『九團次・廣松の会』8月Bunkamuraシアターコクーンにて開催!!取材会をレポート!!

8月17日(土)、18日(日)に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンにて「九團次・廣松の会」の開催が決定!市川海老蔵一門として全国各地で公演を行うほか、バラエティー番組出演やCM出演等、歌舞伎以外でも幅広く活躍をしている市川九團次と女方を軸に活躍し、さまざまな可能性を持つ若手の一人、大谷廣松が今回初めて二人で公演を開催します。
開催に伴いまして、先日都内にて市川九團次、大谷廣松が取材会を行いました。


1、お二人での自主公演に至った理由、きっかけを教えて下さい。
九團次:「九團次の会」というのを4年前からはじめさせていただいて、毎回色々な形で挑戦をさせてもらって
     いました。廣松さんとは普段から、何かできたらいいねと常に話はしていました。本興行での舞台出
    演も非常に大事ですが、自分で主役というものを経験する事は勉強にもなるし、度胸も尽く。真ん中に
    立ち長台詞を喋って、長時間踊る事はなかなか本興行では経験できません。今回は上手くスケジュール
    も合い、この公演が決まりました。

2、九團次さんにお声を掛けて頂いた時の心境は?
 廣松:前回の「九團次の会」では、二人で『棒しばり』をさせていただきました。ずっと一緒にやってきまし
    たが、『棒しばり』を二人で創り上げた時は物凄く楽しかったです。またやりたいなと思っていた時に、     九團次さんから「一緒にやりませんか。」と声を掛けていただいて、二つ返事で「よろしくお願いし     ます。」と答えました。とても嬉しかったです。

3、今回の演目を選ばれた理由を教えて下さい。
九團次:二人で何ができるか考えた時、踊りしか思い浮かびませんでしたが、たまたま見ていたテレビ番組で、     『柿山伏』が放送されていました。狂言にはなかなか縁がなかったのですが、海老蔵さんの巡業で狂言
    師の茂山逸平さんと舞台に立たせていただいた事もあり、ずっと勉強してみたいと思っていました。
    その旨を逸平さんにご相談したところ、「やってみたらいいんじゃないか。」とお話しをいただいたの      で、挑戦する事にしました。
    今までの「九團次の会」では、化粧をする事がほとんどありませんでした。廣松さんは女形もできるの
    で綺麗に化粧をした男女の姿を観ていただきたいと思った時に、すぐに『蝶の道行』が頭に浮かびまし     た。『蝶の道行』は人気の演目ではありますが、踊りだけだったら非常に分かり辛い演目です。解説を
    見てから踊りを見るという形だったら分かりやすいのではないかと思い、中村京蔵さんに相談をしたと
    ころ、「二人の話を作るよ。」と言って、お話しを考えてくださいました。

                       市川九團次

4、お稽古はもう始まっているのですか?
九團次:『柿山伏』は茂山逸平さんに相談しながら習っています。今はまず逸平さんから教わった内容をしっか
    り自分たちの中に入れる事から始めています。
 廣松:逸平さんからは、「せっかくやるなら、狂言という形を残しつつも君たちの色を出したほうがいい。」
    と言っていただいています。根本的に狂言をしっかりお稽古して、僕たちの方向に持っていけるようき
    ちんとやっていこうと思っています。
九團次:歌舞伎俳優ならではの『柿山伏』をどう表現するか、演出も話し合いながら創っています。
    『蝶の道行』は個人的にもお稽古をしています。心中・道行・石橋という三本のお話しがあり、
    それぞれの間で急いで拵えをしていかないといけないね、というのは二人で話をしています。
 廣松:『蝶の道行』と『石橋』の間は本当に短いですし、ガラッと雰囲気も変えなければいけないのでなかな
    か苦労するだろうな、と思っています。

                       大谷廣松

5、是非ここを見て頂きたいというところは?
九團次:『柿山伏』の稽古をさせていただいて本当に逸平さんに習えて良かったと思うところは、発声の違いに
    気付けた事です。最初のお稽古の際、逸平さんの声の響きに深く感動しました。歌舞伎は声を作る部分
    がありますが、狂言は持っている地声の強さで響かすので、今まで聞いたことがないような声を出すと
    思います。
    一方で『蝶の道行』は、若い青年、花をこよなく愛する青年で、しっかり高い声で台詞を喋ります。      仕草も少年らしく、『柿山伏』とは全く違うところをお見せしたいです。また衣裳の変化も一つの見ど
    ころです。「引き抜き」という、衣裳が一瞬で変わる早変わりがあります。一気に場面が変わる、日本
    のマジックです。またお客様に日本の伝統の楽器、唄を劇場で聞いていただけるという事は大きな魅力
    でもあります。
 廣松:歌舞伎俳優が、狂言師茂山逸平さんのご指導を仰いだ演目に挑戦をしたらどうなるのか、というのを観
    ていただきたいです。『蝶の道行』に関しては、祖父である中村雀右衛門のお弟子さんで、僕が子供の
    頃から本当にお世話になっている中村京蔵さんに本を書いていただいて、小さい頃から聞いていた話、
    聞いていた世界観を形にできるのは非常に嬉しいです。それに色々な方々が協力して下さって形に残せ     るという事、また九團次さんと一緒にできるという事は嬉しく、多くのお客様に観ていただきたいなと
    思います。

