「36ぷらす3」車両レイアウト公開!

2020年秋に運行を開始する「36ぷらす3」。1992年デビューの787系の面影を残しつつ、コンセプトである「九州のすべてが、ぎゅーっとつまった"走る九州"といえる列車」を体現する、新たな列車として生まれ変わります。

1.車両レイアウト
1号車から3号車までは個室、5号車、6号車は座席タイプの客室となります。3号車は17年ぶりにビュッフェが復活します。4号車はマルチカーとして、車内での体験イベントなどに活用します。

車内レイアウト(完成予想図)車内レイアウト(完成予想図)


〔車両概要〕
1号車 グリーン個室(定員4席、4室)
2号車 グリーン個室(定員6席、3室)、車いす対応座席
3号車 グリーン個室(定員2席、6室)、ビュッフェ
4号車 マルチカー
5号車 グリーン席(30席)
6号車 グリーン席(27席)    
合計103席予定
※販売価格や販売条件は検討中です。決定次第お知らせ致します。

2.車両イメージ

1号車 グリーン個室(定員4人)完成予想図1号車 グリーン個室(定員4人)完成予想図

1号車 グリーン個室(定員4人)
1号車は既存のグリーン個室1室のほか、3室を新設します。新設する個室は、パーテーションの高さを抑え、明るく開放的な空間を目指します。クラシックな雰囲気の落ち着いた色調の車両となります。

3号車 ビュッフェ 完成予想図3号車 ビュッフェ 完成予想図

3号車 ビュッフェ
17年ぶりに復活するビュッフェは、九州の魅力的な飲み物、食べ物を満載して走ります。モダンで近代的なイメージのビュッフェ中央に存在感抜群のカウンターを設置します。

4号車 マルチカー 完成予想図4号車 マルチカー 完成予想図

4号車 マルチカー
マルチカーでは、お客さまの共用スペースとしてくつろぎの時間をご提供するほか、カウンターでタイムリーな賞品や特別な飲料の販売など、ライブ感あるサービスの提供を検討します。また、客室乗務員のご案内により、お客さまと楽しむ体験メニューも検討していきます。
 

「36ぷらす3」でのご旅行イメージ(木曜日)「36ぷらす3」でのご旅行イメージ(木曜日)

【参考】36ぷらす3 概要

■列車名「36ぷらす3」について

世界で36番目に大きい島、九州全県を巡る「36ぷらす3」は、5つのルートに、九州を楽しむ35のエピソードをぎゅーっと詰め込んで、お客さまをお迎えします。
ぜひ全ルート楽しんで、お客さまご自身に"36番目のエピソード"を語っていただきたい-
そんな想いを込めました。
この列車で、驚き、感動、幸せをお届けし、「お客さま、地域の皆さま、私たち」でひとつになって、39(サンキュー!)=「感謝」の輪を広げていきます。

■運行開始 2020年 秋

■コンセプト 「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった"走る九州"といえる列車」

■運行ルート 九州7県をめぐる、新たな運行ルートです。

ルートマップルートマップ

■特設サイト https://www.jrkyushu.co.jp/train/new_d_and_s/


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 九州旅客鉄道株式会社 >
  3. 「36ぷらす3」車両レイアウト公開!