【イード】With/Afterコロナ時代の自動車ニーズ調査(第二回)を発表

株式会社イード(本社:東京都中野区、代表取締役:宮川 洋)は、『With/Afterコロナ時代の自動車ニーズ調査(第二回)』と題し、コロナ禍における自動車ニーズのアンケート調査を行いました。これらをまとめレポート化しましたので、発表いたします。
■調査目的・概要
Withコロナ時代となった今、自動車の価値はどのように変化していくのか、継続的に調査を行い明らかにする(第一回:2020年7月、第二回:2021年5月)。第二回では新型コロナウイルスワクチンの接種について、大型連休での外出、自動車の利用についての設問を新たに加え、マイカーの活用に対する意識変化を見る。

【調査手法】インターネット調査(日本全国)
【調査時期】2021年5月17日~20日
【有効回答数】N=1070s(性年代均等に回収)
【対象者条件】年齢 20~69 歳、自動車を保有(車型・年式・運転頻度は問わず)
【設問項目】全体 21問
・属性(性別/年代/居住地/職業/家族構成)
・所有車について(車型/年式/運転頻度)
・コロナウイルスの検査/ワクチンについて
・GWの過ごし方
・コロナウイルス流行による行動変化
・今後の生活について(理想的な移動手段/外出自粛意向)
・今後のマイカー活用(マイカー理想形態/マイカー理想活用方法)
※前回調査より追加・削除項目あり

■レポートサマリ
・2021年5月時点で、新型コロナウイルス感染症(以下コロナウイルス)に関する検査の状況を尋ねたところ、8割以上の人は受けていないと回答。またコロナウイルスのワクチン接種意向を尋ねたところ、全体では6割が接種したい意向があるものの、2割弱は接種したくないとしている。

・ゴールデンウィーク期間中の外出状況について尋ねたところ、「買い物や用足しなどの日常的な外出」を自粛した割合は67%、「レジャーや旅行などの特別な外出」においては75%に上り、ほとんどの人が自粛していたといえる。

・クルマの利用変化をコロナウイルス流行前後で比較したところ、レジャー系の落ち込みが顕著となった。

・通勤・通学時の理想的な移動手段ついて尋ねたところ、「マイカー」が52%と半数を超える結果となった。「公共交通機関」は26%と前回(19%)から7ポイントほど増える結果となったが、感染リスクなどの懸念からか、需要は依然低い。

【レポートイメージ】


■レポートの販売について
本調査レポートはご購入いただけます。

価格:165,000円(税込)
ページ数:A4サイズ/38ページ
納品物:レポートPDF

ご購入はこちら:https://www.iid.co.jp/contact/media_contact.html?recipient=mirai
※お問合せ詳細欄に「With/Afterコロナ時代の自動車ニーズ調査(第二回)」とお書きください。

■「mirai.Response」でのプレミアム会員向けレポート公開について
本レポートは「mirai.Response(https://mirai.response.jp/)」にて、プレミアム会員に公開しております。

※「mirai.Response」とは
「mirai.Response」は、CASE・MaaSやスマートシティに関するB向け会員制ニュースサイトです。 業界のニュースをはじめ、毎月発刊する調査レポート、月に3回程度のオンラインセミナーの開催と動画配信など業界のビジネス情報を発信しております。

詳しい会員プランはこちら:https://mirai.response.jp/feature/members.html

■本リリースに関するお問合せ
メディア事業本部 オートモーティブ事業部 担当:釜田
https://www.iid.co.jp/contact/media_contact.html?recipient=mirai

広報担当
https://www.iid.co.jp/contact/pr_contact.html

株式会社イード
〒164-0012 東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー17階
URL:https://www.iid.co.jp/
  1. プレスリリース >
  2. イード >
  3. 【イード】With/Afterコロナ時代の自動車ニーズ調査(第二回)を発表