流行のローコード開発も要注意!バルテスがローコード開発における品質向上支援を開始

ソフトウェアのテスト・品質向上支援に関するサービスを提供するバルテス株式会社(本社:大阪市西区、東京都千代田区、代表取締役社長:田中 真史、以下バルテス)は、ローコード開発における品質向上の支援を2021年7月2日(金)より開始しました。

 
  • ローコード開発の品質保証をサポートする品質向上支援サービス
テレワークやリモート開発を始めとした働き方改革が進むなか、多くの企業や自治体は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によりリモートワークが推進されてDX化の機運が高まっています。

このような環境において、業務システムを内製で開発できることからローコード開発が注目され、ノンエンジニアがスピーディにシステムを構築できるため、コストダウンにも繋がり、多くの企業でローコード開発ツールの導入が進んでいます。

ローコード開発ツールを利用したシステム構築は、コーディングを代替することから、開発期間の短縮や工数の削減ができるといったメリットがあります。一方で、テストに工数をかけられないという理由や、テストの知識やノウハウ不足により十分なテストが行われず、不具合が生じてしまう危険性もあります。そこでバルテスでは、ローコード開発ツールで起こりうる不具合や有識者不足によるトラブルを防ぐために品質向上支援を開始しました。
 
  • ローコード開発における品質向上支援サービス提供開始の背景
開発エンジニアであれば当たり前の「テスト工程」ですが、ノンエンジニアではテスト工程を軽視してしまったり、どういった項目のテストを行えば品質を担保出来るのかが分からず、不具合を生み出すケースも想定されています。

【ローコード開発における課題】
・ローコード/ノーコード開発における品質管理ができていない
・テストケースを毎回0から作り直している
・テスト設計に時間をかけることができない
・バージョンアップを繰り返し、テストケースが肥大化している

ローコード開発には上記のような課題がありますが、そもそもスピーディに最小限の人的リソースで構築することを目的とするため、抜け漏れ無く、効率的にテストを計画する必要があります。そこでこの度、バルテスがこれまでテスト専門企業として培ってきたノウハウをローコード開発に対応させた、品質向上サービスの提供に至りました。今後も、バルテスの企業理念である「品質にコミットし、安心・安全なICT社会の実現に貢献」の実現に向け、サービス開発を進めてまいります。
 
  • バルテス株式会社について
バルテスは、2004年の設立以来、ソフトウェアテストをメインとした品質向上支援サービスを提供しており、年間2,100件以上のプロジェクトを手掛けている本業界のリーディング企業です。特に上流工程における品質コンサルティング及び体系的なテストエンジニアの教育プログラムを強みとしております。また、ソフトウェアテストに関する国際的な資格認定機関である「ISTQB」の最高位ランクである「Global Partner」に日本で初めて認定された企業です。

企業名    :バルテス株式会社
証券コード  :4442(東京証券取引所マザーズ)
代表者    :代表取締役社長 田中 真史
本社所在地  :(大阪本社)大阪市西区阿波座1-3-15 関電不動産西本町ビル8F
        (東京本社)東京都千代田区麹町1-10 麹町広洋ビル3F
設立     :2004年4月19日
資本金    :9,000万円
従業員数   :646名(2021年3月末 グループ4 社計)
事業内容   :ソフトウェアテストサービス、品質コンサルティングサービス、ソフトウェア品質教育サービ
        ス、セキュリティ・脆弱性診断サービス、その他品質評価、品質向上支援サービス
ホームページ :https://www.valtes.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バルテス株式会社 >
  3. 流行のローコード開発も要注意!バルテスがローコード開発における品質向上支援を開始