011年より参入し、高齢者向け住居の企画開発、運営及び紹介事業を行っています。函館、仙台、滋賀、京都、大阪、福岡でサービス付き高齢者向け住宅を中心に14棟を運営しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェイ・エス・ビー >
  3. 【ジェイ・エス・ビーの高齢化社会における空き家の利活用】ハウスドゥグループとの業務提携により、ご自宅の売却・利活用を強化