国内初! ビットバンクが Lightning Network の実用化に向けて、独自開発アプリケーション NLoop を公開

ビットバンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:廣末 紀之、以下当社)はLightning Network の実用化に向けて、当社の独自開発アプリケーション「NLoop」を公開いたしました。なお、当社が運営する暗号資産取引所 bitbank において、 Lightning Network を活用した入出金の実装も検討を進めております。


Lightning Network とは
Lightning Network とは、ビットコインのブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ(拡張性)や処理速度、送金に係る手数料などの課題を解決するために考案されたレイヤー 2 における最先端技術です。ブロックチェーンの外(オフチェーン)で取引を実行することで、送金速度の大幅な向上や少額決済に対応した安価な送金手数料を実現することができます。

NLoop 概要
当社が独自開発した NLoop (エヌループ)は Lightning Network を安定して使用するためのソフトウェアです。以下にて公開しております。
https://github.com/bitbankinc/NLoop 

NLoop はネットワークの参加者が世界の様々なリクイディティプロバイダ(流動性提供者)* に接続して、チャンネルを常に使用可能な状態に保つ処理を行うことを自動化するアプリケーションであり、Lightning Network を普及させていく上で課題となっている流動性不足に対するソリューションとして機能します。
* boltz-backend や Lightning Loop など

Lightning Network において、リクイディティプロバイダとのやり取りを自動化するアプリケーションは国内で初の事例となります。(当社調べ)

bitbank 内部におけるNLoop の活用方法


当社では、取引所 bitbank におけるビットコイン入出金への活用も視野に入れ、Lightning Network の研究開発に注力しています。Lightning Network を活用することで、よりスムーズな入出金を可能にし、裁定取引(アービトラージ)などにおける利便性を高めるだけでなく、少額決済など様々な送金需要に対応した機能性を実現することができます。

---
NLoop 開発者コメント


Twitter(@joemphilips):
https://twitter.com/joemphilips 

インターネットに Internet Service Provider (ISP) が存在するように、インターネットオブマネーであるビットコインには、ライトニングネットワークへの接続を担保する Lightning Service Provider (LSP) という主体が必要になります。
現在「暗号資産取引所」と呼ばれれているものの多くは、近い将来 LSP になると私は考えています。

本ソフトウェアは、弊社がその過程を歩むための第一歩です。技術的な詳細については、テックブログをご参照ください。
https://tech.bitbank.cc/nloop-announcement-jp/

LSP 事業の潜在的な重要性自体は多くの事業者が認識していることと思いますが、現時点で R&D を行っている会社はそう多くはないと思います。
ビットバンクは、 Lightning Network の普及を目標に研究開発を行っている数少ない会社のうちの一つです。
絶賛採用中なので、我こそはと思う方はぜひご連絡ください。
---

ビットバンクは「ビットコインの技術で、世界中にあらゆる価値を流通させる」をミッションに、ビットコインの最先端技術に関する研究開発に積極的に取り組んでおります。

当社では、既存のサービスや利用技術に囚われず、ビットコインやイーサリアムを始めとした暗号資産技術のトレンドを把握し技術的な競争力を高めるため、さらにはオープンソースコミュニティへの貢献を通じて暗号資産業界の発展の一翼を担うための研究開発チームを組成しております。

今後も Lightning Network の実用化に向けて、様々なプロジェクトを推進してまいります。Lightning Network を始め、最先端領域における暗号資産技術の研究開発にご興味のある方は、以下よりビットバンクの採用情報をご確認ください。ご応募をお待ちしております。
https://www.wantedly.com/projects/719070 

ビットバンクは暗号資産(仮想通貨)の普及促進のため、今後も様々な活動を行ってまいります。
今後ともビットバンクをよろしくお願いします。

■ビットバンクのサービス
暗号資産取引所・販売所 < https://bitbank.cc/ 
ビットバンクは、ビットコイン・リップル・イーサリアムなど人気の暗号資産を売買できる暗号資産取引所および販売所を提供しています。国内No.1の取引量(※1)と高度なセキュリティを持つビットバンクで、一歩先の暗号資産トレードを。

マーケット情報 - MARKETS < https://markets.bitbank.cc/ 
ビットコイン、ブロックチェーン、暗号資産に関する情報収集はビットバンク マーケット情報で!世界中の最新のトピックス、ビットコインをはじめとする暗号資産の相場・市況分析をどこよりも早く正確にご紹介していきます。

■会社概要
ビットバンク株式会社は2014年5月にビットコインなどの暗号資産の健全な普及を目的に設立されました。2015年7月末には、日本初のビットコインを用いた先物取引サービスとして、bitbank Tradeサービスの提供を開始、その後2017年3月には暗号資産の現物取引所 bitbank.ccサービスの提供を開始し、国内No.1の暗号資産現物取引量(※1)を誇る取引所に成長しました。 代表の廣末紀之は日本暗号資産ビジネス協会の会長であり、日本暗号資産取引業協会の理事も務めています。

会社名 ビットバンク株式会社 bitbank, Inc.
URL https://bitbank.cc/about/corporate
代表者 代表取締役CEO 廣末紀之
住所 〒141-0031
東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
設立 2014年5月7日
資本金 86億4721万円(資本準備金含む)
事業内容 暗号資産(仮想通貨)関連事業
関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00004号
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)
一般社団法人 ブロックチェーン推進協会(BCCC)

(※1)2021年2月14日時点、CoinMarketCap調べ
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビットバンク株式会社 >
  3. 国内初! ビットバンクが Lightning Network の実用化に向けて、独自開発アプリケーション NLoop を公開