ミクシィ、アカマイのEAAでゼロトラスト型のリモートアクセス環境を実現

利便性の確保と運用コストの最適化、通信速度の改善を実現

アカマイ・テクノロジーズ合同会社(本社:東京都中央区、職務執行者社長:山野修、以下「アカマイ」)は、株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:木村弘毅、以下「ミクシィ」)がアカマイのクラウド型のID認識型プロキシソリューション「Enterprise Application Access (EAA)」を採用し、ゼロトラスト型のリモートアクセス環境を実現した結果、利便性を確保しながら同時にセキュリティを強化したことをお知らせします。

「フォー・コミュニケーション」を企業ミッションとして掲げるミクシィは、人と人とのコミュニケーションを軸とするサービスの提供に取り組んでいます。

ミクシィは、働き方改革の推進と生産性の向上、高まるセキュリティ脅威への対策実現を同時に求められる中で、社外からも安全に社内システムを利用できるテレワーク環境の構築を検討していました。VPN接続よりも利便性の高い環境を目指していた同社は、複数のソリューションの比較検討を行いました。その中で、アカマイのゼロトラストセキュリティを実現するID認識型のリバースプロキシであるEnterprise Application Accessが、ミクシィの目指す便利で安全なネットワークモデルに合致するものと判断し、導入を決めました。

EAAが評価されている点:
●複雑なアクセス制御を一元管理可能
⮚直接雇用の社員、派遣、業務委託など権限や接続元、接続先の異なるユーザーのアクセス制御を一元的に行い、不正アクセスを防止している。
●対応環境の多さ
⮚オンプレミスだけでなく、AWSやGCPといったパブリッククラウドの環境でも安全に導入できる。
⮚クライアントソフト不要、ブラウザのみでHTTPベースのWebアプリケーションだけでなく、SSHやRDPも利用できる(プロトコル変換機能)。
●運用コストの低さ
⮚プロキシはクラウドサービスのため、自社でサーバーを運用する必要がなく、コストを抑えることができた。
●通信速度の速さ
⮚検討時に他社製品と比較した結果、EAAが最も安定性が高く、通信速度が速かった。

EAAの導入後、ミクシィではVPN接続と比べてアクセス1回当たり約30秒の時間短縮ができていることを確認しました。例えば約1200名の従業員が1日に2回、PCとスマートフォンで社内システムにアクセスした場合、全社レベルで1日20時間、つまり約2人分の労働時間の削減を達成できるということになり、今後EAAの利用対象となるシステムの拡大と共に、時間削減効果はさらに大きくなると見られています。現在ミクシィでは、勤怠管理や社内WikiのシステムへのアクセスにもEAAを利用していますが、更に利用を拡大していく予定です。

ミクシィで、開発本部 CTO室 セキュリティ技術グループのマネージャーを務める亀山 直生氏は、「EAAは、いわゆるゼロトラスト・セキュリティを実現するID認識型のリバースプロキシですが、これはまさに我々の目指す便利で安全なネットワークモデルに合致するものでした。今後も社外からアクセスできる社内システムの数を順次増やしていく予定です。我々はEAAの導入以前からアカマイのCDNも利用していますが、アカマイには引き続き、信頼のおけるITパートナーとしての役割を期待しています」と語っています。

アカマイ 業務執行役員の鈴木達也は、「デジタルエンターテインメントの分野をけん引し、常に新しい価値を提供する株式会社ミクシィ様にEAAを採用いただいたことを大変嬉しく思います。今日の企業は社員のユーザビリティと高いセキュリティの両立が求められています。インターネットの安全、スピード、信頼性を支えるアカマイのソリューションは、ますます重要な役割を担うことになると確信しています。アカマイは、より速く、より安全かつ安定したインターネットソリューションを提供することにより、なお一層お客様に貢献してまいります」と語っています。

株式会社ミクシィ様導入事例
https://www.akamai.com/jp/ja/our-customers/customer-stories-mixi-group.jsp

Enterprise Application Access 製品概要
https://www.akamai.com/jp/ja/solutions/security/zero-trust-security-model.jsp

アカマイ について:
Akamai は世界中の企業に安全で快適なデジタル体験を提供しています。Akamai のインテリジェントなエッジプラットフォームは、企業のデータセンターからクラウドプロバイダーのデータセンターまで広範に網羅し、企業とそのビジネスを高速、スマート、そしてセキュアなものにします。マルチクラウドアーキテクチャの力を拡大させる、俊敏性に優れたソリューションを活用して競争優位を確立するため、世界中のトップブランドが Akamai を利用しています。Akamai は、意思決定、アプリケーション、体験を、ユーザーの最も近くで提供すると同時に、攻撃や脅威は遠ざけます。また、エッジセキュリティ、ウェブ/モバイルパフォーマンス、エンタープライズアクセス、ビデオデリバリーによって構成される Akamai のソリューションポートフォリオは、比類のないカスタマーサービスと分析、365日/24時間体制のモニタリングによって支えられています。世界中のトップブランドがAkamai を信頼する理由について、<www.akamai.com/jp/ja/>、<blogs.akamai.com/jp/>およびTwitterの@Akamai_jpでご紹介しています。

アカマイ・テクノロジーズ合同会社について:
アカマイ・テクノロジーズ合同会社は、1998年に設立された、アカマイ・テクノロジーズ・インク(本社:米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、最高経営責任者:Tom Leighton)が100%出資する日本法人です。アカマイは、ウェブサイト/モバイルアプリの最適化、快適なユーザー体験、堅牢なセキュリティを実現する各種ソリューションを提供しており、日本国内では約650社が当社サービスを利用しています。

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに組織名は、各社の商標または登録商標です
※本プレスリリースの内容は、個別の事例に基づくものであり、個々の状況により変動しうるものです
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アカマイ・テクノロジーズ合同会社 >
  3. ミクシィ、アカマイのEAAでゼロトラスト型のリモートアクセス環境を実現