プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

東京センチュリー株式会社
会社概要

電動車の使用済み電池利活用に係る業務提携契約の締結

東京センチュリー株式会社

関西電力株式会社(以下、関西電力)と東京センチュリー株式会社(以下、東京センチュリー)は、本日、電動車(※1)の使用済み電池(以下、リユース電池)を活用した定置型蓄電池事業に係る業務提携契約を締結しました。


本提携では、リユース電池を組み合わせ、これまでにない大規模(※2)な定置型蓄電池を系統用蓄電池(※3)として利用することやビルや工場等のお客さまへご提供することを検討します。2025年度を目途に関西地域に留まらず全国での事業化を目指します。 

東京センチュリーは、グループ会社を通じてオートリース事業を展開し、電動車の普及に注力しています。本協業においては、リース期間が満了した電動車本体などからリユース電池の調達を行うとともに、定置型蓄電池の提供に向けたサービスの検討を担います。
関西電力は、電力事業での知見を活用し、蓄電池関連事業へ参入しており、電力需給の安定化や再生可能エネルギーの導入加速を推進しています。本協業においては、リユース電池を用いた定置型蓄電池の運用サービスの検討を担います。

国内では再生可能エネルギーの導入が進む一方、時間帯や天候等で発電量の変動が大きくなるなど、需給調整力の確保が課題となっています。系統の安定化に不可欠な需給調整力の供出や、発電した電力の有効活用といった観点から、定置型蓄電池の重要性は今後増大していくものと考えられます。
両社は、これらの課題に取り組むとともに、持続可能な循環型社会、ゼロカーボン社会の実現に貢献してまいります。

※1:EVに加え、フォークリフトや電動二輪車を含む
※2:数MWhから数十MWh以上の容量を想定
※3:大型蓄電池を電力系統に接続し、電力の余剰時には蓄電し、不足時には放電することで、電力需給の安定化や再生可能エネルギーの導入加速に寄与することを目指すもの

 

  • 定置型蓄電池事業の実現に向けた協業の概要

<電動車の使用済み電池の利活用イメージ>
 

 

【本件に関するお問い合わせ先】
東京センチュリー 広報IR部
tel 03-5209-6710

【東京センチュリーについて】
東京センチュリーは、リースを祖業とし、国内外のパートナー企業との共創による「金融×サービス×事業」を融合したビジネスモデルを展開する業界トップクラスの金融・サービス企業です。
広範な顧客基盤を有する「国内リース事業分野」、法人・個人向けオートリースにレンタカーを擁する「国内オート事業分野」、航空機や不動産を中心に成長を牽引する「スペシャルティ事業分野」、世界30以上の国と地域に拠点網を有する「国際事業分野」の4つの分野で事業を展開。幅広い事業領域で社会課題の解決に貢献する独自の金融・サービスを提供しております。

すべての画像


種類
その他
関連リンク
https://www.tokyocentury.co.jp/jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

東京センチュリー株式会社

18フォロワー

RSS
URL
https://www.tokyocentury.co.jp/jp/
業種
金融・保険業
本社所在地
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル
電話番号
03-5209-6710
代表者名
馬場 高一
上場
東証プライム
資本金
811億2900万円
設立
1969年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード