セールスフォース・ドットコム、Eコマースの注文プロセスを管理する「Salesforce Order Management」を日本国内で提供開始

~ショッピングから配送までのエンドツーエンドのコマース体験を提供可能に リアルタイムの更新、簡単な返品、迅速な顧客サービスなど、速くて透明性の高い注文を処理することが可能に~

株式会社セールスフォース・ドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役会長 兼 社長:小出 伸一、以下「セールスフォース・ドットコム」)は、Eコマースの注文プロセス全体をシームレスに接続し自動化する新しいソリューション、「Salesforce Order Management(注文管理)」を本日より日本国内で提供開始いたします。本ソリューションにより、企業はEコマース、フルフィルメント、カスタマーサービスを統合し、顧客が望む手間のかからないショッピング体験を提供することが可能になります。
今日の消費者は、注文後の即日配送や無料返品だけでなく、迅速で簡単なショッピング体験を求めています。注文から配送までの時間はこれまで以上に重要になっています。また、発送日や到着日、現在の配送状況、そして注文の更新、交換、返品の方法など、注文の状況がすべて最新の状態であることを期待しています。

しかしながらこのような体験を提供することは容易ではありません。企業は配送業者やカスタマーサービス、財務システムなど、39以上に及ぶ異なるシステムを、レガシーな注文管理システムに統合する必要があります。このような脆弱な環境では、現代のEコマースのニーズに合わせて拡張することができず、エンドツーエンドのコマース体験を提供することはできません。

Salesforce Order Management(注文管理)の導入
Salesforce Lightningプラットフォームをベースに構築された本ソリューションは、今日のEコマースに求められる規模と体験のニーズに合わせ、顧客を第一に考えて設計されたモダンな注文管理システムです。本ソリューションはSalesforce Commerce Cloudの機能を拡張し、リアルタイムの在庫状況、注文の更新、簡単な返品など、迅速かつ効率的でパーソナライズされた注文処理を可能にします。Salesforce Order Managementは次のような機能を提供します。
 
  • Order Lifecycle Management: ショッピングから出荷、配送までのエンドツーエンドの注文ライフサイクルを管理できます。Order Lifecycle Managementを活用することで、製品の種類、フルフィルメントの拠点、配送業者、分割または部分的な出荷などニーズに基づいて注文を簡単に処理し履行することができます。
  • コマースとサービスの連携:Commerce CloudとService Cloudで各顧客を統合して閲覧でき、あらゆる購入とサービスのやり取りを一元化することで迅速かつパーソナライズされたサービスを提供できます。また、注文状況の確認、キャンセル、返品、交換など、買い物客のセルフサービスオプションも提供可能です。
  • Visual Order Workflows:配送、カスタマーサービス、財務システムなどのプロセスに、すぐに使えるドラッグ&ドロップ式のワークフローを提供します。分岐ロジック、反復ループ、データ更新、外部システムへの呼び出しを完全に備えたVisual Order Workflowsにより、コードではなくクリックでシームレスな注文体験を提供できます。

株式会社セールスフォース・ドットコムの専務執行役員 ジェネラルマネージャ プロダクトセールス担当 兼 韓国リージョン統括、笹 俊文は次のように述べています。
「すべての注文を迅速に処理し、顧客を最新の状態に保ち、サービスを完璧に処理できるようにしたいと多くの企業が考えていますが、従来の注文管理システムではこれを実現するのは困難でした。Salesforce Order Managementにより、企業は柔軟でスケーラブルな受注管理ソリューションを実装し常に顧客の期待に応えることができるようになります。」

Salesforce Commerce Cloud コンサルティングパートナーであり、Commerce Cloudで構築した自社ECのサイトへの「Salesforce Order Management」導入を決定した株式会社ワイヤードビーンズの代表取締役、三輪寛氏は次のように述べています。
「デジタルコマース領域におけるECサイトの開発・保守・運用サービスを提供する当社では、『Salesforce Order Management』により消費者へ提供できるコマース体験が大幅に強化されることを確信しています。革新的で顧客第一の体験を提供できる本ソリューションの可能性に非常に期待しており、当社では自社ECサイトへの導入ノウハウを活かした支援をしてまいります。」

グローバルでCommerce CloudおよびSalesforce Order Managementの導入支援を行うOSF Digitalの代表、Gerard Szatvanyi氏は次のように述べています。
「『Salesforce Order Management』が日本市場で提供開始されることを歓迎いたします。すでにグローバルで本ソリューションの導入支援の豊富な実績を有する当社では、国内でも同様のサポート提供にコミットします。多くの企業が革新的なEコマース体験を消費者に提供できることを支援してまいります。」

「Salesforce Order Management(注文管理)」は、Commerce Cloud コンサルティングパートナーが導入を行います。
 
  • 株式会社アイ・エム・ジェイ
  • 株式会社タンバリン
  • 電通アイソバー株式会社
  • 株式会社フレクト
  • 株式会社ワイヤードビーンズ      (以上、社名五十音順)

完全なコマース体験の再発明
セールスフォース・ドットコムはコマースとサービスの両方で業界をリードしており、毎月 5 億人以上の買い物客が Commerce Cloud を使用し、毎日 7,700 万件の案件を Service Cloud で処理しています。Salesforce Order Managementと組み合わせることで、Salesforceの顧客は、ショッピングからフルフィルメント、顧客サービスに至るまで完全なEコマース体験を提供しながら、規模に応じた運用を行うことができます。

提供開始時期
Salesforce Order Managementは、本日より日本国内で一般提供開始されます。


セールスフォース・ドットコムについて
セールスフォース・ドットコムは、顧客関係管理(CRM)のグローバルリーダーであり、デジタル時代において企業と顧客を近づけるお手伝いをしています。1999年に設立されたセールスフォース・ドットコムは、あらゆる規模と業界の企業がクラウド、モバイル、ソーシャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。
本リリースおよび他のリリースや発表などで言及している今後提供予定のサービスや機能は、現在のところ利用できません。 サービスおよび機能の提供開始日は事前の予告なく延期または中止される可能性があります。セールスフォース・ドットコムのアプリケーションを購入する場合は、現在利用可能な機能を基に、購入の意思決定を行うものとします。 セールスフォース・ドットコムは、本社をサンフランシスコに置き、ヨーロッパならびにアジアでも事業を展開しています。同社は、ニューヨーク証券取引所に上場しており、ティッカーシンボル CRM で取引されています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セールスフォース・ドットコム >
  3. セールスフォース・ドットコム、Eコマースの注文プロセスを管理する「Salesforce Order Management」を日本国内で提供開始