羊文学・塩塚モエカとモデル・小谷実由が話題書籍の“書評”を紹介!講談社×SPINEARで送るポッドキャスト『講談社 書評現代』がAmazonオーディブルのポッドキャストで配信スタート

世界最大級のオーディオブック及び音声コンテンツ制作・配信サービスであるAmazonオーディブル(以下、オーディブル)は、J-WAVE(81.3FM)のインターネットオーディオ事業を担うJAVE(ジェイブ)によるデジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」と株式会社講談社(以下、講談社)が企画制作したプログラム『講談社 書評現代』が、2021年12月2日(木)よりオーディブルのポッドキャストにて独占で配信を開始しました。
『講談社 書評現代』は、全13エピソードで構成され、オーディブル会員なら追加料金なしで楽しめる聴き放題のポッドキャストにて配信されます。読書好きの2人、文学・塩塚モエカ(ギターボーカル)とモデル・小谷実由が週替わりで登場し、さまざまなジャンルから話題の書籍をピックアップして、その書評をご紹介します。


本好きの2人は、書評を聞いてどんな感想を抱くのか? そして、リスナーの皆さんはどう思う? 毎週新たな本との出会いのきっかけ作りお手伝いをするポッドキャストプログラムにご期待ください。

現在オーディブルは2021年12月14日まで、Amazonサイト(Amazon.co.jp)からの登録で、オーディブルを2か月無料で試すことができるキャンペーンを実施中です。この機会に、ぜひ『講談社 書評現代』をお楽しみください。
新規会員登録: http://www.amazon.co.jp/2021112mftcpgn
 
【作品詳細】

講談社 書評現代
ナレーター:小谷実由、塩塚モエカ
URL:https://www.audible.co.jp/pd/B09MCZSZMY
 



配信開始日(予定):
・12月2日(木)  #1  評者:三宅香帆 金原ひとみ『アンチソーシャルディスタンス』
・12月9日(木)  #2  評者:吉田大助 坂元裕二『ノベライズ 花束みたいな恋をした』
・12月16日(木) #3  評者:高橋ユキ 河野 啓『デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場』
・12月23日(木) #4  評者:内藤麻里子 萩尾望都『一度きりの大泉の話』
・1月6日(木)  #5  評者:若林踏 呉 勝浩『おれたちの歌をうたえ』
・1月13日(木)  #6  評者:青戸しの 新川帆立『元彼の遺言状』
・1月20日(木)  #7  評者:高橋ユキ  さはらえり『ネット社会と闘う 〜ガラケー女と呼ばれて〜』
・1月27日(木)  #8  評者:柳亭小痴楽 吉川永青『憂き夜に花を』
・2月3日(木)    #9  評者:青戸しの 相沢沙呼『invert 城塚翡翠倒叙集』
・2月10日(木)   #10 評者:高橋ユキ 森秀治『探偵はここにいる』
・2月17日(木)   #11 評者:田口幹人 佐藤巖太郎『伊達女』
・2月24日(木)   #12 評者:若林踏 犬飼ねこそぎ『密室は御手の中』
・3月3日(木)    #13 評者:内藤麻里子 魚住昭『出版と権力 講談社と野間家の一一〇年』


Audible(オーディブル)について
いつでもどこでも気軽に音声でコンテンツを楽しむことができる、世界最大級のオーディオエンターテインメントサービスです。プロのナレーターや俳優、声優が読み上げる豊富なオーディオブックや、ニュースからお笑いまでバラエティあふれるプレミアムなポッドキャストなど、約40万タイトルを取り揃えています。再生速度の変更やスマホでのオフライン再生はもちろん、Amazon EchoやAlexa搭載デバイスにも対応。
現在、世界10ヶ国(米・英・独・仏・豪・日・伊・加・印・西)でサービスを展開。書籍との同時発売やオリジナルコンテンツ制作を手掛けるなど、オーディオエンターテイメントの先駆者として可能性に挑戦し続けています。URL:https://www.audible.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Audible, Inc. >
  3. 羊文学・塩塚モエカとモデル・小谷実由が話題書籍の“書評”を紹介!講談社×SPINEARで送るポッドキャスト『講談社 書評現代』がAmazonオーディブルのポッドキャストで配信スタート