6、九團次さんと廣松さんのお互いの魅力と尊敬している点を教えてください。
 廣松:僕にはないアグレッシブさとかハングリーさです。一番尊敬するところは場数ですかね。くぐってきた
    修羅場の数がちがうなと(笑)。初めて会ったのは僕が17、18歳ぐらいの時で、その当時からギラギラ
    とした目をしていて凄いなとずっと尊敬はしていましたが、一緒にお芝居をしていくうちに、やっぱり
    本当に凄い人だなと思いました。僕が持っていないものをいっぱい持っていて、沢山吸収できたらいい
    なと思い、いつも一緒にお芝居をさせていただいています。
九團次:何か凄く上手いんですよ、懐にすっと入ってくるのが。稽古初日とかは緊張しているはずなのにそれを
    感じさせず、ずっと変わらず笑っていて、度胸もあるし、いつも心が和らぐ頼もしい存在。沢山の物事     も知っていて、何でも聞くのは僕からなんです。これどうなの、あれどうなのって。常に濃密な時間を
    過ごしてきた相手ですから、この公演がこうして実現したのは凄く嬉しい。お互いの個性がぶつかった     り、混ざったりして良いものだなと思っています。

                  (左から)市川九團次 大谷廣松  

7、歌舞伎のここが楽しい面白いというところを教えて下さい。
九團次:歌舞伎は歴史があって、何百年も続いて今があるというのを考えるとぞくぞくします。歌舞伎は割と
    その当時に起こったことを題材にしているので、その当時を覗けると言いますか、本当にこの時代にこ     ういった事があったのだと感じられたりします。もちろん着物・鬘・セット・音楽家も一流なので、
    そういったところに目を向けていただいても素晴らしいと思います。
 廣松:『蝶の道行』は日常的では無いと思っておりまして、衣裳にしかり道具、鬘、諸々を含めての非日常を
    提供できたら良いなと思います。恋焦がれて心中してしまうような事が、その当時の皆の憧れる恋の形
    でもあったのではないかな。だから現代までこのお話しが残ってきたのではないかと思います。当時の
    気持ちや色彩を味わっていただきたいです。また『蝶の道行』の衣裳は素敵なので、衣裳での感情表現
    というのを非常に注目していただきたい。衣裳は言葉が要らない部分ですから、役者の表現と衣裳の
    表現が重なったときに、色々なものが見えてくると思います。それを頑張って見せられるようにして
    いきたいです。

8、最後にお客様にメッセージをお願いします。
九團次:歌舞伎をご覧になった事があるお客様、僕たちを知っているお客様に対しては、今までに観た事がない
    ような姿をお観せします。初めて観るお客様には、歌舞伎は面白いな、綺麗だな、また観たいなと必ず
    思ってもらえるようなパフォーマンスを心掛けたいです。
 廣松:本興行ではできない事をさせていただくのはありがたく、それを皆さんにお観せするという事は、非常
    にハードルの高さを感じます。ですが、またこの形で皆様の所にお届けできるよう、一生懸命勤めます。
九團次:自主公演でいつも考えるのは、観に来ていただいたお客様にチケット代が高いねと絶対思われないよう
    にしようという事です。安い!と思ってもらえるように、生き様を観ていただいてそこで納得していた
    だく、そんな思いは何一つ変わっていないです。


~公演詳細~
【演目】一、茂山逸平 監修
      『柿山伏』(かきやまぶし)
    二、ご挨拶
    三、藤間勘十郎 振付 中村京蔵 構成
      『女夫蝶花臺』(つがいのちょうはなのしまだい)三場
        「蝶の道行」 竹本連中
        「石  橋」 長唄囃子連中
【日程】8月17日(土)12時開演/16時開演
    8月18日(日)12時開演
【会場】Bunkamuraシアターコクーン
【料金】一等席8,000円/二等席4,000円  チケット好評発売中!
    ※税込・全席指定 ※未就学児入場不可
    ※二等席は特にご覧になりにくいお席です。ご了承の上、ご購入ください。
    ※車椅子でご来場予定のお客様は、当日のスムーズなご案内のため、
     公演前日までにZen-A(ゼンエイ) までご連絡ください。

問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ) TEL03-3538-2300[平日11:00~19:00]
ホームページ:http://www.zen-a.co.jp/ticket/kudanji_hiromatsu/

【主催・制作】株式会社3Top
【制作協力】全栄企画株式会社/株式会社ちあふる
【協力】松竹株式会社
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全栄企画株式会社 >
  3. 『九團次・廣松の会』8月Bunkamuraシアターコクーンにて開催!!取材会をレポート!!