総勢176人が参加! 文学シーンの「現在(いま)」と「未来(これから)」が一望出来る総特集 特集「現代文学地図(シーン)2000→2020」

「文藝」2017年秋号(河出書房新社)特集のお知らせ

いま読むべき作品がわかる! 「文藝」渾身の大特集号!
文芸誌「文藝」(河出書房新社刊)2017年秋季号(7月7日発売号)にて、「現代文学地図(シーン)2000→2020」を特集いたします。

 


本特集は1998年に「文藝別冊 '90年代J文学マップ」を刊行、「J文学」を提示した河出書房新社が、ゼロ年代以降の文学シーンを総括し、未来の文学シーンを思考/想像/創造する大特集となっております。
本特集への参加者は、総勢176名。
現在の文学シーンを牽引し最前線を走り続ける批評家よる二大座談会をはじめ、「来たるべき作家たち2020」をテーマにした38人・38本の寄稿、さらには131人へのアンケートを実施。
特別付録として、現代文学シーンを俯瞰的に見る2つの地図を収録しました。

 


【目次】
[特別座談]
☞ゼロ年代以降、変動する世界の中で、作家は何を表現してきたのか――その軌跡から「文学」の現在(いま)に迫る!
現代文学地図2017「いま、文学を語るということ」
佐々木敦×栗原裕一郎×小澤英実     司会=田村文
 
[特別座談]
☞新たなる言葉を紡ぎ「世界」を更新し続ける作家たち――文学はどこへ向かうのか? もうひとつの「文学」の風景!
現代文学地図2020「来たるべき作家たち」
江南亜美子×倉本さおり×矢野利裕    司会=佐々木敦
*特別掲載=「来たるべき作家ファイル2020」
 
[寄稿]
☞批評家、翻訳家、文学者、ライター、書評家、新聞記者、さらには文芸誌編集長まで。
38人による「来たるべき作家たち2020」

[アンケート]
☞作家、書店員、図書館員、ミュージシャン、さらには文学ファンの読者まで。
131人による「来たるべき作家たち2020」

[特別付録]
☞現代文学シーンの「二つの風景」が一望出来る!
現代文学地図2017&現代文学地図2020


また、同号では、最果タヒの待望の新連載がスタート。その他、津村記久子、ミヤギフトシ、畠山丑雄(文藝賞受賞第一作)、小林里々子、牧田真有子ら気鋭の最新小説も掲載。特集と併せて是非、ご一読下さい。

【書誌詳細】
文藝 2017年秋季号
雑誌 A5 ● 568ページ
ISBN:978-4-309-97921-2 ● Cコード:
発売日:2017.07.07
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309979212/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 河出書房新社 >
  3. 総勢176人が参加! 文学シーンの「現在(いま)」と「未来(これから)」が一望出来る総特集 特集「現代文学地図(シーン)2000→2020」