第三者認証基準である国際規格「ISMS認証」を取得!eラーニングシステム「LearnO」がより安心して利用可能に

Mogic株式会社(本社:東京都練馬区、代表取締役:山根 陽一、以下 Mogic)は、クラウドeラーニングシステム「LearnO(ラーノ)」が10周年を迎えたことを一つの節目として、企業としてより一層情報資産のセキュリティ管理を徹底し、ユーザーの皆様に安心してサービスをご利用いただきたいとの思いから、ISMS(Information Security Management System:情報セキュリティマネジメントシステム)の第三者認証基準である国際規格「ISO/IEC 27001:2013」を、2022年9月2日(金)付けで取得いたしました。

サービスサイト:https://learno.jp/

既に取得済のPマークに続き、第三者機関の監査を受けてセキュリティの高さが保証される
Mogicが2012年3月28日より提供する「LearnO(ラーノ)」は、大手を中心に数多くの企業様と契約を結び、今では法人700社・35万人以上からご利用いただけるeラーニングシステムへと成長を遂げました。今年は同サービスの立ち上げから10年を迎えたことを記念し、eラーニングの悩みや迷いに寄りそうWebメディア「まなびプランター」を開設するなど、様々な新しい施策を展開しております。

この度、10周年企画の一環としてISMSの第三者認証基準である国際規格の「ISO/IEC 27001:2013」を新たに取得いたしました。

既に取得済のプライバシーマーク(以下、Pマーク)に続き、第三者機関の監査によりMogicの情報セキュリティの高さが保証されましたが、これに慢心することなく、会社全体としてセキュリティ意識を高めてユーザーの皆様に安心してサービスをご利用いただける体制を維持して参ります。

<認証概要>
登録組織:Mogic株式会社
適用規格:ISO/IEC 27001:2013
登録範囲:ソフトウェアの開発・保守
登録日:2022年9月2日
登録認証番号:JQA-IM1922
審査登録機関:一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

取得の背景
当社ではもともとPマークを取得しておりましたが、近年のITセキュリティに対する関心の高まりやLearnOを導入されているクライアント企業様からのご要望を受け、この度、「ISO/IEC 27001:2013」を取得いたしました。

目的はクライアント企業様に今まで以上に安心感をもってLearnOをご利用いただくことでしたが、ISMSの導入を行うことで社内のセキュリティに対する意識と理解をより向上させることにも繋がりました。

今後も社内及びシステム面のセキュリティ強化を継続的に実施しつつ、クラウドサービスに特化したISO/IEC 27017:2015の取得も検討しております。

ISMS認証とPマークの違いとは?
Pマークは、個人情報を適切に取り扱っている企業に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が付与する国内の制度となります。

一方のISMSは、個人情報だけでなく、経理書類、マニュアル、ロゴ画像、ソースコードなどの情報資産全てを対象とする制度であり、情報セキュリティに関する「機密性」「完全性」「可用性」という3つの要件を満たし、国際的に整合性のとれた情報セキュリティマネジメントを行っていることを評価するものです。

PマークとISMS認証、2つの異なる情報の取り扱いに関する証を取得したことで、Mogicのセキュリティ対策が幅広い領域をカバーしていることが可視化される格好となりました。

当社では今回のISMS取得を機に、社内の情報資産を洗い出し、リスクを特定した上で定期的な監査を実施いたします。また、毎年ルールの見直しを行い、情報資産のセキュリティ管理を徹底していきます。

LearnO 10周年プロジェクト実施中!
MogicではLearnO 10周年を記念し、感謝の気持ちを込めて「10周年プロジェクト」を実施しております。今回発表したISMS取得のほか、8月8日にはeラーニングの悩みや迷いに寄りそうWebメディア「まなびプランター」を開設いたしました。さらに今後、10周年オリジナルノベルティグッズのプレゼントなども予定しております。
 

 

【「LearnO(ラーノ)」について】
人材採用分野やインフラ分野まで、幅広い業種・業態にマッチングするeラーニングシステム。シンプルな料金体系、カスタマイズの柔軟さ、サポートの手厚さから、導入しやすく続けやすいことが特徴です。現在は、法人を中心に導入が進み年間35万人以上にご利用いただいています。

パワーポイントで作った資料があれば、すぐにオンライン教材を作成し講座をスタート可能。また、担当スタッフが電話やメールで無料サポートするため、新たにスクールビジネスをスタートさせる方でも安心してご導入可能です。さらに、受講者へのテスト実施やログ集計管理機能なども充実しているため、便利に顧客管理ができるほか、ご自身のSNSと連動させることもできるため、効果的に質の向上も図れます。

これまで発表した10周年企画の内容はこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/4876

会社概要
会社名:Mogic株式会社
本社:〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-3-31モノデコール石神井公園1F-4F
代表者:代表取締役 山根陽一
設立:2009年12月16日
資本金:20,000,000円
Tel:03-3997-7408
Fax:03-5923-9230
URL:https://www.mogic.jp

事業内容 :
(1) IT教育サービスの企画、制作、開発、運用
(2)インターネットサービスのコンサルティング業務
(3)メディアサービス運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Mogic >
  3. 第三者認証基準である国際規格「ISMS認証」を取得!eラーニングシステム「LearnO」がより安心して利用可能に