いよいよ人気N0.1カラーが決定!結果は「レトロなジブン色」が席巻「SRS46カラフル総選挙」最終結果発表!

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、文房具ウェブマガジン「毎日、文房具。」と共同で実施した、ジェルインクボールペン『サラサクリップ』の人気インク色を決める『SRS46カラフル総選挙』の最終結果を4月14日(金)に特設サイトで発表いたしました。

 

 

『SRS46カラフル総選挙』は、ジェルインクボールペン『サラサクリップ』全46色の中から好きなインク色に
投票をして、人気ナンバーワンのインク色を決める初の総選挙イベントです。

期間:2017年1月23日(月)~3月31日(金)
最終投票数:5,276票(WEB投票数 3,637票 店頭投票数 1,639票)
期間中ツイッターで「#サラサ総選挙」をつけたツイート数:800件以上

投票者の半数が10代~20代の女性にも関わらず、レトロなカラーが上位にランクインしました!

1位 ブルーブラック/ダークブルー

(青と黒の中間色)659票 ※ブルーブラックとダークブルーのインクは同色です。

ゼブラとしても、この色が1位なのは意外な結果!
定番色の「黒」をおさえて、圧倒的な票数を獲得するのは予想していませんでした…。

2位 黒 476票


3位 ブルーグレー(渋みのある青)285票


4位 赤 207票


5位 グリーンブラック(渋みのある緑)184票

6位 ミルクブルーグリーン(パステル調のブルーグリーン)176票

7位 ブルーグリーン(青と緑の中間) 174票


8位 レッドブラック(渋みのある赤)170票


9位 オレンジ 153票

10位以下は、http://mai-bun.com/srs46/resultsをご覧ください。

■古さを感じるビンテージカラーに若い女子は夢中!

 


アナログの手帳や手書きのメッセージが見直されている中、同じ赤や青でも人と少し違う色を使うことで、自分らしさが表現できることをあげた人が多くいました。
今若い人の間で、使い捨てカメラ人気が再び集まっていることからも、レトロな色味はおしゃれに感じる傾向にあり、このようなカラーを使ってコミュニケーションをとりたい人が多いことがわかりました。

■「この色はわたしの元気が出るカラー」など色と気持ちは密接
どんな色にも「この色は友達とおそろいで買った思い出の色」「この色で嫌な予定を書くと、不思議と乗り切ることができる」など、気持ちを込めて、好きな色を選んでいる人が多くいました。 ただ使いやすい色ということだけでなく、毎日使う手帳など自分のテンションをあげる1色を選んで使っていることがわかりました。

 ■手書きの文字をSNSで投稿することが流行中

 

 

どの色に投票したか、普段なにに使っているか、ハッシュタグ「#サラサ総選挙」をつけてそれぞれの推し色をSNSに投稿する人が多くいました。最近は、手書きの文字をSNSで投稿する「#手書きツイート」の習慣をもつ若い人も増えており、アナログな手書きの文字とSNSの相性が良いようです。

■サラサクリップとは
『サラサクリップ』は、ジェルインク特有のさらさらとした書き味が特長のボールペンです。2003年の発売以降累計で4億本を売り上げ、多くの人にお使いいただいております。

 

■企画運営
文房具ウェブマガジン「毎日、文房具。」(http://mai-bun.com)幅広く文房具を紹介し、若年層や女性を中心に人気が高いウェブサイト。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ゼブラ株式会社 >
  3. いよいよ人気N0.1カラーが決定!結果は「レトロなジブン色」が席巻「SRS46カラフル総選挙」最終結果発表!